八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

「おおかみこどもの雨と雪」感想&土曜ライブ

「平清盛」31話、OPが変わりましたね!!

個人的には以前の方が好きなんだけどなあ~。矢を射るとこ好き。
ま、でも清盛の立場からするとそうなるのか。
しかし最初から出ていたキャスト陣がどんどんいなくなって寂しいなー。

今日から第3部、頼朝の岡田君も登場。

そして「源義朝(回想)」で
ピロシキターー!!


ピロシパパと麗奈ママを少しだけ思いだす岡田くんのシーン。

頼朝さん、またパパのことを思い出してください(笑)

この週末色々あったのでまとめて書きますー。

先ず
★8月3日(金)

友人まーはんと夕方合流して、セノバ近所のイタリアンでディナー。
久しぶりにファジーネーブル飲みました。

金曜日 金曜日2 

金曜日3 金曜日4
美味しかったけど結構ボリュームあってゲプゲプしちゃいましたよ。
近況報告やら話した後は、タリーズへ移動。

ジンジャーミルクティーで一息ついて
金曜日5

セノバのシネコンに移動してレイトショーの映画観てきました。

映画「おおかみこどもの雨と雪」

金曜日6
※これは買ったパンフ。

これヤバイです!
ここ1、2年で観た映画の中で
私のナンバーワンになりました!


ずっとずっと観たかったんですよこれ!!
「時をかける少女」「サマーウォーズ」を大ヒットさせた細田守監督の
最新作でございます。

アニメ映画ということで、子供向けと思い込んで敬遠してませんか?
いえいえ、とんでもない。

子供ももちろん楽しめますが、
これは本質的に凄く大人向けの作品です。


というか、大人の方にこそ観て欲しい。

特に現在妊娠中のママさんや
現在子育て中のママさんや
子育てをひと段落したママさんや


とにかくお子さんをお持ちの
ママさん(パパさん)方に観て欲しい作品。


だけどお子さんがいるいないに関係なく、皆に観て欲しい。大人も子供も皆!

このブログを読んでいるそこのアナタ!是非観て!
こんな熱い気持ちになったのは久しぶりです。


私は映画館で号泣しましたよ!
嗚咽を我慢しようとして体震えたからね!


こんなに映画観て泣いたの久しぶり。
鼻水ズビズビで席をたって恥ずかしいくらいでしたよ。
泣き腫らした目は翌日腫れたし。

パンフ見ながら余韻に浸って泣きましたよ。DVD絶対買うぞ!

ストーリーを簡単に説明すると、
ヒロインは天涯孤独の女子大生「花」。声は宮崎あおいちゃんが担当してます。
苦学生だけどきちんと生きている人。
花の大学に忍び込んで講義を受けてたのがニホンオオカミの血をひく男。
声は大沢たかお様です。


そんな2人は瞬く間に恋に落ち、可愛い2人の子供が産まれます。

雪の日に生まれた長女は「雪」、
2年後、雨の日に生まれた弟は「雨」と名づけられ、
雪は活発で元気に、雨は気弱で内気な子に育ちます。
ただ1点違うのは、オオカミ男の血を引く「オオカミコドモ」であったこと。

幸せな家族はある日、突然訪れるオオカミ男との別れから一変しますが、
花は2人の子供をしっかり育てることを誓い、必死に生きていくのです。


そういうお話。

あるシーンから都会から大自然の豊かな田舎に引っ越して、
そこで2人の子供が「人間」として生きるのか「オオカミ」として生きるのか
自由に選べるような生活を送るんですよ。

このお話は、ヒロイン花の
恋愛・妊娠・出産・子育てを
正面から描いた13年間の軌跡なんです。


そしてオオカミコドモ2人の成長期。
幼少期の愛らしさは皆に観てもらいたいです!
本当に可愛い!


オオカミと人間のハーフという設定はおとぎ話のようですが、
それ以外はとってもリアル。
現代社会をきちんと描いてます。


本当にこういう親子がどこかにいるんじゃないか、っていう。

手探りで必死に1人で子育てを頑張る花は、本当に素敵で引き込まれます。
あおいちゃんの声優っぷりもピッタリで素晴らしい。

そして「オオカミ男」のビジュアルがね、
「ギルティ」の真島さんぽいんですよ。
哀愁があってちょっとワイルドで、
本当に一匹狼で生きてきた孤独感とか。


衣装は「ただ君」の誠人みたいなシンプルなカットソーだしね。

実写でやるならピロシにお願いしたいキャラ。
そう妄想しながら観ても面白いと思いますよ。


そんでたかお様のソフトな声が最高に合ってましたよ。

この作品を成功させてるのは声優陣が適任だったこと。
「雪」の幼少期の声を演じた子役の大野百花ちゃん素晴らしいです。

あと映像が美しい。
自然の美しさを丁寧に描いた背景とかシアターでじっくり見て欲しい。
音楽も素晴らしい。

そして何より「演出」が上手い!

この作品の原作・脚本・監督は細田監督ですけども、
この人は「第二の宮崎駿」だと思います。


日本アニメーション映画界の未来は安泰ですよ。

最初の数年間を音楽と映像だけで、まるでアルバムをめくるように
描いてるところがあるんですけど、そこがとても良かった。


あと子供たちの成長の数年間の時間経過を、教室のシーンで見せるとこが
あるんですけど、そことか秀逸でしたね。

「大奥」の監督と、「MW」の監督に、
「演出ってのはこうやるんだよ!」と
教えてやりたくなるくらい、素晴らしい見せ方。


親と子の絆・子育ての苦労・子供たちの自立
そして運命を受け入れて、
しっかりと生きていくことの大切さ
色んなことを教えてくれる2時間です。


心象描写が巧みで、画だけでキャラクターの心の揺れがわかります。
とても繊細な世界を丁寧に描いている。台詞は結構少なめです。
ご家族でご覧になって、皆で「あのときのあのキャラは」って
キャラの気持ちを想像して、語り合うのもいいんじゃないでしょうか。

是非!色んな方々に観て欲しい!
「マダガスカル3」を観た後に、日本のアニメも味わってください!


さてさて続いて
★8月4日(土)

この日は
友人トッカータさんと2人で東京に行ってました。

先ず早朝、トッカータさんが我が家に車で迎えに来て、某駅で車停めて
そこから高速バスで東京へー。眠かったわー。

午前中に東京着いて、その後は原宿へ移動。

「原宿の名所行くか」って言いながら、AKBのオフィシャルショップ入ってみた(笑)

そして竹下通りを久しぶりに歩きましたねー。

トッカータさんオススメのロリータファッションのショップとか、
色々「原宿っぽい」お店に入ったりしてました。
「34だけど入って大丈夫?」って言いながら(笑)

ラフォーレ行ったりしながら、渋谷へ歩いて移動。

代々木第一体育館で、「a-nation musicweek 」てイベントをやってて
その周辺エリアをウロウロ~。クソ暑くて死にそうでした。

で、NHK付近で適当にランチ。パスタ食べました。

土曜日
美味しかった。

外に出たら大雨!!何これ!!
急にですよ!?


びしょびしょになりながらライブハウスに走りました(汗)

今回私達が上京したのは、その「a-nation」の一環で
SHIBUYA-AXで『V-NATION』という
ビジュアル系アーティストが集結したフェスを
やってたからなのです。


私はぶっちゃけそんなに興味ないんですが(笑)、トッカータさんに誘われまして。
彼女の誕生日が明日でね。チケットも1500円と激安だったので、
お誕生日祝いで行ってみましたー。

出演アーティストはこちら。
BORN/ダウト/exist†trace/HERO/
Jin-Machine/ MEJIBRAY/SCREW/ν[ NEU] /アンド/AYABIE
(出演順じゃないですよ)


という皆さん。

私は「誰ですか?」状態でしたけど、かなり人気バンドなんですよ。

トッカータさんに教えてもらって、「ダウト」と「AYABIE」と
「SCREW」と「Jin-Machine」というバンド名はわかる。
音楽も聴かせてもらってるけど、あんまわかってない(汗)
メンバーの名前と顔も殆どわかってない・・・

そんなレベルの私が参加しました(笑)ファンの皆さん申し訳ない。

あ、お誕生日祝いでトッカータさんに「好きなの言って、何でも買うよ」
つって、グッズ売り場でサービスしました(笑)
あとねランチとドリンク代もサービスしました♪

本当はちゃんとお誕生日プレゼントをあげたいんだけど、
彼女はとてもオシャレだし私と趣味が違うから、
何をあげればいいかわからなくてねえ~難しいんです。

SHBUYA-AXは初めて来ましたよ。

その隣にある「BOXX」っていうライブハウスは、
昔、DAIGOがSTARDUSTだった時に、観に来てたけど。

このイベント凄く長丁場でした。
13時開場、13時半開演~ 終わったのは何時だろう?

10バンド中9バンド観て私達が出てきたときは19時過ぎでしたね。

ずーーーーーっとその空間に、6時間こもってたという・・・

足、疲れたーーあ!!!スタンディングなもんで!!

途中からバンドチェンジのときは直接座ってましたけどね。

いやぁ~、
今のビジュアル系バンドってこうなのね!?
驚きでしたよ。


もっとメロディアスに愛とか刹那とか
うっとり麗しく歌ってるのかと思ったら、
どのバンドも結構ゴリゴリ系でした。


ヘビメタ系?
ひたすらシャウトを聴きまくったなぁ。

ファンもうら若き10代20代前半くらいの女の子たちばっかりなんだけど、
ドスの効いた声で「ヴォィ!ゥオイッ!!」って言ってて凄かったっす。
「キャー!」とかじゃなくて、ドスの効いた声がポイントらしい。

LUNASEAは何度かライブ行ってるけど、ちょっと路線違うのね。
ヘドバンは昔からお馴染ですけどね。またノリが違ってて新鮮でした。

今のビジュアル系ライブで基本らしい
「咲く」
「モッシュ(左右に動くバージョン)」
「拳」
「逆ダイ」

という動きがあるそうなんですが、
皆さん凄かったです。一糸乱れぬ動きというかね。

私も見よう見マネでやってみたけど、「ヘドバン」はやらなかった。
体力消耗しそうで(苦笑)

トッカータさんはブンブン頭ふってヘドバンやりまくってましたねー。

あ、後ろの女の子達がヘドバンやると、髪が振り乱れて
扇風機のような役目になって、冷風が吹いてきて良かったよ(笑)


ライブハウスの「バー」を使って、身を乗り出すように
ジャンプしてヘドバンしてる子っちがたくさんいて、横から見ててちょっと怖かった。
テレビから飛び出してくる貞子思い出した。

Jin-Machineは面白かったけど、ゴールデンボンバーみたいな路線だったな。
(そしてゴールデンボンバーの方がクオリティ高い)
でもたくさん笑わせてもらったわ。

私はメタルとかそんな好きではないので、正直疲れたけども

違う世界の異文化を知ることが出来たなと
新鮮な楽しみがありましたよ。


ありがとうトッカータさん。客観的に観てて面白かったよ。

食わず嫌いせずに、たまには違う音楽に触れてみるのもいいもんだね。
ハマるかどうかはおいといて(笑)

その後は歩いて渋谷の街中に移動。

渋谷にヴィジュアル系バンド専門のショップがあるんですよ。
そこにトッカータさんが買い物があるってことで、ついてってー、

東京駅に移動して、牛タン弁当を買いました。
そんで新幹線で食べてー

土曜日2

テールスープ。あと「栗ほうじ茶」。後味が超栗!肉には合わなかった(笑)
土曜日3

またトッカータさんの運転で送ってもりました。
そんな刺激的な1日でしたー。お疲れ様でしたー。

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク