八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

あっちゃんマコちゃん「清盛12話」感想①

今日会社帰りに美容院に行ってきたんですが、
いつも担当してくれてるおねーさんが、EXILEヲタ(結構凄い)
ということが判明したので、私も玉木ヲタということをカミングアウトして、
お互い大カミングアウト大会になって楽しかった(笑)
しかもファンとしてのポリシーとか、色んなことが共感できて意気投合。

3年くらい通ってるとこなんですけど、今知るこの事実・・・

スマスマ特番「全国一斉スマスマテスト」のお宝映像SP観てましたが。
なつかしすぎてどうしよう。昔のスマスマの方が大好きでしたよ。


「計算マコちゃん2012」ステキすぎた。
ああマコちゃん可愛い。可愛すぎる。


しかも、やっぱり剛と熱烈チュー(爆)

そして今回はマコちゃんコケる、パンツ丸見え、
しかもクマさんプリントのパンツとか最高。可愛い。可愛い。

39歳の中居君の
女装の可愛らしさはもはや奇跡!


年齢と性別って一体何だろうと頭抱えちゃうくらいの愛らしさ(笑)

それにしても倉木麻衣ちゃんがあんなにスマスマニアだったとは(笑)
いや、すっごいスマスマファンだったってのは知ってましたけどね、予想外。

昨日「たかじんのそこまで言って委員会」を観てびっくりしたけど、
政治評論家の三宅久之先生、引退されちゃうんですね(涙)

三宅先生の博識っぷりと、優しいおじいちゃんな感じが大好きだったのに残念。
「TVタックル」も寂しくなるなぁ・・・

そして卒業といえば、AKB48の前田あっちゃんにはびっくりしました。
なんだかんだで結構好きなので。
中学校時代の親友が「あっちゃん」だったので嫌いになれない(笑)


「私のことは嫌いでも」って昨年の総選挙でも言ってたけど、追いつめられてた感ある。
とにかくこの子へのバッシングは相当酷かったんじゃないですかね。
1位になればなったで他のメンバーのファンから叩かれまくってたみたいだし。
ファンを装って、握手会で直接わざと傷つく言葉を投げに行くアンチもいるらしいし。

それでなくてもここ数年はセンターでいる重圧やら、AKBの「顔」として批判の大半を
集中的に受けてたから尚更大変だったと思います。根は暗くて内気なタイプの様だし。
過呼吸で度々倒れてるし、限界だったのかもしれませんね。
ただでさえ多感で不安定な思春期をAKBのセンターで頑張ったのだから
調子にのって勘違いして辞めるのではなく、本当に色々考えてのことだと思う。

私、あっちゃんのブログも読んでるんですよ。
昨年「情熱大陸」の密着も観たけど、ほんとハードスケジュールの中頑張ってたし、
与えられた色んな仕事を必死でこなして痛々しい感じもしました。
AKBだから貰える仕事があるのも、歌も演技も実力不足なのも本人が1番わかってる。
まだ二十歳なんだから、色んな可能性があるし成長出来る。頑張って欲しいですね。

はい、あっちゃんはおいといてー。
土曜発売の「GOETHE」は本屋でチェックしたけど、まだ買ってないです(汗)

大河ドラマの感想いきまーす。
「平清盛」第12話「宿命の再会」


※もちろんピロシ出演シーンのみですから!

★鳥羽院の為に水仙を探して色々歩き回り、野原にやってきた清盛のシーン。

そこへ、馬の嘶きひひーん!

前を見てみると、馬の上の義朝さま登場。
宿命のライバルキターーー!!!


清「義朝!」

自信満々の笑みのピロ朝さまです。

義「清盛!久しいな!」


清「帰ってきたのか!」
近寄る清盛。
なんか嬉しそうだぞオイ。

義「生きておったか」

まだ馬の上から言うピロ朝さまです。
久しぶりの再会なのに馬から下りる気ゼロ。

この辺りも格の違いを見せたいのかね。

「お前こそ!何年ぶりじゃ!10年?いやもっと?」
と言って馬に近付いた清盛びっくり。

水仙をゲットしていたピロ朝さまです!

木の花挿しを持って
義「鳥羽の院が水仙をお探しのことは、尾張にて知った。
  すぐに早馬を出し、東国の家来達に探すよう命じた」

義「みちのくの山奥ならば、遅咲きの水仙の一輪ぐらい
  見つかるのではないかと思うてな」


水仙をうっとりと眺めつつ
自信満々に説明するピロ朝さま。
表情がなんかいやらしい。


しかしこきたないのに、水仙が似合うこと似合うこと。

ピロ朝さまの変わりように愕然とする清盛。
何も言葉が出ない様子。


ここ完全に「違い」が見えるところですよねー。
片や、汗にまみれ野を駆け回り自力で水仙を探してる不器用な清盛と、
自分は疲れることなく、家来達を上手く使って水仙を既に手にしたピロ朝さまと。

清盛が何もリアクション出来ないのは、ピロ朝さまが東国修行ですんごい成長して
力をつけていたことに驚いたのもあるけど、

共に勝負してケンカして対立しつつも憎めない盟友が、
真っ直ぐで熱く努力家だったピロ朝さまが、
消えてしまったような寂しさを感じたからじゃないかね。
「アイツはこんなんじゃなかった」みたいな。

昔のピロ朝さまは、きっと自ら馬を走らせ野原を駆け回り水仙を探しただろうし。

その様子を馬の上から見下ろして、一瞬ニッコリ微笑んだ後

義「急ぐゆえ、これにて!」

そう言って馬を向かわせるピロ朝さま。
清盛に見せた「ニッコリ」が、友への笑みなのか
「俺様が勝ったぜ」の笑みなのか。
両方な気がする。


義「はっ!」

そして駆け足。相変わらず馬への合図もいい声。
その先には正清が馬乗ったまま待ってます。

若干ドヤ顔で清盛を見たよね?
ちょっと小ばかにしてたよね?


そしてピロ朝あまは一度も振り返ることなく駆け足で行ってしまわれました。
1人残された清盛「・・・」状態。

★源氏本家、屋敷に戻ってきた義朝さまのシーン。

水ですか?壷の中の水飲んで「うぇーい」言うてます。
口の拭い方が男らしくてよいですね。

為「義朝ー!!」

聞きなれた声に顔を上げると為義パパ登場。

しかしピロ朝さまの家来達に「誰??この人達は?」状態で
キョトンと一瞬なったのが可愛い。

為「義朝!正清!」
急いで近寄るパパ。

サッとすぐに跪くピロ朝さま。家来たちも跪いてます。

通「若君!」
通清も嬉しそうですね。

義「父上!ただいま戻りましてござりまする!」

正「大殿も、父上も、お達者なご様子!」

ジュニアチームとパパチームの10年ぶり?いやもっと?ぶりのご対面。
いやー凄いよね、この時代は。息子が修行行って10年以上帰宅しないんだから。
手元で成長を眺めていたかったに違いないのよ、このパパはさー。

為「堅苦しい挨拶はよい!おーい!!酒を持てー!酒を持てぇええ!!」

屋敷中を見渡して叫ぶパパ。

顔がもうゆるゆるです。超嬉しそう。

義「落ち着かれませ!」

為「これが落ち着いていられるかぁ!」

そうだおー!パパうれしいんだお!!
ずっと息子に会いたかったんだおー!(涙)


ピロ朝さまも、嬉しさを噛み締めてる横顔がいいですね。パパ大好きだもんね!

為「よう顔を見せてくれい!」
その言葉に少し顔を上げるピロ朝さま。

しかしグイッとピロ朝さまの肩をもって、もっと顔を上げさせるパパ。
自分も跪いて同じ目線になり、超至近距離のパパ!
そりゃそうだろーよ。少年が青年になって戻ってきたんだもの。

為「なんと立派になって!」

はい!アッチの方も立派です!!

その言葉に「うんうん」とでも言いたそうな正清。

為「ひぃひぃい(涙)」
パパ、ひーひー言いながら泣いてます。感無量の通清。

義「父上!」

為「・・・(涙)」

パパ泣き顔が可愛すぎる。
垂れ目具合が息子と似てます(笑)

改めて小日向さんとピロシを親子にキャスティングした人グッジョブ。

義「いよいよ!源氏の名を
  京に轟かせる時にござります!」


ピロ朝さまのシュッとした顔と、清々しい表情が素敵。
パパをじっと見てる顔は、
少し息子っぽくて可愛さもありますね。


為「・・・・」
家来「うぉーーー!!!」
立ち上がる一同。

それにビクッ!となりつつ、周りを見て、ますます
「義朝の家来達がこんなに!我が息子はこんなに力をつけたのか!」と
感動もひとしおで

為「ひぃひぃいぃーー!」

と嬉しそうにピロ朝さまの肩を抱いて泣くパパなのでしたー。
きっと源氏再興も夢ではないと実感したのでは。

「よしよし」ってしたくなるよね、このパパ。憎めない人だわー。

★鳥羽院と夢のご対面シーン

鳥「源義朝」

義「・・・・」

生唾飲んで緊張している面持ちのピロ朝さま。
下向いてます。

鳥「こたびの働き、見事であった」

おお!!
ピロ朝さまが鳥羽院と直接お会い出来る日が
こようとはー!
しかもお褒めの言葉ですよ!!
おめでとうございます!


北面の武士になりたくても完全スルーされ、屋敷に行っても相手にされなかった
あの屈辱の日を思いだすと、どんだけ胸が熱くなっていたことでしょう!


義「有難きお言葉!一朝時ある時は、
  東国の武士ことごとく引き連れ
  法王様の御もとへ駆けつけまする」


いいねー、この忠誠を誓う感じ。萌えだね。
だってダブルヒロシよ!?

三上博史と共演だなんて素敵すぎる。


鳥「これより先、都に留まり、忠勤に励むがよい」

俺の傍にいろと!?
(って違う)

義「かしこまりましてござります!」

と、ペコリ。

まさかの鳥羽院×ピロ朝さま!?
(って違うから)

いやー素晴らしい大出世ですよ。東国の修行は大成功でしたね。

では続きはまたー。

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク