八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

熱海と「のだめ」コンサート

今日の「平清盛」もピロ朝さまきましたね!!

東国時代を知ってる皆さんで、息子頼朝と比べながら、
「パパが若い頃はあんなに凄かったのに」話(笑)


確かに東国武者修行中のピロ朝さまは
血気盛んでオラオラの怖いもんなしでしたから。


若い頃の戦うピロ朝さま、にこやかに酒を飲むピロ朝さま、

って笑顔で酒を飲むのは初めて観た気が!

そして清盛との一騎討ちのシーン。押し倒されたくだりとか。

素敵なチョイスでしたね!

やはり麗しき源氏の棟梁を
皆惜しんでいるのですねー。


きっと天国のピロ朝さまもドヤ顔で
「そうだろうそうだろう」と頷いてますよ。


またちょいちょいでいいので、回想で登場していただけると
ワタシトテモウレシイ(ミルヒー風)

そう!何故ミルヒーかというと

今日、熱海で「のだめコンサート」がありまして
(のだめ公式ではないですよ)
それに行ってきたんです。


相方は、いつもの友人まーはん。朝から行ってきましたー。

鈍行でのんびり熱海までー。10時半頃に到着してー

先ず、早速カフェで早いランチです。
本当は違うメニューが食べたかったけど、それはまだやってなくて
3色どんぶり食べました。

熱海
ゆでたシラスと生のシラスと、生の桜海老。

うちの地元は全部これが豊富に食べれるとこなので、子供の頃から
さんざん食べてまして、全然珍しくもないんですが(笑)一応。
美味しかったですよ。

追加でミニデザート食べました。バニラアイスにジャム。
熱海2
桃の手作りジャムなんですー。コンポートみたいで美味しかったですー。

ちなみに熱海の商店街内にある「CAFE KICHI+」ってとこです。
前回行ったときはこのカフェの姉妹店のほうでお茶しましたー。

何でこんな早く食べてるかというと、この後食べる時間と食べる場所が無いから(笑)

そんで食べてすぐに路線バスに乗って

「MOA美術館」へ!

熱海3
今回美術館の「能楽堂」でコンサートが
あったんですよー。


庭園にこんな象が。ここはムア広場。
熱海4

後ろの階段のぼって、上から景色をパシャリ。
熱海5
今日は超天気良くて、凄く綺麗でしたよー。

で、美術館の中からも3階からパシャリ。
熱海6

海がよく見えますー絶景ですー。
熱海7

のだめコンサートと美術館の鑑賞券がセットになってたので、
ちゃんと観ましたよ。

初めてMOA美術館来たけど、凄いっすね!
広い!立派!熱海に来たら是非!


ちょうど今は「仏教美術の名作」っていう作品展で、
仏教絵画とか、工芸品とか、曼荼羅とか、お釈迦さまとか
そんな作品だらけでしたねー。神々しかったですよ。1回拝んだ(笑)

そうそう、清盛のこの間の特番(女性キャラ篇の)で
深キョンがMOA美術館に来て、政子と頼朝ゆかりの「曼荼羅」を
鑑賞してましたけど、それはもう無かったんですー。


その展示は別の作品展ので、9月3日までだったそうな。惜しい!

今は「伊豆山神社」に戻されてるそうですー。
神社に行っても見れるかどうかわからない、ってスタッフさんに
教えてもらいましたよ。そんな貴重なものだったのね!

タイムリーな作品展を楽しみつつ、あとは常時展示されてる作品も楽しみ、
なんだかんだで1時間30分かかりましたかね。
2時間はかからなかったけど。

まだコンサートまで時間があるので、美術館敷地内にある
「茶の庭」エリアへ行ってみました。

熱海9

色々観てー、
その中に「一白庵」て茶室がありまして

熱海10

ここでお抹茶と和菓子をいただきましたー♪
(写真禁止なので撮ってませんが)

美味しかったですー。たてていただいたお抹茶をいただくなんて
何年ぶりやらー。優雅な時間でしたわぁ~。

しかも早くランチしたから凄くお腹がすいてて(汗)ちょうど良かった。

美術館の中にレストランはあるんですが、メニューがあまり無いんです。
うどんとか、カレーとかばっかりで。
だから駅前でさっさと食べた方がいいと思って、早く食べたんですよ。

茶室からはこんな素敵な庭が見えるんですよう。
熱海11

で、ここで少し休憩してー

中に戻って、景色が見えるソファーのとこでこれまた少し休んでー
お土産コーナー観たりしてー

美術館内の「能楽堂」へー。
13時30分開場ですー自由席ですー

今回私達が行ったのはこちら。
シンフォニエッタ静岡による
「第1回 熱海 室内楽 定期演奏会」の
「のだめカンタービレのコンサート
 ~ハルモニームジーク版~」

熱海12
というものでしたー。↑これはチラシ。

公式の「のだめオーケストラ」による「のだめコンサート」は
過去2回行きましたけどー

これはそれとは全く関係ございません(笑)

シンフォニエッタ静岡は、静岡の楽団です。

でも二ノ宮先生と縁があるんですよー。それはまた後で話すとして

「能楽堂」に入場~
熱海13

私達はこのあたり、前方に座りましたー。
熱海14

本当に「能」の舞台を使ってのコンサートなんです。
なんとも不思議な光景。


この通路も長い。
熱海15

14時 開演!

「のだめオーケストラ」は、実写版の「のだめ」内で演奏される曲を演奏してましたが、

今回のコンサートは、「原作のだめ」、漫画の中で
使われてた曲しかやってません。
なので、マニアックといえばマニアック。


先ず1曲目

ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲


これは原作16巻で、千秋先輩がパリのマルレ・オケと
定期演奏会で披露した曲ですー。

実写版だと映画「のだめ前編」で、
千秋先輩が
チャイコフスキーの序曲「1812年」を指揮する
という風に変わってますね。あそこです。


このコンサート「ハルモニームジーク」スタイルでして、
オーボエ・クラリネット・バソン(ファゴット)・ホルンそれぞれが
2名の、合計8名を基本編成とする管楽器による音楽なのです。


だからオーケストラの迫力とはまた違うんですがー、

やっぱ「映画版」は「1812年」にして正解だったな、って改めて思いましたね。

「ウィリアム・テル」も凄く良かったんですけど、
「1812年」を観てるとねー。映画は原作とは違う選曲で成功したなと。

で、序曲が終わって演奏者が一度退場した後に、
指揮をされてる中原朋哉さんの解説タイムになりました。


「のだめがテーマだから来たってお客さんどのくらいいます?」
ってなったときに、結構手があがったのと、

それとは反対に「のだめを全然知らない」ってお客さんもちらほらいたので、

「のだめカンタービレ」の原作本片手に、作品説明をしてました。

とにかく「本当によく出来た作品です」って
絶賛してましたよ。


中「指揮者じゃないと絶対わからない
  指揮者ならではの心情まで
  ちゃんと細かく描かれてて凄いです」

中「本当によく描かれていて、
  音楽業界でも高く評価されてますね」


と。

わかっているけど嬉しいですよねー。

で、色々解説がありましたー。
この指揮者の中原さんトークが上手なので、MCタイムが凄く楽しかったです。

そしてこの中原さんもプロフィールも拝見すると
凄い経歴で、世界的に活躍されてる指揮者さんでした。

続いて

モーツァルト:歌劇「魔笛」より

・序曲
・私は鳥刺し
・恋人か、女房か
・パパゲーノ!本当にお前はおいらのものか?


です。

こちらは原作1巻で、千秋先輩が当時付き合ってた彩子が歌ってます。

続いてはトークコーナー

バソン奏者の、小山 清さんによる
「バソンについて」のお話です!


この小山さんは、

二ノ宮先生が原作のだめを書いてるときに
バソンについて取材をお願いした人なんですよ!


物語にも出てきますが、世界の主流は「ファゴット」で、
日本も例外ではなく、

なんと国内でバソンが楽団に入ってるのは
この「シンフォニエッタ静岡」だけらしいです。


アジアを見渡しても、無いらしい。
ヨーロッパにはまだ少しバソンが残ってるそうですが。

そんな貴重な楽団だったとはー。静岡県民なのに知らなかったー。

ということで、二ノ宮先生が
小山さんに取材をお願いしたそうです。


で、そのときのお話もしてました。

小「あるとき、二ノ宮先生からお電話がありまして。
  バソンについてお話を聞きたいと」

小「二ノ宮先生と、旦那さんとご夫婦で  
  取材に来られたんですけど、
  お二人ともお酒がとても好きだということで、
  私もお酒が好きなので、
  その話で盛り上がった思い出があります」


とのことでした(笑)

この小山さん、日本バソンの会の会長さんでして、バソン奏者として
とても凄い方らしいです。

で、ファゴット奏者もいまして(イケメン)

「ファゴットとバソンの音の違いを聴いてください」ってことで、

ファゴットとバソンで「ボレロ」を演奏したんですよ。

1回目はファゴットがメロディを吹いて、バソンが伴奏、

2回目はバソンがメロディで、ファゴットが伴奏っていうふうに。


全然違う!!

ファゴットは確かにオーケストラ向きなんだな、ってのはわかりましたね。
音が馴染みやすいというか。

バソンはなんというか、個性的でした。存在感がある音っていうか。
私の素人耳はそう思いましたねー。

小山さんいわく
「バソンはとてもいい音を出すんだけど、扱いがとても難しい」
んだそうです。だからファゴットに流れちゃったんでしょうかね。

なんて話しつつ

小「”のだめ”のおかげで、バソンが
  有名になりまして、私も嬉しい限りです」


とのことでした。
演奏者でもバソンを知らない人が今まではいたくらい、そこまでメジャーじゃ
なかったそうです。

あと余談ですが、小山さんが

「”ボレロ”は本当に難しい曲なんですよ。打楽器の奏者は本当に大変」

みたいなこともおっしゃってましたねー。

この小山さん、とにかく素敵な上品なおじさまでして、
なんてバソンがお似合いなのだとうっとりしましたよ。

そんなトークタイムがありましてー

続いては
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より
・序曲
・お手をどうぞ
・みんな楽しく
・みてらっしゃいかわいい人、いい子にしてたら
・もう食卓の用意は出来た


です。

こちらは原作22巻で、シュトレーゼマンがのだめちゃんを強引に
世界デビューさせるところで、
のだめちゃんと共演前に自分が指揮してやってる曲。

指揮者の中原さんいわく

「”ドン・ジョヴァンニ”は女たらしで有名。
 シュトレーゼマンも女たらしの指揮者、ということで
 共通点があるから二ノ宮先生はこの曲をチョイスしたのかな
 なんて思います。本当によく考えられてる作品なんですよね」


とのことでしたよ。

ここで20分間の休憩~。

その間にアンケートを記入しましてー

続きましては中原さんのMCで曲説明がありましてー

ラストはご存知

ベートーヴェン:交響曲第7番

ただ、オーケストラの演奏とは違って

「ハルモニームジーク用」にベートーヴェンが編曲したというバージョンなんです。

原調より1音低くアレンジされてるのが特徴だそうな。
確かにちょっと違うなーっていう。


・第1楽章~第4楽章まで

多少カットされつつも一気に演奏してくれました。

いやーーベト7は血が騒ぐよね!!
自然と手が動くわー!


のだめコンサート以来、生でこの曲の演奏を聴くのも久しぶりだったんで
嬉しかったですねー。

千秋先輩に会いたいー!

猛烈にドラマ~映画版まで一気に観直ししたくなりましたよ。
これから芸術の秋だし、ちょうどいいですよねー。

いやーとても素晴らしい演奏会で
感動いたしました。
ありがとうございましたー。


今回演奏会に来たお客さんには無料でこのお茶が配布されたんですよ。
藤枝市が作ったお茶「藤枝かおり」

熱海16
普通の緑茶とはちょっと違いますねー。なんかジャスミンぽい感じで。
美味しかったですよ。

終わった後はまた路線バスで熱海駅に戻ってー

喫茶店に入りました。「藍花」っていうとこ。
白玉クリームあんみつ、うまし!抹茶ソースです。
熱海17

で、おみやげ買って、また鈍行で帰宅ー。

いやー今日は充実してたなぁ(笑)

ピロシは関係ない「のだめコンサート」ですが、
久しぶりにのだめの世界に浸れて楽しかったです。


やっぱ、のだめはいいよねー。

スポンサーサイト

C

omment

MOA美術館
つい2週間前に行ったんです!
見ましたよ、政子ゆかりの曼荼羅。番組のことはすっかり
忘れてて、見てから思い出したんですけど(笑)
政子の髪で描かれたという梵字が黒々として迫力ありました。

のだめコンサートのポスターも見てて、あ、やるんだ
と思ってたので、フーガさんのレポうれしいです!
音楽に浸れて楽しくお話も聞けるっていいですよね。
私ものだめは原作から大ファンなので、
たまに原作も読みたくなります。
で、ドラマもまた見たくなっちゃうんですけど。

あと、ランチの三色丼おいしそうですね!
知らなかったです
私たちは駅よりの食堂みたいなとこでアジ刺身定食と
イカメンチを食べたのですがなかなかいけましたよ。

fuku URL | 2012/09/10 14:17 [ 編集 ]

>fuku様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>つい2週間前に行ったんです!
見ましたよ、政子ゆかりの曼荼羅。

そうだったんですね!いいですねー羨ましいですー。
私も見たかったです。

>髪で描かれたという梵字が黒々として迫力ありました。

それが見たかったんですよねえ。

>フーガさんのレポうれしいです!

ありがとうございます。そう思っていただけて光栄ですー。

>音楽に浸れて楽しくお話も聞けるっていいですよね。

はい、とても上質な時間でした!

>原作から大ファンなので、 たまに原作も読みたくなります。
で、ドラマもまた見たくなっちゃうんですけど。

同じくです。私も最初は漫画からなので、両方大好きですー。

>あと、ランチの三色丼おいしそうですね!

ありがとうございますー。

>アジ刺身定食と イカメンチを食べたのですがなかなかいけましたよ。

いいですねー。特にイカメンチ美味しそうです。

フーガ URL | 2012/09/10 22:29 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク