八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

映画原作感想&「学習院大学学祭」レポ⑤

書き忘れた(笑)

今日は木村君の39歳の誕生日でした!
おめでとう~。いつまでもかっこいい木村君でいてねー!

あー東京ドームファンミーティング、もといパーティ
行きたかった・・・

明日はワイドショーチェックしよー。


すみませんねぇ。ほんとは金曜にブログ更新したかったんですけど、
金曜は手が痛くて、昨日は頭が痛くて諦めました(笑)
今日は元気なので更新です。

金曜日、会社帰りに静岡ホビースクエア(駅の南にあります)に
「ドールハウス展示会」を観に行ってきました。

私、ドールハウスって好きなんですよー。
自分では絶対作れないですけどね!!恐ろしく不器用で飽き性なので!

どれも凄く素晴らしかったですー。ずーーっと観ていられますー。
一つ一つ眺めながら、勝手に物語を想像できて楽しかったですね。
「広島シリーズ」という、原爆投下前の建物を再現するという作品は
素晴らしいなと思ったし、ドールハウス・ミニチュアの世界は奥深いです。

そして記念に1つ買ってしまいました、乳母車です。

ドールハウス

早速家で遊んでしまいました(笑)
ドールハウス2

木・金と母が出張してたので、「お母さんお疲れ様でした」ってことで
ケーキを買って帰りました。母が好きなイチゴショート。
ケーキ

そしてこれは私がついつい買ってしまった「さつまいも」のお菓子。
ケーキ2 ケーキ3
余計なもの一切ない、純粋な焼き芋のお菓子なんです。うまー。

そして夜はNHKの「平清盛」公式サイトをチェックチェックー。

「写真集」更新されてて素敵でしたねぇ。
初めて観た義朝ピロシ様の写真かっこよすぎ。
ロン毛キター。ちょっと真島さんを思いだす風貌ですなぁ。萌え。

昨日は友達とお出かけしてました(また後日書きますー)

あ、夜「お願い!ランキングGOLD」で
プロの声優が選ぶ「本当に凄い声優」ランキングってやってたんですよ。

アダルト部門20人、ヤング部門20人で。

ヤング部門で「関 智一」さんが3位でした!
アニメ「のだめカンタービレ」で千秋先輩の声をやってる方です!


ということで、アニメ千秋先輩流れて嬉しかったですー。
アニメでも千秋先輩には萌える!
久しぶりに観ました(笑)アニメ録画してたけど、ご無沙汰だったので。

アダルト1位は山寺さんでした!おめでとう!鹿さん。

ちなみに私が勝手にランキングすると、

男1位:神谷明(冴羽さん) 2位:関俊彦(松田さん) 3位:山口勝平(男らんま)

女1位:島本須美(ナウシカ)2位:皆口裕子(柔)3位:林原めぐみ(女らんま)

って結果ですね(笑)自分がアニメをガンガン観てた時代、
大好きな声優さんたちでしたー。

今日は1日家にいたので、
映画「聯合艦隊司令長官山本五十六」原作本
を一気読みしてましたー。

聯合艦隊司令長官 山本五十六聯合艦隊司令長官 山本五十六
(2011/11/08)
半藤 一利

商品詳細を見る

8日発売日に買ったんですけど、読む時間がなくてねー。
ようやく本日一気に読破!

私ね、勘違いしてましたよ。
この本も映画原作本ってことで、
「真夏のオリオン」みたいに「物語」風になってるんだと思ってました。
「真藤」も描かれてて、映画ネタバレになるんじゃないかと。

全然違いました。「物語」ではなく、完全ノンフィクション本でした。
半藤一利さんが山本五十六さんを語る、歴史を語る解説本です。


これを読めば、どうして日本は戦争に参加したのか、
その当時の世界情勢や、五十六さんの想い、人間性、
そして日本の戦況等々が、一気にわかります。

とてもまとまっているので、全然歴史を知らない方には
ありがたい1冊ではないかと思います。

中でも五十六さんが自分の手帳に、戦死・殉死していった部下や仲間の名前や
状況を細かく書いては、読み返し死者を想うというエピソードは
五十六さんの人柄をとても感じて、ジーンときましたね。

あと新聞記者と五十六さんのふれあいについても、
ちょーーーっとだけエピソード的に語られてる部分があります。
そこを映画では膨らませてるのかなーみたいな。

その中で、「報道や広報は真実を伝えなければいけない。
もし報道が嘘をつくようになったら、日本は戦争に負ける」という言葉があり、
それは今の時代にも通じるのではないかと。


とにかく日米開戦・真珠湾攻撃等々、
一気に読み進められれる本ですので、映画原作本といえど
気にせず読んでみてください。

っていうか、これをベースに
どうやって映画として物語を組み立てたの?
どうやって映画化するの?
って不思議になるくらいです。


では学習院大学学祭レポの続きいきまーす。

もう1週間たっちゃいましたし、既に他の方のレポ等でご存知の方も
多いと思いますので、読みたい方だけどーぞー。


皆からのアンケート回答は、そろそろ終わりーみたいな流れになったとき、
突然

「はいはいはーい!学習院の生徒なんですけどー!」
と、オンマイクの声が会場内にこだましました。

誰だよと声のする方に注目すると、客席からステージ向かって左側の
1番隅の壁側からひょっこり顔を出して手を挙げてる女性が。
私の席から見ても、「生徒」年齢には見えない・・・

その年齢不詳の女性が妙に媚びた甘い声で(笑)
「あのー玉木さんは女性のどんなニオイが好きですかぁー?」みたいな質問を。


玉「匂い?(笑)
  僕はねーどんなニオイでもいいです!
  でも香水とかボディークリームとかの
  あえて匂わせてます、っていうのは  
  あんまり好きじゃなくて、
  シャンプーとか石鹸とかの香りが好きです」


みたいなことを言ったんですよ、確か(違ってたらすみません)

そしたらその女性が
「Nozシャンプーみたいな?」って言うので、
この人ヲタかしら?って思ってたら

玉「!!」

Nozというキーワードを出され、ハッと思いだすピロシ(笑)

玉「そう!ほのかに風に乗って香ってくる
  Nozシャンプーの香りとか!」


と慌ててフォローしたのが面白かったです。ピロシも笑ってるし。
ピロシファンは爆笑してましたが、「??」状態の一般女子学生に
「Nozってシャンプーがあって」と軽く説明するピロシでした。

ちなみにこの学祭に備え、私も前日はもちろんNozシャンプーで
洗ってきましたからー!

で、この女性すぐに退散するのかと思いきや
「残ってていいですかぁー?」と言い、ステージに上がり
「私もここにいていいですかー?」とルンルンしてるのですよ。

何?この人、ピロシファンの女性教師かしら?それにしても何かイタイ。
って思ってたら全然違った。

映画試写会等、映画関連のイベント司会でおなじみ
伊藤さとりさんでした!
何回も生で拝見してるのに勘違いして失礼しました!
だってこんな形で来ると思わず。「映画の宣伝してまーす」とのこと

ちなみにこんときピロシ立ってます。こんな感じ。

学習院15

ここからは学生さん司会からさとりさん司会へチェンジ。
学生さん達ステージから一度退場。ピロシ達も座り直します。

学習院16

さとりさん司会のもと、トークショーは
映画「聯合艦隊司令長官山本五十六」トークへと。


伊「ここからは伊藤さとりが進めていきますので、よろしくお願いします」
みたいな挨拶の後、
「学習院大学は広いですねー!」とさとりさんが驚いていて、

玉「広いですよ!立派ですよ!」

伊「玉木さんにはねー、いつも映画の仕事でお世話になってるんですよー。
  今回、初生玉木さんていう方、どのくらいいらっしゃいます?」

そしたら結構たくさん手があがってて(そりゃそうだ学祭だもん)

玉「初生玉木だという方、
  はじめまして玉木宏です」


ってぺこってしてました(笑)

伊「今日この会場には1000人くらいの生徒さんが
  いらっしゃってるんですけど、
  ”戦争映画、興味あって観に行くよ”って人、
  どのくらいいます?」

と、挙手を促すさとりさん。

私は手を挙げましたよ。
完全に父の影響ですけど、戦争映画は子供の頃から邦画・洋画色々観てました。
まぁ、レンタルの方が多いけど、作品によって映画館まで観に行きますよ。

しかし、挙手してた人殆どいなかったですねぇ。
ほんと広い会場にちらほら・・・みたいな。
まぁ、女性は敬遠しがちなジャンルだから仕方ないですが。

最近観た戦争映画は何だっていう話題のときかなー
真夏のオリオン観ました!みたいな声がお客さんからあがったんですよ。

玉「オリオンやるとき
  ”Uボート”を観直したんですけど、
  もちろんその前に一度観てるんですよ。
  でもやっぱり観直して、緊迫感が凄いというか
  観てるこっちまで苦しくなる感じ」


伊「”真夏のオリオン”は観た!って人は?」

客「はーい!」

玉「観てくれてはいるんですね」

戦争映画は構えちゃうからですかねー、みたいな話題になったのかな?

玉「ぶっちゃけ僕も、(戦争映画は)
  観る前は構えて行くんだけど、
  メッセージ性があるので、
  観終った後は、観て良かった!
  と思うことが多いですね」


伊「結構こういう映画観ているんですか?」

玉「もちろん学生時代は観てなかったです。
  この仕事になってから、色んな映画を
  観てみようと思って。
  食わず嫌いなところがあって、
  興味ないところは避けてしまいがちなんだけど、
  名作といわれてるものは、
  やっぱり観ると凄く感動するし」
  

みたいなことを言ってました。

伊「もともと”山本五十六”知ってるよー、って人は?}

ここは私も手を挙げましたよ。そういう人がいるってのは知ってましたので。

伊「”山本五十六”という名前だけは知っている、って人は?」

結構いました。

伊「名前も知らなかった、って人は?」

これも結構いました。

伊「”ぶっちゃけ読み方知らないんだよー”」

挙手するピロシ(笑)

学習院17
これ可愛かった。

玉「”ごじゅうろく”って何だろー?
  って思いましたからね!」


会場爆笑。

玉「”山本”ときたら
  山本太郎君しか知らなかった!」


メロリンキューキター!!(爆)

NECと氷壁で愛を深めたタロー・ヤマモト!
今はちょっと違う分野にいっちゃったけども!

いや、でも”山本”だけでも他にいるんじゃないかい?(笑)

「正直ですね」って伊藤さんだったか、ピロシだったか、言ってました。

今回は映画宣伝も兼ねてるということで、
映画スタッフが気合を入れて用意したという
「聯合艦隊指令長官山本五十六の予告を4分間の特別上映」
が行われることに!


さとりさんは客席から見て左側に寄り、ピロシは右側に寄ってました。
こんな感じ

学習院18
正面にあった大きなスクリーンはこの為だったのか、と今更知る私(笑)
そういえば、前もこんなのあったような・・・

上映スタート。
いやー大きなスクリーンで真藤記者を拝められて感激!
ネットの特報くらいしか観てなかったので、初めて観るシーンも多くてよかった。

ピロシはこんな感じで姿勢を正してましたが、

学習院19

途中から少し観やすいように体勢を変えて
自分の出演作を眺めてましたねー。

学習院20

そして上映終了~。
大きな拍手の中、ピロシもペコリとお辞儀。

「どうですか、ご覧いただいてー」とさとりさんに聞かれると

玉「いやー、立派な映画ですねぇ!」

拍手拍手ー。

玉「僕も初めて観たんですけど、
  凄く見応えがありそうな作品になってるなと」


玉「僕は、役所さん達の軍の撮影部分には
  ご一緒していないので、
  知らない部分が多いわけですよ。
  台本では知ってるけど、話の流れというか
  どうなるかっていうのは知ってますけど。
  映像ではどういう風になっているのか
  早く観たいですね!」


ってなことを言ってました。

伊「玉木さん演じる真藤は、お客さんの視点なんですよね?」

玉「そうなんです。僕が演じた真藤という役は、
  新聞記者なんですけど。
  真藤の側から観ていくというか、
  新聞記者の観点にすることによって、
  観る側は観やすいんじゃないかと思います」


違ってるかもですけど、大体はこんな話だったと思います(汗)

何だっけかな?他にも色々話をしてて
それで真藤がブレたら感情移入しにくくなるから、みたいなことを
言ってたようなー。

玉「途中のシーンで、
  こういう状態なんだと納得してしまうと、
  お客さん達もそういう観方をしてしまう。
  だからずっとグレーゾーンでいなきゃいけない、
  白黒つけない演技でいることが
  難しかったですねー」


みたいなことを言ってました、確か。それで

玉「真藤は殆ど台詞は無いんですけど、
  だからこそ目で伝える部分も多くて。
  でもグレーゾーンでいなきゃいけない。
  ちょっとだけ表現するという、
  そこを観てもらえたら」


みたいなことを言ってたんですよ。

伊「ですって!」

ほんと繊細な芝居で大変そうですねぇ・・・

すみません、今日はここで切りますー。長いですけど、続きはまたー。
スポンサーサイト

C

omment

ドール達
手に続き頭痛って辛かったでしょう?
でも元気になってよかったです。

ドールハウス展示会なんてイベントがある事初めて知りました!
そして遊んだドール達のメンツに「ふふふ」ってなりました。
なかでもアレックスは懐かしかったです。

私も神谷明さんの声好きなんです。
はまりすぎて昔神谷さんのイベント参加して握手した事があります(爆)

五十六読み方知らないんだよの挙手、可愛かったですねぇ~。
その後のコメントでまさか山本太郎氏の名前がでるとは思いませんでしたよ。

スクリーン上映は見たいし、ステージ上の宏くんも見たいし、
やたら目が忙しかったのを覚えてます(笑)
そうそう、こういう立ち姿でしたね~。
あまり動かずに画面眺めている姿が印象的でした。

みさき URL | 2011/11/14 00:02 [ 編集 ]

No title
フーガさん、こんにちはi-179
朝のニュースでSMAPのファンミーティングやってましたねi-197、何となくフーガさんを思いだしてしまいました。
見ましたけど、凄かったですねi-197、木村くんに
ギュッてされてる子が映っていて、朝から衝撃的な映像でした。
突然話は変わりますが、私も「お願い!ランキングGOLD」見て
ましたi-179
まさか「のだめ」が出てくるとは思っていなかったので、出た
瞬間テンションが上がっちゃいましたi-237

それから、「五十六」の読み方は私も知らなかったので、
玉木くんと同じくごじゅうろくって?と思いましした。
戦争映画は私も余り見た事がなくって、(真夏のオリオン
も見てませんi-181。)何となく内容とかが難しい
のかなってゆう気がしていて見ていないのですが。

今回は玉木くんが出ている事もあり、見てみようかな?
と思っています。
それにしても、いつもフーガさんは偉いなって感心します。
玉木くんの出る映画の勉強をしたりとかしていて、
私も少し見習わなきゃなっておもいますi-179

ゆきえ URL | 2011/11/14 12:45 [ 編集 ]

>みさき様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>手に続き頭痛って辛かったでしょう?
でも元気になってよかったです。

ありがとうございますー。まぁ、時々あるんです。
仕事病みたいなもんです(笑)

>ドールハウス展示会なんてイベントがある事初めて知りました!

私も今回初めて行ったんですー。

>そして遊んだドール達のメンツに「ふふふ」ってなりました。
なかでもアレックスは懐かしかったです。

ピロシアニマルオールスターズとでもいいましょうか。
アレックス懐かしいですよねえ。

>私も神谷明さんの声好きなんです。
はまりすぎて昔神谷さんのイベント参加して握手した事があります(爆)

いいですねー!羨ましいー!
神谷さんは私の永遠の憧れボイスです!

>五十六読み方知らないんだよの挙手、可愛かったですねぇ~。
その後のコメントでまさか山本太郎氏の名前がでるとは思いませんでしたよ。

はい、タローさんは意外でしたね。でも嬉しかったです。
大人の男で五十六読みを知らないのは、普通なら「え?」って引いちゃうとこだけど、ピロシだと「可愛いー」って思えるのが不思議です(笑)

>スクリーン上映は見たいし、ステージ上の宏くんも見たいし、
やたら目が忙しかったのを覚えてます(笑)

同じくですー。私も目をきょろきょろ動かして観察してましたよ。

>そうそう、こういう立ち姿でしたね~。
あまり動かずに画面眺めている姿が印象的でした。

はい、こんな感じでしたよねー。
横から見ても素敵でしたー。真剣に眺めてましたよね。

フーガ URL | 2011/11/14 23:14 [ 編集 ]

>ゆきえ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>何となくフーガさんを思いだしてしまいました。

ありがとうございますー。

>ギュッてされてる子が映っていて、朝から衝撃的な映像でした。

あーゆーことができちゃって似合っちゃうのが木村君ですねぇ。

>まさか「のだめ」が出てくるとは思っていなかったので、出た
瞬間テンションが上がっちゃいました。

あーゆーところで千秋先輩を見れると嬉しいですよねーアニメでも。

>玉木くんと同じくごじゅうろくって?と思いましした。

そうだったんですね(笑)私も歴史の授業でやったくらいの知識ですが(汗)

>何となく内容とかが難しい のかなってゆう気がしていて見ていないのですが。

戦争映画もピンきりなので、面白いものから難しいのまで色々ありますからねー。

>今回は玉木くんが出ている事もあり、見てみようかな?
と思っています。

「真夏のオリオン」は苦手な方でも観やすいと思いますよー。血まみれとか一切ないですから。

>玉木くんの出る映画の勉強をしたりとかしていて、
私も少し見習わなきゃなっておもいます。

ありがとうございます。
いやー、純粋に映画を楽しむなら原作本を読まないほうがいいんですけど、ついつい読んじゃうんですー。

フーガ URL | 2011/11/14 23:20 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク