八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

フーガの「平清盛25話」感想②

なんだか急に降りだした雨が凄かったです。台風来てんの?みたいなレベル。
明日は父が東京に行くのに、交通機関に影響出なきゃいいけども。

あ、明日9月7日(金)は、

「東京JAZZ2012」のオープニングパーティに
ジルデコが出るんですー。
それを父が丸の内COTTON CLUBまで
観に行くんですー。


※東京JAZZとは・・・2002年からスタートしたアジア最大級のジャズイベント。
            国内外の大物アーティスト、実力派アーティストが出演して
            毎回話題に。主催はNHKや日経新聞等からなる実行委員会。


とまー、ジャズファンなら毎年注目する一大イベントなので、
ジャズ好きの父はジルデコが「東京JAZZ」に出るとわかったときから大喜びでしてね。
これまた私がチケットをとってあげました。

本当は私も行きたいんですが、先月六本木のビルボード一泊二日してお金使ったから、
これはやめたんですー。そのかわり我が家代表で父が行きます。

ジルデコは昼のライブを担当します。どうか成功しますように!

あ、ピロシの新ドラマ「結婚しない」の追加キャストの
正式発表がありましたね。


小市さんとかなかなかいいとこついてくるねー。

しかも石橋凌さん!沢木さんキター!

ピロシ扮する花屋が、実は「結城」の仮の姿で、
花束の中に爆弾とか入ってたり、
MW隠し持ってたりしませんか?


「やっと見つけたぞ、結城」

「お久しぶりです、沢木さん」

みたいなくだりは無いですか!

「結婚しない」と言いつつも、
実は既に賀来と、海外で同性婚してたりしませんか!


って、我ながらしっちゃかめっちゃかですね(笑)

いやー、大映ドラマが好きだった世代としては、梶芽衣子さんは嬉しいね。
あと市毛さんも好きな女優さんですー。大人の為のキャスティングで嬉しい。

さてさて、昨日は朝ちょうどテレビつけたら
「ZIP!」で蔵さまの舞台の制作発表会見が流れてまして


「あら!蔵さま!」って飛び起きたんですよー。

いい目覚めでございました。

共演者が溝端君と、平幹二朗さんなのです。

溝端君が日テレでレギュラー番組持ってるので、これは「PON!」にくるだろ
と予約録画して出かけていったら


キター!

溝端君と蔵さまツーショットで、Wエンジンの突撃取材受けてましたわ。

並んで「PON!」のポーズしてたのかわいかった。

しょぼいルーレットに「舞台PR」って手書きで書いてあって、
ここに止まったらPRできるらしい。

やる気のない蔵さま、何回も「ルーレットスタート!」って言われても
ちょろっとしかやりません(笑)

「回しなはれや!」とツッコまれるとー

蔵「ヤケドしたんです昨日」

えっ!?となるWエンジン2人。
確認すると、
左手の手首の内側が少し赤くなってます。

蔵さま色白だからよくわかるねー。

蔵「味噌汁作ろうとしてちょっと」

味噌汁!?

味噌汁作ろうとしてあんなとこ火傷する意味がわからないんだけど(笑)
一体どうしようとしてたんだろうか。


しかし萌えるわー。
自炊しない蔵さまが味噌汁作ろうとして案の定失敗。かわいいわー。

ああ、もうこのエピソードで
ピロシとのショートストーリーできたわ(笑)


「夏の失敗」にルーレットが止まったので、エピソード披露。

溝端君の話ですが、街中を歩いていたら「ファンです!握手してください!」と
女性から声をかけられて、嬉しいなと思って対応してたら

「応援してます、岡田将生さん!」って言われたらしい
「今日は岡田将生でいよう」と思ったそうな(笑)


私よくこういうエピソード聞くと思うんだけど、
お前はホントにファンか?と(笑)
本当に岡田君のファンなら絶対に溝端君と間違えないだろう。
溝端君のファンが岡田君と名前を間違えることもなかろうし。意味わからん。

「この舞台は、味噌汁より熱いぜ!」by蔵さま

この制作発表の日にやっと台本が出来て、昨日から稽古が始まったそうな。
大変だわね。お疲れ様です。
私もこの舞台観に行くので、楽しみですー。

話は変わりますが

今日もまた昼前から名古屋に出張してたんですよ。

で、昨日は私がずーっと以前から準備をしてた
うちの職場主催の勉強会や懇親会がありましてね。
会場をおさえるとこから、資料作成や、出欠のあれこれや、
講師とのあれこれや、ホテルとの打ち合わせやら何やらやってて、

やっとそれが無事に終わったんですよ!特にトラブルもなく!

いやー良かった。昨日は1日バタバタしてましたが、自分頑張った!

ということで、

お疲れ様自分、と思いながら少しご褒美ランチしました。

1人で(笑)

セントラルタワーズの13Fのガレットとクレープのお店で。
それほどクソ暑くもなかったので、テラス席にしました。

ランチ ランチ2

ガレットランチ。ガレット食べるの数年ぶりだわー。人生で2度目。
ランチ3

ランチ4
もちもちして美味しかったですー♪たまにはいいですねえ。
かなりお腹一杯になりました。

で、名古屋から静岡の事務所に戻って仕事してー
会社帰りにまた1人で、「餃子の王将」行ってきました(笑)

餃子のタダ券あるんだもん。

フカヒレがちょっとのってる天津飯が、今安いお値段なのです。
おいしかった。
王将 王将2

前回はライブツアーのレポを久しぶりに書きましたが、
皆さんの反応が嬉しかったですー。


てっきり、あまりに遅すぎてもう需要無いんじゃないかと(汗)
「今更?」って思われるんじゃないかと思ってたので。

でもまだイラストとか描けてないんで、しばしお待ちをー。続きはまた書きます。

では、「平清盛」の感想の続き。
25話「見果てぬ夢」ですねー


③頼朝と清盛のシーン

統子様の一大イベントで、清盛と初対面する頼朝(簡単な説明)
「源」って苗字出した時点で、ピクッと反応する清盛。

どんだけ「源」意識してんだ。愛だね。

最初は統子様の蔵人である頼朝が、清盛に酒を注ぐのです。

頼朝が柄杓を持って清盛の前にやってくるときに、公家衆がまたヒソヒソと悪口。
「ほれ。左馬頭、義朝の・・」
「ほう。あの親殺しの」
「落ちぶれた源氏の子が平氏の棟梁に献杯とは」
「見ものにござりまするな」
「ほほほほ(笑)」

だからよー、台詞が間違ってるだろーが!
私が脚本書いたらこうなります。


「ほれ、左馬頭、義朝の」
「ほーう!あの美男子の」
「さすが義朝の嫡男。見目麗しい少年ではないか」
「眼福にござりまするな」
「ほほほほ(照れ笑い)」


だろー。

緊張しながら清盛を見上げる頼朝。
そんな頼朝を威圧感を放ちながら見下ろすどっしりした清盛。

岡田君ナレーション
「初めて目の当たりにしたその人は、思いのほか大きく。私は、不覚にも・・」


緊張のあまり震えてしまい、お酒を零しちゃう頼朝。
清盛が持ってる杯から溢れちゃいます。慌てて謝る頼朝を前に、

清「やはり最も強き武士は、平氏じゃ!」

平伏したまま反応できない頼朝。

清「そなたのような弱き者を抱えた源氏とは
  違うっ!!」


さすがにその言い方にキレて睨みつける頼朝。
こんときの目、イイネ!
涙目もいいよ!

その睨みを余裕で受け止め、ニヤッと嬉しそうに微笑む清盛。
「そのまま美しく育てよ、義朝のように」

って思ってるのでしょう(って違うから)

愛するピロ朝さまの血を受け継ぐ息子を初めて見て、色々思うところがあるのでしょう。

そして憔悴しきった惨めにもがいてる弱気なピロ朝さまを見たばかりなので、
こうやって息子に言うことで、源氏のプライドややる気を
奮い立たせてるのでしょうかね。煽ってるというか。


「お前達も、悔しかったらここまで来い!」

っていう。愛のムチ。

④さようなら由良さまのシーン

頼朝が自宅に戻ると、由良ママさまがとうとうヤバイらしい雰囲気。

義「由良!しっかりせい!」

正「北の方様!」

その声に慌ててママの部屋へ駆けつける頼朝。

頼「母上!」

薬師いわく「手は尽くしました。あとは神仏のおぼしめしのほか、
祈られるよりほかはござらぬ」と。もう手が無いから祈るしかないよーっていう。

ピロ朝さま立ち膝で由良さまの傍にいます。
ずっと前からいたというより、慌てて駆けつけた風にも見えるね。

苦しそうな由良さまをガン見してたピロ朝さま。顔が強張ってます。
何か決意したらしい。

義「・・・・正清、参るぞ」

正「どちらへ?」

義「六波羅だ」
正「六波羅?」

義「清盛に会うて宋の薬を都合してもらうのだ」

と言って立ち上がるピロ朝さま。

あれだけ嫌がってたのに、まさかの清盛頼み!!

それだけ切羽詰ってるんですね。
もう、プライドを投げ打ってでも
何をしてでも由良を助けたい!
その気持ちが伝わってきます!


しかし「へ?」って感じで驚いてる頼朝。

正「直ちに!」

2人が出て行こうとすると、

由「なりませぬ」

由良さまの声に、立ち止まり振り返るピロ朝さまと正清。

頼「母上!」

由「行ってはなりませぬ」

義「!?」

由「平氏に頭など、下げてはなりませぬ!」

苦しそうなのに力を振り絞って言う由良さま。
この言霊は凄そうだ。

さすがのピロ朝さまもびっくりです。唇ワナワナしながら枕元へ!

義「何を言うて居る、かようなときに!」

由「殿・・いついかなるときも・・源氏の御曹司として・・
  誇りをお持ちになり、生きてこられた殿を」


震える声でそう言う由良さまを、
瞬きもせず、じっと涙目で見つめるピロ朝さま。


由「由良は。心より、お敬い申しあげておりまする・・
  かようなことで、お志を曲げないで下さりませ」


どこまでも真っ直ぐで揺らぎない
ピロ朝さまへの愛!!

ピロ朝さまもグッときてます。

義「たわけ・・そなたの命に代えられるか!」

涙声で訴えるピロ朝さま。
愛だ!!由良さまの命より
大事なものなどないんです!!


ピロ朝さま、由良さまが倒れて改めてわかったんだろうねぇ・・・自分の気持ちにも。

由「・・あれ・・殿らしうもない。
  されど・・嬉しや・・」


そう言いながら、幸せそうに微笑みつつ一筋の涙を流す由良さま。

初めてちゃんと「愛の言葉」を
ピロ朝さまからかけてもらったのでは!


だから死の淵にいながらも由良さまびっくりっていう。
かなり遅いけども、こんなときだけども、
ちゃんと由良さまが聞けてよかったよ(涙)


その姿にピロ朝さまも抑えきれず涙が!

頼朝も正清も泣いてます。

由「殿・・どうか私を、誇り高き源氏の妻として、
  死なせて下さりませ」


由良さまの言葉に感極まって、涙を流しながら
由良さまの手を握るピロ朝さま。


あんなに髭面でワイルド外見になっても、
やはり手の指の長さや繊細な美しさは
相変わらずー。


義「・・由良・・・」

この”由良”呼びは優しかったな!!

まるで囁くかのよう!
いつもこれくらいのトーンで
優しく呼びかけて欲しかったよ!


由良さま呼ぶときいつも怒鳴ってるんだもーん!!

由「・・・と父が・・」

出た!「~と父が」再び!
ここでこのツンデレ発言ってのがまた泣かせる!


由良の愛に甘えすぎて、大事にしてこなかった
ピロ朝さまと、
プライドの高さから素直に甘えることも
優しく癒すこともできなかった由良さま。


お互いとても似たもの同士だったのかもしれませんね。
それゆえに不器用な関係だったのが切ないけども。


最後の最後で、本当に二人は
愛し合っていたんだと。
素晴らしい夫婦愛がそこにあったと。
とても実感できた名シーンでございました(涙)


反応の無い由良さまに、まさかの表情を浮かべながら呼びかけるピロ朝さま。

義「由良・・」

頼「母上!」
「はー!」って感じでグッと泣く正清いいよね。

義「由良ーー!!!」

まさに絶叫。叫ぶピロ朝さま!

ここ良かったわー。本気の叫び。魂の叫び。
失いたくないという気持ちがぐわっと
こっちにくるよね。
とても純粋な愛情を感じましたよ。


ピロ朝さまが名前を呼ぶと同時に涙がツーっと
流れる由良さまの女優タイミング凄いね。


そしてグッと手を握る力を強め、まるで祈るように由良に顔を近づける
涙にくれるピロ朝さまなのです。

岡田君ナレーション
「我が母由良はそれきり目を覚ますことなく十日余りのちの
 三月一日、静かに、この世を去った」


由良さま・・・危篤状態で結構頑張ったのですね!!
その時のピロ朝さまの様子も気になります。

そして由良さまの為に祈る常盤と子供たち、というとこでしたね。

続きはまたー。

スポンサーサイト

C

omment

NoTitle
大きなお仕事、無事終えられたようで何よりでしたね!
お疲れ様でした!!

「PON!」そんな素敵な蔵さんエピソードが放送されていたとは!
わたしも見たかったなあ!
でもフーガさんのブログで楽しく読めたから満足です♪
ぜひぜひショートストーリーの味噌汁編、描いて下さいませ!


「平清盛」のこの由良とのシーンは泣きそうだったけど、でも
由良さま、愛されてて良かったね、と思いながら観てました。
義朝さまの愛を感じながら最後の時を過ごすことが出来たんですもんね。
ちょっと羨ましかったですよ。

TAK URL | 2012/09/08 00:26 [ 編集 ]

>TAK様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>大きなお仕事、無事終えられたようで何よりでしたね!
お疲れ様でした!!

ありがとうございますー。まだ色々あるんですが、とりあえずホットしました。

>「PON!」そんな素敵な蔵さんエピソードが放送されていたとは!

そうなんですよー。新聞とかには出てなかったんですが。

>ブログで楽しく読めたから満足です♪
ぜひぜひショートストーリーの味噌汁編、描いて下さいませ!

そうおっしゃってもらえて何よりです。私もTAKさんにご覧いただきたかったのですがー。
味噌汁篇、脳内には出来上がってますが、
本当に書くかどうかは暫しお待ちを(笑)

>由良さま、愛されてて良かったね、と思いながら観てました。 義朝さまの愛を感じながら最後の時を過ごすことが出来たんですもんね。 ちょっと羨ましかったですよ。

幸せなラストですよね。私も羨ましいです。
愛する人からあんなに愛を感じることができて、見送ってもらえて。私もあんな風に死にたいですー。

フーガ URL | 2012/09/08 23:52 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク