八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

3/10昼ホテルマジェスティック」レポ⑦

昨日帰宅したら関西の玉友さんからこんな素敵なものが!

USJ限定版SMAPシングルと!
剛が5人旅でかぶってた
スパイダーマンマスク!(笑)

USJ
スゲーー!先日お子さんとUSJに行かれたらしく、私にもお土産なんだそうです。

開いた瞬間「ぷっ」てふいちゃいましたから。凄いチョイスです。
ありがとうございます!か・・か・・かぶってみます(爆)

では、舞台観劇レポの続きいきます。

★記憶をたよりにやってますので、台詞が違う、
 これはここじゃない、流れが違う等々、
 ご指摘があるかと思いますが、雰囲気だけどうぞ。


3月10日昼公演の続き


ステージ中央で急接近したピロ一さんとサタさん。

2人が見つめあった次の瞬間、ドーン!と近くに爆撃音が。
ホテル近所らしい。

ピロ一さんはサタさんを抱き寄せ、そのまま抱きしめます。
爆音が聞える度に、さらにギュッときつく
抱きしめるのです!


ここは色んなとこで写真出てるのでイラストは描きませんけどもー

こんときのサタさんの頭を包むような
大きな手に胸キュン!
サタさんの抱きしめ方に愛が溢れてたわ!


「俺はこの人を命にかえても守る!」
っていう想いが、ピロ一さんの表情や
仕草から滲み出てましたねぇ。


長身のピロ一さんと、小柄なサタさんの身長差・体格差が抜群でしたね。
すっぽりと胸の中におさまる感じ、たまらん。

そしてこのまま暗転・・・第一幕目がここで終了なのです。

はい、ここで15分間の休憩ターイム。
毎度この時間はトイレめがけてダッシュですよ。

で、後半戦。第二幕目のスタート。

明るくなると、ステージ上にはサタさんと大河内さんと湯川くんの3人が。
何やら不穏な空気・・・深刻な場面?と思いきや

サ「だーるーまーさーんがこーろーんーだ!」

その言葉に合わせて、まさに「だるまさんが転んだ」をやる大河内さんと湯川くん。
ぴたっと2人で止まってます。

ここ、毎回アドリブで色んなポーズしてましたねぇ。

しかし大河内さんはすぐに崩れちゃってアウト。
そんな中、平良さんが「私にも仕事をください!」とキンキン言いながらやってくるのです。

和やかな雰囲気壊すなよーってな感じで大河内さんは相手にしません。
そして湯川くんのポーズをさらに無理な体勢にしていく大河内さん(鬼)

でもさらに「何で私の写真は使ってくれないのか」と訴える平良さん。

自分も戦闘機に乗せてもらえるようになったし、ちゃんと最前線に行ってると
訴えるのですがー

大「40番機でな」

と小ばかにされます。

1番最後に飛び立つ40番機にやっと乗せてもらえるようになったらしい平良さん。
しかしそれでは大河内さんからするとお話にならないのです。

平「自分が、女だからですか?」

めんどくせーなーって感じで溜息つく大河内さん。確か途中でゲームやめさせますよね。

大河内さんに軽くあしらわれ、イライラしながらソファに座る平良さん。

平「澤田さん、まだ帰ってこないの?」

その言葉にピクッと止まるサタさん。

誰よりも1番心配で不安でたまらないのに、それをグッと堪えて
気にしないようにしてたんでしょうねー。

「サタさん・・・早く続けてくださいぃ・・」と静止ポーズのままの
湯川くんが懇願します(笑)

「あーごめんごめん」とサタさんは続けようとするのですが、

ここで平良さんが

サ「湯川くん動いたー」

とまだゲーム継続させてたサタさん鬼(笑)

↑ここの流れがもう、どこの前後だったか定かじゃなくなってます。

大「澤田が出て行ってもう2週間になるなぁ」

みたいなこと言ってませんでしたっけ?

サ「取材に行ったっきり。もう20日になるかしら・・・」

みたいなことも言ってませんでしたっけ?

あれ?どっちだっけ?ってわからなくなってる今日この頃(笑)

なんやかんやありますが、サタさんは

サ「大丈夫。澤田はもうすぐ帰ってきます」

ってなことを言いながら気丈に振舞うのです。

そこへ突然扉が開いて
雨の中、ピロ一さんご帰還!


澤「ただ今戻りました!」

ピロ一さんが登場するだけで
パッと舞台がさらに華やぐよね。


大「おお!澤田。無事だったか!」

澤「長いこと空けてすみません」

大「ご苦労さん。これ使え」

とタオルだったかしら?ハンカチ?を出す大河内さん。
ピロ一さんは機材を守るように抱えていたので、本人はびしょびしょなのです。

サタさん、無事に帰ってきたピロ一さんを見て感極まってる感じが伝わってくる。
誰より控えめにそっと近付くサタさんがいいですよね。

サタさんに気付き表情が変わるピロ一さん。

サ「お帰りなさい」

このこの”お帰りなさい”に色んな思いが凄い凝縮されてましたねー。
深かったわぁ・・・しみじみきた。

口では「心配いらない」と言いながらも
実は心配でたまらなかったというのが何も言わずとも全身から出てましたね。

澤「戻りました」

と頭を下げます。
「無事に帰りました。心配かけてすみません」って心の声が聞えたわー。

大「成果はあったか?フィルムは?」

澤「はい。一応何枚かは・・・」

そう言ってショルダーケースの中からフィルムが沢山入ったビニール袋を取り出し、
それを布で拭いて大河内さんに渡します。

大「おおー!でかした!ありがとう!」

「まだ印刷間に合う!明日の紙面に載せるぞ!」と大興奮な大河内さんに対し、
「現像した写真を見てもいないのに掲載決めるの!?」と憤慨する平良さん。

大「見なくてもわかる!ピュリツァー賞受賞カメラマンが撮った写真だぞ!
  世界中が澤田教一が撮った写真を待ってる。」


みたいなことを言うわけですよ。

なんつーか、
「澤田教一が撮ったものなら何でもいい」状態な言い方。


その言葉をソファーに座って黙って聞いてるピロ一さんですが・・・

表情は決して晴れやかではなく、
むしろどんより・・

この状態を誰よりも喜んでいないのはピロ一さん本人なのです。

そこでやめときゃいいのに大河内さん、平良さんに怒鳴る怒鳴る。
大「さっき何で自分の写真が採用されないのかって言ってたな。
  この際だから教えてやるが、お前の写真が使われないのは二番煎じだからだ!
  どこかで見たことあるような写真なんか誰が見る!?」


みたいなことをズバズバ、ガンガン言うわけです。
平良さん悔しさで涙ぐんじゃってますよ。

それを聞きながらピロ一さんもなんとも言えない表情。

「澤田が撮った写真いくらか知ってるか?1枚600ドルだ!」
と言いながら、ピロ一さんの手首を持って上にあげる大河内さん。

こんときいつも密かに萌えてた私。

その金額に驚く湯川くん。疲れきってるピロ一さん、部屋に戻る模様。

澤「部屋でシャワー浴びてきます」

シャワー!?

シャ、シャワーは舞台で観れるんですか!?
観れるんですかっ!?(ハァハァ)


私の脳内は毎回ピロ一さんのシャワーシーン妄想しておりました。

そう言って階段上がったところで平良さんの言葉が飛びます。

平「いつからアメリカの奴隷になったの?」

その言葉に階段の途中で足をぴたりと止めるピロ一さん。

澤「奴隷?」

温厚なピロ一さんもさすがに聞き捨てならんわけです。

平「大手の通信社から引き抜きの話があるそうじゃない!結局は金なのね」

みたいなことを言うわけですよ(多分台詞違うけど)

その言葉にギョッとする大河内さん。

大「何!?引き抜き!?澤田本当か!
  ちょっと待ってろ!今本社に金あげるように交渉してくるから!」


みたいなことを言いながら、慌てて走り去っていく大河内さん。

他にも平良さんに「金の亡者」みたいな言われ方をされてませんでしたっけ?
なんかとにかく酷い言われようで、傷ついていくピロ一さん。

平良さんがいなくなった後に、2階の廊下からサタさんに本音をぶちまけます。

サ「あったりめぇだ!誰だって金は必要だ!
  少ないより多い方がいいに決まってる!
  俺は命をかけて撮ってるのに。
  なしてあんな言われ方をされねばならねぇ!」


みたいなことを言うわけですよ(これも多分台詞違う)

そんなピロ一さんを切なそうに見つめつつもサタさん一言。

サ「荒れてるの?」

澤「僕は荒れてなどいません!」

これ可愛かったね。

すると!!

「荒れてた荒れてた~!お前は昔っから人のいねぇところで一人で荒れてた~!」


と聞き覚えのある声が!

澤「その声は、なかじー!?」

そう!それは傘で顔を隠した「なかじー」だったのです!

「また来たんですか」みたいに驚く湯川くん。なかじーはまた仕事で出張中。

「ヘイ!ミスター湯川くん!元気だったかい!」と湯川くんに
向けて傘を回転させたりしてわざと水滴を飛ばすなかじー好き(笑)


湯「”ミスター”がついてるから”くん”は余計です」

この台詞も好き(笑)

中「ベトナムでこんなにもろだしの津軽弁が聞けるとはなー。
  何だ?何かあったのか?」

サ「色々あったの」

こんなやりとりがあった後に、2階から下りてくるピロ一さん。
ソファセットに座ります。もう1つのソファに座るなかじー。

「お前も凄いが、何より凄いのはサタさんだ」とサタさんを絶賛するなかじー、
ベトナムまで来る嫁さんは世界中探してもサタさんくらいだ、みたいな。

ピロ一さんの隣に座って腕を絡ませてご機嫌なサタさん。
「日本にいてもつまんないしね♪」
と言いながらギュって近付くの可愛い。

舞台31

中「こんな素晴らしい嫁さんをもらって、お前は本当に幸せもんだ」

澤「はい?わがっちゃった?」

舞台30
こんときのちょっととぼけつつも、自慢げな感じと
訛り口調がすげー可愛かった!


「なんだお前自慢してんのか」となかじーにつっこまれ

澤「自慢さして何が悪い。
  サタさんと結婚してから希望が持てた。
  夢が広がった。
  こったら幸せなことがあるか?
  俺は世界一の幸せもんだ!」


と隣に座ってるサタさんをグッと抱き寄せるピロ一さん。
男前!サタさん羨ましい!

舞台32

で、湯川くんが澤田夫妻に感化されて、日本にいる恋人のことを
ちょっと話したような気がする(記憶が・・)

なんやかんやあったあとに、大河内さんがやってくるんだっけかな?

大「澤田ー!今本社に金を上げてもらうようにお願いしたからな!
  いかないでくれ!」


と懇願みたいなことをしてましたよね。

澤「大河内さん、僕を拾ってくれたのはUPI通信です。
  安心してください。
  他の新聞社に行くようなことはしません」


と真っ直ぐに大河内さんを見つめながら言うピロ一さん。

大「澤田・・!!」

感無量の大河内さん。
「ありがとうありがとう!」と涙ぐみながら、澤田さんに感謝するのです!
しかし、第三者のなかじーは

中「何だ?引き抜きの話か?
  だったら金のイイ方にいけぇ~♪」


ここ最高(笑)

「お前は余計なこと言うな!」と大河内さんにキレられます。

澤「なかじー。積もる話もある。部屋さ来い」

ここは毎回妄想ポイントでしたよね!
今度詳しく話しますが(笑)


「僕も」と上がって行こうとする湯川くんですが、他の用事があって断念。

大河内さんとサタさん2人になったとき・・・

大「澤田が笑ってるの、久しぶりに見ました」

サ「私もです」

その言葉に驚く大河内さん。
自分の前で笑わずとも、愛妻の前では笑顔を見せていると思ってたに違いない。
そうじゃなかったことを知り、ピロ一さんの精神状態が深刻なことを
改めて痛感するのです。

サ「あの人、いつも寝ながらうなされてます。
  何の夢を見ているのか、 
  ”ううーーー!”って唸ったり、
  ”よせーー!”って叫んだり・・・」


ここの台詞を聞く度に、その寝ながら魘されてるとこも
観たかった・・と思う私(鬼)

さぞエロかろう・・・(生唾ごっくん)

澤田さんが夜もろくに眠れてないと知り、大河内さんも何か思い始めている模様。
表情が暗い。

サ「大河内さん、お願いがあります!」

大「・・・・」

そして暗転・・・

というところで切りまーす。続きはまたー。

スポンサーサイト

C

omment

忘れつつある、、、
フーガさんのレポがなかったら、もっと忘れていくと思うけど、、、レポで記憶が戻るからホントありがたい。
ありがと〜(≧∇≦)
フーガさんの妄想込みだから、つい笑ってしまうけど(笑)
寝てる時にうなされてるシーン想像したら、確かに相当エロいにちがいない\(//∇//)\
サタさんとの身長差にも萌えたし、サタさんの気丈に振舞うとこ、ピロ一さんのサタさん自慢なとこ、ここも大好きなシーンだらけでした。
毎回なかじーがいい味だしてたし(笑)

もう1ヶ月半も前だし、ますます大変だろうけど、続き楽しみにしてます(≧∇≦)

ニコ URL | 2013/04/25 00:07 [ 編集 ]

澤田夫妻
シリアスな展開からの
だるまさんが転んだにはやられました~。
回追うごとに湯川くんのポーズが
静止難解になってましたね(笑)

お帰りなさいのシーンは
二人のまわりだけ淡くあったかい空気
感じました。
印象深い再会シーンてしたねぇ…。

ソファーでの夫婦ラブラブぶり
あてられるというより、ほほえましくて
ほんわかした気持ちになりました。
ほんとこのふたりいいですね~。
たくさんのイラストで又記憶呼び戻されて
嬉しいです。

みさき URL | 2013/04/25 01:15 [ 編集 ]

よみがえります!
いつも感謝です。今日の場面、特に好きです!まさに「惚れてまうやろ」ですよね。あの手で包み込まれたら私が相手役だったら、仕事になりまへん(笑)しかし、レポだけでなく、解説&絵でより楽しく思い出しています。(わんこピロ一さんは本物玉木君のポスターの横に並べて置きたいです)もし、DVDがあったら毎日、激しくリピしてただろうなぁ~(遠い目)フーガさん、次もよろぴく(ずうずうしくてすみません)です!

ぴーこ URL | 2013/04/25 02:36 [ 編集 ]

>ニコ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。

>レポで記憶が戻るからホントありがたい。
ありがと〜(≧∇≦)

こちらこそですー。私も思いだすの大変で(笑)

>妄想込みだから、つい笑ってしまうけど(笑)
寝てる時にうなされてるシーン想像したら、確かに相当エロいにちがいない\(//∇//)\

絶対エロイですよ!これ。ハァハァ汗かきながら寝苦しそうなんて・・・

>ピロ一さんのサタさん自慢なとこ、ここも大好きなシーンだらけでした。
毎回なかじーがいい味だしてたし(笑)

なかじーはいいムードメイカーでしたよねえ。
サタさん自慢のとこ大好きでしたね、可愛かったし。

>ますます大変だろうけど、続き楽しみにしてます(≧∇≦)

ありがとうございます!もう後半が相当やばいです(汗)だいぶ忘れてます。

フーガ URL | 2013/04/28 23:11 [ 編集 ]

>みさき様
どうもですー。
コメントありがとうございます。
レスが遅くてすみません!

>回追うごとに湯川くんのポーズが
静止難解になってましたね(笑)

後半はえびぞりでしたしね(笑)
毎回あそこはいい箸休めみたいなとこでしたね。

>二人のまわりだけ淡くあったかい空気
感じました。 印象深い再会シーンてしたねぇ…。

はい。あそこはジーンときましたよね。言葉数が少ないからこそ余計に沁みてくるというか。

>ソファーでの夫婦ラブラブぶり
あてられるというより、ほほえましくて ほんわかした気持ちになりました。 ほんとこのふたりいいですね~。

可愛いですよねーあそこ。2人の嫌味じゃないラブラブが最高です。そういうシーンがあまりないからこそいいですよね。

>たくさんのイラストで又記憶呼び戻されて
嬉しいです。

ありがとうございます。イラストを喜んでいただけて嬉しいです。

フーガ URL | 2013/04/28 23:16 [ 編集 ]

>ぴーこ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。
レスが遅くてすみません!

>今日の場面、特に好きです!まさに「惚れてまうやろ」ですよね。

ですよねー。あれは最高ですよね、あの手の動き。

>レポだけでなく、解説&絵でより楽しく思い出しています。

ありがとうございます。楽しんでいただけて嬉しいですー。

>(わんこピロ一さんは本物玉木君のポスターの横に並べて置きたいです)

まぁ!そこまで気に入ってくださって光栄です。ありがとうございます。

>もし、DVDがあったら毎日、激しくリピしてただろうなぁ~(遠い目)フーガさん、次もよろぴく(ずうずうしくてすみません)です!

私もDVD欲しいです。私の記憶を頼りにするとだいぶ間違ってると思うんで。完成が見えませんが、頑張ります。

フーガ URL | 2013/04/28 23:22 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク