八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

「日本映画magazine」&「+act」感想

今日は美容院に行った帰りにユニクロでヒートテックジーンズを
2本購入~。初めて試着して感動しましたよ!ほんとあったかい!
ヒートテックジーンズすげぇです!ユニクロ万歳!(笑)

あ、「砂の器」DVD、特典だけ全部観ました!

テレ朝にもっと頑張って欲しかったぜ。
NG集とかさー。
ディレクターズカットとかさー


というか、やっぱり蔵さまとピロシの
ツーショインタビューがないのがつまらん!

もっと2人のオフショットとか観たかったのにぃー。


はい、話を変えまして

そして本日無事にゲットしてまいりました。

★「日本映画magazine」

うおう!表紙っ!
表紙は頬杖ついてカメラ目線のピロシのアップです。

可愛いっ!!

えー、写真とページ数もインタビュー記事も多いので
自分のツボだけ抜粋して語らせていただきますよ。
ちなみにピロシページは2P~11P、その後も五十六キャストや
紹介ページが続くので、23Pまで楽しめます。これは買い!

ピロシのスーツがチェック柄?っていえばいいのかしら、そんなスーツに
白っぽいライトグレーのネクタイに白シャツでお坊ちゃまっぽいわ。

座ってカメラ目線の目次ページの写真も好きなのですがー

やはり2,3Pの見開きドーンのピロシでしょう!

カメラ目線の真っ直ぐアップ写真だけでもたまらんのに、
シャツのボタンを1つ開けて、
ほどいたネクタイを
左手に巻きつけてるという
何とも妄想を膨らませる萌え演出!


私の手の甲に涎が垂れるぜ!

何!?これは何プレイ!?

ソフトSMなのですかっ!!??
(って違うから)

どこか寂しげな眼差しが
哀愁あっていいですねぇ~・・・

まるで

「俺をどうしたいの?」

って問いかけられてるかのよう!!

私の腐ったハートにグサリと突き刺さるわ!

5Pのピロシは自分でネクタイをほどきながら、チラッとカメラを見るような
そんな一瞬なのですがー


「ちょっとだけよ、あんたも好きねぇ」

と、カトちゃんの声が聞えてきそうな
そんな表情に見える!(笑)


ええ、好きです!

そのネクタイで縛り上げていいですかっ!?

何かね、ちょっとスネてるような表情にも見えるの。
とにかく可愛いの!

「また縛るんだろ?」

とピロシボイスで幻聴が聞えてきたわ!


縛るぜ!縛るとも!

ネクタイとは、
ピロシの両手を縛る為に存在するのです!


ってしねーよ!!(爆)

6Pピロシはほどいたネクタイを持ってカメラ目線で真っ直ぐ立ってるショット。
スタイルいいなぁ~。顔はどこか幼く見えます。

9Pのピロシは両手を組んでどこかを眺めて微笑んでおります。

これ超可愛いなぁ~!!
またもやワンコ天使ちゃん発見!


可愛すぎるので捕獲!捕獲!

にっこりしているお顔が愛らしくて、ピュアすぎて、
どうか幸せであれ!と思わずにはいられない素敵なショット。

最後は手の甲を口元にもってきて、少し背もたれに後ろ体重で
後ろを振り向いてるようなショット。これも可愛いんだけどー!

インタビュー記事は当然「五十六」ネタですので、既出の雑誌と大体
被っております。
真藤とはどういう人物か、どこを意識したか、どう演じるのが難しかったか、
五十六さんはどういう人か、そういう点を語ってますねー。

真藤は五十六さんに対するとき、新聞社での顔、小料理屋で
一般の人と触れ合うときの顔と、3つの空間や顔があり
それぞれの立場の人との架け橋みたいな存在でもあるので、
やりがいを感じたと語るピロシが印象的でしたー。

あと結構映画のストーリー展開のネタバレも含まれてるので、
絶対ネタバレは嫌!って方は、作品を観るまではインタビューを読まない方が
いいかもしれませんねー。真藤にとって重要なエピソードが書かれてるので。


共演した大御所役者さん達とはあまり話す機会が無かったと語るピロシですが、
成島監督が妥協を許さない何テイクも撮り直すタイプなので、
緊張感を保った現場で私語が少なかった、というのも一理あるらしい。

本作において真藤のナレーションも重要な役目ということで、その
ナレーション部分をどうあてはめたのか、というピロシの説明も面白かったですね。


戦争で勝ち進めてる前半の声のトーンと、後半の不信感が強くなってくるトーンと
微妙なサジ加減で演じ分けてるらしい。
早くその辺も実際映画を観て、感じ取りたいですねー。

そして「自分の目、耳、大きな心で世界を見なさい」という言葉が
とても心に残ったと言う話と、この作品は現代にリンクする部分があるという話、

最後にエンターティンメントに携わる人間としての決意みたいな、
そんな話もしてました。うーん、読み応えありますねぇ。

その後は、役所さん・五十嵐君・成島監督のインタビューが続くんですが、

成島監督の「玉木宏評」が良かったなぁ。

「彼は毎回毎回白いキャンバスのまま」「役をちゃんと捉えようとする」
「色がついたときには玉木宏にしか出来ない真藤が出来上がっている」

この評価がファンとして嬉しかったですねぇ。

いかにして「真藤」というキャラを作り上げたのか、真藤に込めた想い等々
色々感じることが出来て印象深いインタビュー記事でありました。

あと五十六関係図や五十六さん紹介等々のページがあります。
それでピロシの生ポラプレゼントもありますよー。

あ、108Pの「おすすめ日本映画」のページでは、
ピロシは「ノルウェイの森」をあげてますー。確かにいい映画ですね。

はい、続きまして

★明日発売ですが、既に出てました
「+act」


ピロシは30~35Pです。写真見て即買いました!

ちょい髭あり髪型は長め前髪の最近お馴染スタイル。
チャコールグレー?黒っぽいグレーのスーツにカーディガンに白シャツ、
落ち着いたグリーンのネクタイでシックないでたちでございます。

30Pは横顔でうつむきショット。腰に回した手、かざした左手、
少し印象的なポーズが素敵。

横顔好きにはたまらんベストショットだと思います。

下に向く睫毛の長さとか、
鼻から顎のラインとか色っぽい。
そしてどこか儚げな雰囲気。


31Pはジャケットに手をかけて、斜め下をキリッと見つめるピロシ。
これは渋い!カッコイイ!
大人の男の色香がたまらんですね。


このグラビア、バックもライティングも暗めなんですよ。
それがいいですねー。

32Pも最初と同じようなポーズだけど、アングルが違うのでこれまた新鮮。
口元にある手、伏し目がちな眼差しが鋭くていいです。

33Pはポケットに手をつっこんで、カメラ目線で立ってるピロシ。

キリッとした表情だけど、可愛いのが不思議。
毎度のことですが、目が凄く綺麗です。


インタビューは34、35Pです。
これまた上の日本映画magazine同様、五十六についてなので
だいたい同じでございますがー、

ピロシがもし「真藤の立場で」あの時代に生きていたら
どんな風に生きてたと思うか?との問に、

「真藤と同じように、情報操作してはいけないと思うはず。
 ちゃんと真実を伝えようとするはず」

ってな回答をしてたのが印象的でした。

きっとピロシは
いつの時代に生きていたとしても、
自分に真っ直ぐ生きていくんだろうなぁ。


あとはやはり、現代とリンクする部分があるという話、何事も自分自身で見極めよう
という話をしてますねー。
五十六さんのイメージ、それから香川さん扮する新聞社の上司のイメージ等も
語ってます。

そしてナレーションに対しては、
「戦争の歴史を紹介する番組のナレーションをやるような感覚」としつつも、
多少の高揚感も入れたと。
「日本映画magazine」の方が、心情的な部分の説明が多いですかねー。

同じように「のだめ」で千秋のナレーションと比べながら、
あれは曲説明をしたりが多かったので、淡々とやってたという話と、
今回も難しい用語が出てきたので大変だったという話もしてます。


タイミングを外すと変なとこでブレスを入れちゃったり、
旧漢字が難しくて、何度も家で書く練習もしたらしい。
映像として書くシーンがあるので、撮影前日は書き順もちゃんと調べたと。

あと本当に共演者と会話をする機会が無かったという話。
成島監督の妥協のなさ、香川さんの長台詞の苦労等々も話してますね。

そして「30代になってどうなんだ」ってな話。

仕事以外で年齢を意識することはないけど、
たまに年齢を書かなきゃいけないときに、
「30歳」と間違えて書くことがあるらしい。
30超えたらあとは一緒、どうでもいいかってな気持ちなんだそう。


ここは男と女で違うだろうねー。
女は、30超えたら誕生日が怖いよ(笑)


そしてプライベートでは、
「物忘れは年々酷くなってる」って話をしてます(笑)

この前はアフリカにハードディスクを忘れてきたらしい!
でもちゃんと戻ってきたそうな。良かったねぇ!

大変なことなのに本人はそれほど焦ってなくて、
帰りの飛行機の中で、「あれ?」って気付いたそうな(笑)

最後に今後の話で、

今後もリスクは背負っても新しいことにチャレンジしていきたい、
触れたことないものに触れたい、そういう話してます。

ファンは毎回観てくれてるけど、その瞬間しか見てない人もいるので、
そういう人たちに「玉木宏はこんなものか」と思われたらおしまいだと。
そうならないように変わり続けたい、って語ってます。


確かにねぇ。
ファン以外の人に認められないとダメなんですもんね。
つくづくこういう世界の人たちは毎度毎度大変だなと。

自分の限界を超えていかないと生き残っていかないんでしょうねぇ・・・

あとアナログとデジタルについて。
「砂の器」に携わったことで、昭和の良さも再確認したという話もしてますー。

日本映画magazineよりは、プラスアクトの方が、
少しプライベートな話題が多いかな?っていう印象ですねー。

両方チェックして読み比べると面白いと思いますー。
ではではー。

スポンサーサイト

C

omment

No title
フーガさん、こんにちはe-454
私も「日本映画magazine」買いましたよe-2
っていっても、本屋さんに注文してあって明日じゃあないと
取りに行けないんですけどe-348

フーガさんのテンションの上がり具合からしても、かなり
写真が良いんでしょうねえe-349
明日、フーガさんのストーリーi-198を思いだしながら
楽しんでみたいと思いますe-454

それにしても、加藤茶さんのくだりとかすっごい
うけましたe-257
それと、玉木くんのネクタイのくだりは、フーガさん
ワールドが炸裂で面白かったですe-454

ゆきえ URL | 2011/11/28 13:07 [ 編集 ]

>ゆきえ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみません!失礼しました。

>本屋さんに注文してあって明日じゃあないと
取りに行けないんですけど。

もうゲットできましたかねぇ。

>明日、フーガさんのストーリーを思いだしながら
楽しんでみたいと思います。

是非是非ー。楽しまれた後に、私のブログを思い出していただければ幸いですー。

>それにしても、加藤茶さんのくだりとかすっごい
うけました。 それと、玉木くんのネクタイのくだりは、フーガさん
ワールドが炸裂で面白かったです。

カトちゃんウケてもらえて良かったです(笑)ありがとうございますー。
私のワールド炸裂でしたか。どうも変態ちっくになっちゃいますがー。

フーガ URL | 2011/12/01 22:38 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク