八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

フーガの「平清盛23話」感想②

暑いですなぁ。今日はまた名古屋に出張して帰ってきました。
名古屋も暑かったなあ。

帰りに静岡で「どらやき」買っちゃいましたよ。丸井の前でワゴンやってて(笑)

どらやき
我が家は今スイーツパラダイスです。お土産とかもまだいっぱいあって幸せです。

昨日は
AKB48のあっちゃん卒業生放送と鳥人間コンテストを半々観てたんですが、
メンバー1人1人のメッセージのくだりでもらい泣き・・・ずびっ(鼻水)

あっちゃん、いい顔してましたなぁ。菩薩のような包容力を感じたよ。
皆が憧れるってのもわかりますね。はい。若いのに凄い安定感だな。


それにしてもフジは生放送下手だなぁーーー。
本当にラストの曲で、CMって!!
前半にCMガンガン詰め込んで調整しておけばいいのに。
ラストこそ大事だろー。

あと昨日のNHK「スタジオパークからこんにちは」に
小出君が出てたので予約しておきまして、帰宅後観ました。


あれ?小出君ってこんな感じだっけ?

トーク自体はしっかりしてるのに、終始落ち着きがなくて
一体どうしたのかと(笑)
やたら鼻の下こするし、髪触ったり小学生男子のような。

竹夫にーさんの面影ゼロだな、ゼロ(宇喜田風に)

でもキュートですけどね。

あ、読者さんから意外と要望があったので(笑)
ジルデコのライブスケジュールを載せます。

色々行くので、お近くの方是非!!



★2012/08/30 名古屋 Blue Note

●2012/09/02 イオンモール船橋

これはフリーライブなので!
お近くの方、是非!!


●2012/09/07 丸の内COTTON CLUB

★2012/09/08 岐阜 ナチュラルカフェ&ギャラリー 蔵

●2012/09/09 福井 金津創作の森

●2012/09/14 神戸 cafe fish

●2012/09/16 奈良 polkadot

●2012/09/17 高知 CARAVAN SARY

★2012/09/19 愛媛 新居浜 ronet cafe

●2012/09/21 奥出雲 町立横田コミュニティセンター

●2012/09/22 鳥取 MOBS FELLAS
●2012/09/23 鳥取 MOBS FELLAS

★2012/09/29 福島いわき Bar QUEEN

★2012/09/30 水戸 B2

★2012/10/06 大阪 ROYAL HORSE

★2012/10/07 広島 ナノ・ユニバース


詳しくはこちらオフィシャルHPの
ライブスケジュールまで。
気になった方はチェックしてみてください。

http://www.jilldecoy.com/live

さてさてー
では「平清盛」の感想の続きをー
ついに23話「叔父を斬る」の
感想の続きいきますー


ではピロシが出てるシーンのみ抜粋で。

①為義パパとピロ朝さまのシーン

友切改め髭切を手に取り、じっと複雑そうな表情で見つめていたピロ朝さま。

(これを手に入れるために私は父上と・・)

とでも思っているのでしょうか。
父とのすれ違いを決定づけたのは、
これですからね。


そして色んなことを犠牲にして手に入れたというのに
こんな結末しか待っていなかったという・・・


まるで叫ぶような声と共に、力任せに庭に投げ捨てるピロ朝さまです。
「こんなものー!」みたいな。

そして崩れ落ちるようにその場にへたりこみます。

悲しみと後悔にうちひしがれる
ピロ朝さまの横顔が切ない・・・


為「乱暴に扱うでない」

義「!!」

その声に振り向くピロ朝さま。

そこには為義パパが寂しそうな表情で立っております。

為「”友切”は源氏重代の太刀ぞ」

そう言うパパを泣きそうな目で
驚きながら見つめているピロ朝さまが可愛い。


そして悲しく笑うような表情を一瞬見せて前を向きます。

息子が投げ捨てた友切のところまで歩いていき、それを大事そうに拾う為義パパ。

義「”髭切”と、名を改めましてございます」

為「さようか」

そう言うとくるっと振り向き、ピロ朝さまのもとへ歩み寄り
”髭切”を差し出します。


義「・・・」

目の前に差し出された太刀を見つめ、泣きそうな表情で
グッと噛み締めつつ、神妙な面持ちで
ゆっくり両手で受け取るピロ朝さま。


何気ないヒトコマではありますが、
源氏重代の太刀、跡取りにしか渡されない大事な太刀を

ちゃんとパパから子へ渡された
「認められた」一瞬なのですよね。


まさか、こんな形で貰うとは・・・
ってな心境でしょう。ピロ朝さまも。余計に切なさ倍増・・・

本当はこうしてちゃんとパパから
面と向かって渡して欲しかったんだもの。
嬉しいんだけど、その重みを改めて
ズシッと感じたのでしょう(涙)


庭を眺めながら座ってるパパと息子。

為「殿上人になったそうじゃな」

義「はい」

”はい”が別人のように可愛い声だよ。
地の底から響くような渋い声じゃなくて毒気の無い素直な声。

きっともう子供の頃のピロ朝さまに
戻ってしまったんでしょうねぇ。


パパの隣で背を丸めて
泣きたいのを必死に我慢して
若干呼吸が荒いピロ朝さまが切ない。
動揺ぶりが伝わってきますね。


為「もう・・・二十数年も前か・・
  平氏の棟梁忠盛が殿上人となったとき、わしは悔しくてならなんだ」


と昔を思い出しながら照れつつ笑うパパを、ガン見するピロ朝さま。

為「だが、今お前がこうして、
  わしの望みを叶えてくれた」


義「・・・・」

驚きの眼差しで、お鼻をひくっとさせるピロ朝さま。

為「まこと、孝行なせがれじゃ」

うをー!そんなこと言われたら泣くよ!!泣くに決まってるよ!

だってピロ朝さまは「父上を斬るなんて、なんという親不孝」と
思いつめてたわけだから。その気持ちを救うような一言!

まさかのこの言葉に、すぐに唇が小刻みに震え
一気に泣き出しそうになるのを唇を噛み締めて堪えて前を向くピロ朝さま。


その必死に泣きたいのを堪える姿が
まるで小さな男の子のように
頼りなく可愛らしく、そして痛々しいのであります。


ピロ朝さまはっもう髭切を握り締めながら、下を向くことしかできません。

為「義朝」

と呼びかけた瞬間に、
ピロ朝さまの瞳から大粒の涙が落ちたー!

横からのアングルなのに、少し引きの画なのに涙の粒がはっきりと見えるって凄い!

為「我が首を、はねよ」

突然の言葉に思わず顔をあげるピロ朝さま。やはりパパは全てを悟っていたー!

為「源氏の棟梁の証である、その太刀で」

義「!!」

驚いて声も出ないピロ朝さま。ただ大きく瞳を開いて固まってます。
そんなピロ朝さまとは対照的に、何かを吹っ切った感のあるパパ。
立ち上がって息子に言うのです。

為「親兄弟の、屍の上にも、雄々しく立て!」

義「!!」

パパを黙って見上げることしかできない息子。
ピロ朝さまの唇が徐々にうっすら開いていくのがポイントです。

それにしても涙目で見上げてるお顔の
可愛らしい事・・・髭面なのに・・・


為「それがお前の選んだ道、
  源氏の、栄華へと続く道じゃ」


そうはっきりと言い切るパパ。それを見つめる息子。

ピロ朝さまの瞳に「決心」が見えましたね。
父の覚悟をしっかりと受け止めた表情でした。


そしてパパも実にかっこよい名場面。

パパはやっぱりパパだよね。
息子の苦悩を誰よりもわかっていて、
”お前が斬ることは必要なことなんだよ。
 罪を感じなくていい。そこから源氏は
 またスタートするんだ”
そう言い聞かせてるようでした。


②由良と鬼武者のシーン

由「殿が、大殿をお斬りになることとなった。
  そなたも、その目で見てくるがよい」


驚きつつも力強く母を見つめる鬼武者です。

残酷だよなー。鬼武者は10歳くらいのときなわけですから。
お父さんがおじいちゃん殺すとこを見ろってどんだけ。

それも後継ぎの宿命。強くなれという母のメッセージなのですよね。
それにしても過酷だ。

④さよならパパの最初のシーン

立派な衣装で、わりと綺麗な平氏の処刑場と比べ
川っぺりでなんとも惨めな感じのする源氏の処刑場。それがまた物悲しさ倍増。

足取りもおぼつかないかんじで、ヨタヨタと歩いてくるピロ朝さま。
もうね、体が拒否してるのがわかる。

そこにやってくるのが弁慶。上から覗き見です。

座っている父を見下ろし、日に焼けた腕でゆっくりと髭切を抜くピロ朝さま。
正清と鬼武者が見守る中、為義パパは首を前にするのです。

⑤その続きのシーン

清盛が刀を構えたとき、同じくピロ朝さまも構えております。

しかし清盛同様、ピロ朝さまも振り上げた刀を下ろせない!

緊張と恐怖と興奮で唇も乾いております。
ただずっと固まって父を凝視するだけ。


為「斬れ、義朝」

またポツリと静かに言うところがたまらんよパパ!
優しく言うんだもん。


殿を心配そうに見守る正清の横顔に
萌えつつ


義「・・・・斬れませぬ・・」

とうとう本音を漏らすピロ朝さま。今にも泣き出しそうな震える声です。

ピロ朝さまは優しいパパを斬るのか、斬らないのか、ってとこで
切りますー。あー切ない回だわあ。観返すのも辛い・・・

スポンサーサイト

C

omment

切ないね〜
ダメだ~
読んでるだけで、やっぱ泣く(T_T)
この回は、ほんと切なすぎるんで、リピ出来ないんですよね。

読者さんから、ジルデコのライブスケジュールの問い合わせ~
嬉し~♪───O(≧∇≦)O────♪
是非是非聴いて欲しいなぁ\(//∇//)\

ニコ URL | 2012/08/29 01:06 [ 編集 ]


またまたフーガさん、私は思い出して大泣きです。
義朝が事の重大さに気づいた時は、既に遅しで、
親子の最期の会話、義朝の血の気が引いたような、憔悴し空虚な感情に、私も深い悲しみに落とされ、もがき苦しんだ次第です。
暫く、何も言えない、何もできない、ただただ、涙が溢れて止まらない。
見る人をここまで、引き込ませるなんて、宏、いい仕事してる。
益々、宏ワールドに引きずり込まされるぅ。でも、それが、快感です。

ママ URL | 2012/08/29 23:25 [ 編集 ]

>ニコ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>ダメだ~
読んでるだけで、やっぱ泣く(T_T)
この回は、ほんと切なすぎるんで、リピ出来ないんですよね。

読んでるだけできますか。ありがとうございます。
でもここは本当に私も書いてて辛いですー。悲しすぎて。

>嬉し~♪───O(≧∇≦)O────♪
是非是非聴いて欲しいなぁ\(//∇//)\

ねぇ。私も嬉しかったです。新たなファンにつながりますようにー。

フーガ URL | 2012/08/31 00:00 [ 編集 ]

>ママ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>またまたフーガさん、私は思い出して大泣きです。

泣かせちゃってすみません。でも23話は大事な回ですからね(涙)

>親子の最期の会話、義朝の血の気が引いたような、憔悴し空虚な感情に、私も深い悲しみに落とされ、もがき苦しんだ次第です。

同じくですー。一緒に引きずられますよね。
私も暫くは通常のテンションに戻れませんでしたよ。凄すぎて。

>見る人をここまで、引き込ませるなんて、宏、いい仕事してる。
益々、宏ワールドに引きずり込まされるぅ。でも、それが、快感です。

はい。本当にいい仕事、いい演技でしたよね。
23話は神回です。一緒に引きずられて浸れて幸せですよね。

フーガ URL | 2012/08/31 00:02 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク