八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

仁先生とハンチョウとピロシ雑誌

あー「JIN-仁-」も「ハンチョウ」も
終わってしまったぁ~。
何か凄い喪失感であります。

日曜はたかお様を拝み、月曜は蔵さまを拝めていたという
このTBS夢のアラフォーリレーが・・・


「ハンチョウ」のシリーズ4終わっちゃったー。

思いのほかハンチョウが回復するの早すぎてつまらんですよ(笑)

15分拡大SPにして、もうちょっと
ベッドの上でグッタリしてるハンチョウが見たかった!

(間違ったファン)

私の中では、「ハンチョウ・・・」って
涙ぐみながらベッドサイドで
手を握り締めて見つめる村雨
っていう図があったのに!!


でも速水がハンチョウと手を握りあってたからよしとします。
あそこも萌えたわー。

「チューしてしまえよ!速水!」
とGOサインをテレビの前で出してたのに、おかしいなぁ。


でも見詰め合う2人の画に幸せを感じたのでOK。

そしてハンチョウの胸元からチラ見えしてる
包帯やらシートやらに
私の鼻息も荒くなったわ!


ありがとうTBS!萌えをありがとう!

病院脱走したハンチョウが滝本の前に現れて
睨みつけるとこ、めっちゃかっこよかった!
あのシーンだけで、惚れる。


しかし滝本を操る暗黒ボスみたいなのがいるかと思ったら、主犯は滝本でしたなあ。
犯行理由・・・それ?って思ってしまいましたが、
まぁ、滝本にとってはそれが全てで、それが正義で、間違ってないと信じてたんでしょう。

ツダカンvs蔵さまの演技バトル見応えありましたわー。
津田さんは中居君と一緒にやった「模倣犯」から好きな役者さんです。

階段のところでふらついたハンチョウを
村雨が支えたところ、激萌え!


久しぶりに血がたぎった!!

しかし惜しい!!
もっと倒れかからないと!
村雨がガシッと抱きしめて支えないとー!


あーハンチョウ快気祝いいきてぇ~。
カラオケ混ざりてぇ~。ハンチョウの歌聴きてぇ~。

と、そんなこんなで終わってしまったハンチョウでした・・・

まともにリアルタイムで観始めたのは、このシリーズ4からで、
これに合わせるように前シリーズを観倒してハマったので、
非常に感慨深い作品になりました。
強引だったり矛盾もあったり、粗のある回もありつつも、
平均的に「ハンチョウ」は面白かったですよ。見やすかったです。

うわーん!せっかくこんなに
ハンチョウにハマったというのにー!
月曜ナイトの楽しみがーーー!!

ってスマスマあるけどー!カミスンもあるけどーー。

蔵さまに会いたいー。

さてさて話題は変わって

「JIN-仁-」最終回良かったですねぇ~。
号泣ですよ号泣。


すんごい切ないんだけど、ある意味ハッピーエンドというか
納得できた素敵なラストでありました。
こんな複雑な話で、こんだけ張られてた伏線を
違和感なく回収できてたのは素晴らしい。


現代に戻った仁先生が、医学史を振り返ったときに
仁友堂の皆が立派な医師になってたことも嬉しかったし、
橘家が橘医院として残ってたとこも感動したし。
歴史の修正力が働いても、仁先生のことは一つも書いてなくても、
軌跡というか、少しだけ歴史が変わっていたのが良かった。

安寿を引き取り女医として独身を貫いた咲の生涯に納得したし泣いた。
微かな記憶であっても、
とても愛した人がいたという気持ちを大事にして生きてきたんだろうなぁ。
あの古ぼけた写真が泣かせるわ~。


咲の時代を超えたラブレターは
涙が溢れて止まらんかったです。
こんなに崇高でひたむきな純愛があるとは!


最後の「お慕い申しておりました」と涙を流しながら告白する仁先生にまたボロ泣き。

このシーンは台本に台詞等一切書かれていない、リハもやらない、
たかお様の演技力にかけた1発録りだったようですが、
あの手紙を読んで思わず出た言葉がこれなんですもん。
たかお様と仁先生がまさにシンクロ。

よくありがちな「本人が消えると皆の記憶も消える」という展開ではありつつも、
咲の先生を想う気持ちは消えず、名前も顔も思い出せずとも
確かに尊敬していて恋していた、その気持ちは本当だったと。

忘れまいと咲が書いた手紙の繊細さ、言葉の美しさに
改めて日本人で良かったとさえ思いましたよ。


ただ仁先生が戻った「現代」には、少し歴史が動いたことで
かつて愛した恋人の未来はいなかった、ってのは切なかったですねぇ。
とはいえど、

咲が大事にした橘家の子孫として、野風さんの血を引く子孫として
現代に生きる未来の存在は、
咲と野風の仁先生への想いの結晶体といいますか、
この未来と結ばれることで、二人の想いも報われるそんな気がしました。


野風が命をかけて危険な出産に挑んだのは、自分が産むことで
仁先生が生きた未来に子孫を残す、先生が愛した想い人へと繋げる
そういう気持ちでしたもんね。
その未来へ続く大事な安寿を育てられたことは
咲の幸せでもあったと思う。


そして龍馬さんはいつも親友である仁先生の傍にいてくれるんだろうと。

私が思うに仁友堂の皆も、死ぬまでに一度くらい
仁先生のことを思い出したことがあったんじゃないかしら。

咲ほど記憶が残っていなくても、一瞬ふと何か感じた事があったに違いない。
だってあれほど濃い関係を築いた人達だもん。そうであって欲しいなぁ。

さらに私の勝手な希望ですが、是非とも仁先生は
未来と結婚して橘医院を引き継いで欲しいなぁ。
あーでもせっかく敏腕脳外科医なんだから、やっぱり大きな大学病院で
活躍した方がいいんだろうか。

漫画の実写化がだいたいどれも酷いものになるので(のだめ以外)
「もうこれ以上実写化すんなよ」と怒りさえ覚えていたけど、
原作の良さを活かした脚本と、素晴らしいスタッフと、
キャライメージにぴったりで演技力のある俳優陣で固めれれば
これほど名作が作れるのだと再確認しました。


たかお様の仁先生は言わずもがな、
内野さんの龍馬のハマリっぷりが凄かった。もっと観たかった。
何なら2クールぶちぬきで放送してくれてもいいのに。

TBSやればできるんだから、
韓流ドラマをリメイクしないで
日本ならではの
オリジナリティ溢れるドラマ作りをして欲しい。


この作品て音楽がいいってのも要因だったんですけど、
正直、最初はMISIAから平井堅に主題歌が変わったとき萎えたんですよ。
「何故MISIAじゃないんだ」と。前作の主題歌大好きだったので違和感で。
(誤解のないよう、平井堅は大好きです)

それが徐々にしっくりしだして
全部完結した今、改めて「いとしき日々よ」を聴き直すと・・・ボロ泣きです。
あの歌詞は現代に戻った仁先生が、二度と戻れないあの時代、
二度と会えない咲を想う歌詞だったのですね。


ずっと「START」を聴いてたけど、今朝は「いとしき日々よ」を聴きながら会社来たわ。
歩きながらうっかり半泣き(笑)泣ける。思い出して泣ける。

あー、今改めて、たかお様に会いたい。
仁先生に会いたい。


「ミッドナイト・イーグル」当時、何度も舞台挨拶で生たかお様は拝見しましたし、
ロスのプレミア試写会で至近距離で拝みましたけども・・・

あんとき、たかお様も握手したかったなぁ~。
「大沢さーん!!」と何度も叫んだけど、たかお様はノーリアクションだったもので。

ちなみにそのときの私のレポ(笑)

http://10314771.blog77.fc2.com/blog-entry-222.html

久しぶりに「ミッドナイト・イーグル」
を見直したくなった日曜の夜でした・・・

またピロシと再共演して欲しいなー。今度は一緒に連ドラを!

そういえばピロシも出演する映画「山本五十六」の
豪華キャスト陣が続々と発表されましたが、
再び栄作様・阿部ちゃん・桔平様という面々が揃いましたねぇ。


ピロシ扮する真藤記者と
絡むシーンはあるのかしら!(ハァハァ)


で、今朝の「PON!」ではまた新映像も出たらしいじゃないですか。
当然観れてません。最近そんなんばっかだわー。

では今日発売の音楽雑誌の感想をー
★B-PASS

GACKT様その御髪はどうなされたのですかっ!!??
と、思わずGACKT様ページから鑑賞。

ピロシは142~145P、4Pでございます。
ぴらっと開いてかっこよかったので思わず購入。

それより先、120Pにニューリリースのアルバム紹介ページがあって
「START」もちょろっと紹介されてますー。

ではピロシページについて
142Pは右ひじついて拳を口元にもっていってるポージング。
カメラ目線ですが、笑顔なしの
ド直球な視線に射ぬかれますよ。

眼力すごっ。

今回のグラビアでこのページが
1番ワイルドに感じました。

パッと見EXILEのダンサーチームみたいなワイルドさ(笑)

髪型はここ最近おなじみの黒髪フロントあげ、
黒ポロシャツに黒いデザインパーカーみたいなの着てます。この衣装どっかの雑誌で見たなぁ。

143Pも同じ衣装ですが、少しポーズが違って座ってる感じですかね。
その膝を腕で抱えてるような。全体図がつかめないんですけどもー。
これまたカメラ目線で、
笑顔なしなので、視線が熱いです。


144Pはわりと全身ショット。黒パンツに片手つっこんでます。
手の甲の血管萌え。
少し顔の角度も傾けて、こちらもカメラ目線。キリッとした表情。

この表情好きですねぇ~。
顔の美しさプラス男臭さが
いい感じにミックスされてて。
THE男前!


大人の男のフェロモンが
誌面から匂い立ってきそう!


ラスト145Pは腕組んでるピロシ。これまたカメラ目線。
こちらも笑顔なしのキリッとした表情。

全部かっこいいです!
陰影が凄く出てる写真で、何か油絵のような
濃厚さを感じるショットの数々ですよ。


で、インタビュー内容はアルバムについてですので、既出の音楽雑誌等の
発言と殆どだぶっておりますがー

歌詞について、各曲のイメージに合ってれば統一性が無くてもOKと
思ってたのに、
いざ出来上がったものを全部見てみると
「前向きさ」というものが共通してた、って話をしてました。


選曲については全部で80曲ほど聴いたけど、
直感で決めてふるい落としていったので、そんなに時間はかからなかったとも言ってましたね。
他の雑誌よりは、このアルバムに向けての選曲作業のことは
詳しく語ってるかもしれません。

そして初めて「詞先行」にチャレンジした「仮想現実」がほんとに難しかったって話も。
あとは各曲のアレンジ等の拘りについて語ってますねー。

最後にライブツアーの話で、多分前回のライブのことだと思うんですが、
「こんなに動く人だと思わなかったという意見が多くて」と笑ってるんですよ(笑)

「普段どう
 思われてるんでしょうね、僕は(笑)」byピロシ


可愛いワンコだと思ってます。

でも確かに前回のライブツアーは本当に「炸裂」
って感じでしたからねー。
ステージ走り回って飛び跳ねて踊ってたピロシで、
そのギャップに驚く人がいるのは納得です(笑)

ロックが好きで、わりとパンク系も好きな人だから
そういうノリを持ってるってのは納得なんですが、
なかなか見る機会ないもんねー。タニくらいしか。


150Pには撮影メイキング風景がちょっと載ってますー。
小さい写真だけどピロシの姿があるので是非是非ー。
「スラッとした長身が素敵ですね」って書かれてますよ。

159Pには生ポラプレゼントもありますよ。
撮影時の裏話として「カメラマンさんと車の話で盛り上がっていた」とありました


ではではー。

スポンサーサイト

C

omment

終わって欲しくなかったよー
「ハンチョウ4」終了してしまいましたね。
わたしも残念ですー(T T)

次クール連ドラは出演予定のない蔵さんですが、
6月30日からBS-TBSで「ハンチョウ」再放送ですから、
とりあえずこれで我慢します~


TAK URL | 2011/06/28 23:35 [ 編集 ]

>TAK様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>「ハンチョウ4」終了してしまいましたね。
わたしも残念ですー(T T)

ほんと残念ですー。
毎週拝めるって最高ですよねえ。

>次クール連ドラは出演予定のない蔵さんですが、
6月30日からBS-TBSで「ハンチョウ」再放送ですから、
とりあえずこれで我慢します~

それは「1」からってことですか?
BSじゃなくて地上波でお願いしたいくらいですー。

フーガ URL | 2011/06/30 23:19 [ 編集 ]


こんばんは~。
「JIN」の感想を読んで、またドラマが甦ってきました~!
咲さんのひたむきな生き方が本当に美しくて胸を打たれますね…。
登場人物たちが熱く生きる姿を観て、毎回自分の生き方について考えさせられてました。
「お慕い申しておりました」はめちゃくちゃ印象的だったんですが、この記事で台本のセリフじゃないと知って、役を生きる役者さんの表現の説得力に感動しました!
改めてピロシの俳優業に注目していきたいと思いました。
B―PASSまだじっくり見れてないんですが…Gackt様どうしたんでしょうか!
誰かとこの驚きを共有したかったので、今嬉しいです(笑)。
ピロシページはフーガさんのレポ片手に、ゆっくり堪能したいと思います!

まい URL | 2011/07/02 23:56 [ 編集 ]

>まい様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>「JIN」の感想を読んで、またドラマが甦ってきました~!

まー!嬉しいですー。

>登場人物たちが熱く生きる姿を観て、毎回自分の生き方について考えさせられてました。

はい。本当に熱く真摯に生きているので、私のいい加減な生き方が申し訳なく。

>この記事で台本のセリフじゃないと知って、役を生きる役者さんの表現の説得力に感動しました!

そうなんですよ!ブランチでたかお様がおっしゃってました!シナリオなしの一発勝負だったそうです。

>誰かとこの驚きを共有したかったので、今嬉しいです(笑)。
ピロシページはフーガさんのレポ片手に、ゆっくり堪能したいと思います!

ありがとうございます。まずはガクト様の変貌ぶりでしょう!声出ましたもん(笑)
「どーした!?」と。

フーガ URL | 2011/07/04 22:05 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク