八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

ドラマ「BOEDER」感想と映画「青天の霹靂」感想

今日は久しぶりに有休とりましたー。免許更新っていう理由で。
ペーパードライバーのぴっかぴっかの免許です(笑)

私毎週木曜の夜は9時から「MOZU」を観ながら裏の「BORDER」を録画し、
10時から「最後から二番目の恋」を観ながら裏の「LIFE」を録画するという
忙しい状態なんですけどー


昨夜は小栗くん主演テレ朝9時「BORDER」
最終回でしたね!


頭に銃撃され脳内に銃弾が残ってから、死者の霊が見えるようになってしまった
刑事石川。殺害された被害者たちから直接犯人を知らされたり、
死者たちの意外な真実を知ったり、色んなドラマがあってとても画期的な
刑事ドラマだったのですがー

私これかなりハマってたドラマだったんですけど、
最終回ご覧になりまして!?

久しぶりにドラマを観て衝撃受けましたよ!

小栗くん扮する石川刑事と大森南朋扮する殺人鬼安藤との直接対決。
小学校低学年の男の子が連れ去られて殺される無残な事件を扱ってましたので、
ちょうどタイムリーな栃木県小1女子殺害事件のことが脳裏に横切りましたね。
男の子の霊が出てくるたびに切なかったな。あの子もきっとこんな風に、と。

男の子が犯人を教えてくれて、奴が犯人だとわかっているのに証拠が完璧に
消されていて警察は何も手が出ない。追い詰められて壊れていく石川。

安藤が見せつける「絶対的な悪」に対し、「絶対的な正義」で
対抗しようとしていた石川が、最後に超えてしまった一線。

そうか、これが「BORDER」だったのかと。

普通のドラマだったら絶対石川は安藤を殺せないんだよ。
でも「越境」・・・

人を殺せる人間と、殺せない人間の間にある
見えないけれど絶対にあるボーダーライン。それは本当に紙一重。


徐々に壊れていく危なっかしい石川を周りの人間が察していて
助けよう助けようとしていただけに、このラストが切なすぎる。

石川の肩を掴んだ安藤の一言・・

「こちらの世界へようこそ」

観終わった後、「怖ぇーーー・・」って呟いちゃったもん。ゾクッときた!

こんな凄まじく考えさせられて
胸に突き刺さるドラマ久しぶりだ!


小栗くんのラストの演技は秀逸ですよ!
絶望、怒り、悲しみ、悔しさ、驚愕、色んな感情が溢れだす鬼気迫る涙。
あの子、本当にいい俳優だわ・・・


サイモン&ガーファンクルのハッカーコンビが凄い好きでした。
あのキャラ好き、スピンオフであの2人の日常観たい(笑)

続編はいらないですね。私は。
あのラストでさくっと終わった方が余韻が残っていい。

好評だとすぐ続編や映画化にいこうとするけど、作品によっては
絶対やらない方がいいこともあるわけですよ。やって損するの多いし。

いやー本当に面白い刑事ドラマでした。次の作品は蔵さま出るのね。楽しみ。
「BORDER」最高にいいドラマだったので、ご覧になられてない方是非DVDで!

木曜に「acteur」を買ったのでその感想を書こうと思ったんですが、
今日映画を観てきたので、そっちの感想を書こうと思います。


静岡の警察署で免許を更新して、そのままセノバのシネコンへ!

またもや「幕末高校生」のデカい看板のとこで写メってしまった。
誰もいなかったので、ピロシのアップめで(笑)

看板

劇場入場口には「カミングスーン」ってことで
映画のポスターも飾られてました!

看板2
興奮して撮ってしまった。スタッフさんがいて恥ずかしかったので斜めから(笑)

観てきたのはこちら。
劇団ひとり監督デビュー作
映画「青天の霹靂」

カフェ2
パンフ買っちゃった。

これね、5月1日に映画を観に行ったときに劇場で予告を観て
予告だけで思わず泣いちゃったんすよ。それで観たいなと。

大泉さん元々ファンだし、コウちゃんも好きだし、主題歌ミスチルだし。

「青天の霹靂」、イイ!

原作は劇団ひとりの小説で、脚本も劇団ひとり&
ヒットメーカー橋部敦子さん、そして監督も劇団ひとり。

劇団ひとりさんはね、「元気が出るテレビ」の「お笑い甲子園」の企画に
出てた高校生時代の時から知ってるし、ずっと好きな芸人さんなのだけど、


天才だよこの人!
凄い才能っすよ!びっくりした!


喜劇と悲哀のバランスが抜群です!

色んなところで劇団&洋さんで番宣してるので、結構あらすじをご存じの方も
多いと思いますが、ざっくり説明しますと


大泉さん演じる売れないマジシャン晴夫は、何をやってもうまくいかない
父とも絶縁状態、母親は自分を生んですぐに自分を捨てた、
自分の境遇を嘆き、貧乏で、生きていくのに疲れている。

そんなある日、ひょんなことからタイムスリップしてしまう。
やってきたのは昭和48年の世界。そこで若かりし日の自分の両親と出会う。
そこから始まる色んな出来事、自分の生い立ちの真実を知る

っていうお話です。

テレビ等で散々あらすじを宣伝してたのだけど、実際映画を観ると

まぁ、実によく緻密に計算された伏線と
素晴らしい構成&脚本で感動しました!


冒頭の現代の晴夫のお先真っ暗な、自暴自棄な感じ、
頼りなくて、みじめで、どうしようもない、そんな姿と、
タイムスリップしてから両親と出会ったことで生じていく心の変化、
葛藤、憤り等々

その晴夫の複雑な変化を、大泉さんがとても繊細に演じてましたね。
ほんとあの人凄いよ。いい俳優だよ。

大泉さんは哀愁と人間臭さがある。
人のぬくもりを感じられる俳優さん。
コメディとシリアス、両方抜群。


若き日の母親と病室で語り合うとこ、泣けたわー。

そしてラスト、すっげーかっこいい。
本当に大泉さん、すっげーかっこよかった!
痺れた!惚れ直した!


しかも「マジシャン」という設定なのでマジックをする場面がかなり多いんです。
というか、「マジック」がこの映画の大きな芯にあって、
それを通じて父親と息子が交流するわけなのだけど

その「マジックシーン」、大泉さんが全部やってます。
プロの吹き替え一切なし。
猛特訓してここまで仕上げたそうです。


素人がやってるとは思えません!
すげークオリティ高い!


スクリーンで観て違和感ないんだから、本当に凄いよ。
大泉さん、凄い。凄すぎる。あっぱれ。


コウちゃん演じる若き日のお母さんがまた素敵なのよ。
母性溢れた本当にいい演技で。

劇団ひとりさん演じる昔の父親もね、どうしようもないダメ男だけど
不器用で人情味があって憎めない男でねー。良かった。

やはり芸人さんの監督作品ならではというか、
芸人の描き方が上手いし、ネタのシーンが本当に面白いし、テンポもいい。
ひとりさんと大泉さんの相性もいいから、かなり笑えます。


だけどそこかしこに哀愁があって、切なさがあって
親子愛に泣けます!


私も泣きましたけども、レディースデーで女性客が多かったせいか
嗚咽しちゃってる声が聞こえてきましたよ。「うえっ、ぅっ」って。
周り全員泣いてましたね。それくらい涙腺にグッとくる映画でした。

また、ミスチルがこの映画のために書き下ろした新曲
「放たれる」が名曲すぎる!

エンドロールで流れるこの曲を聴いてまた泣けた。
メロディも素晴らしいけど、作品とリンクしてる歌詞がもう(涙)

2時間あってもつまらない映画も多いというのに、
1時間36分という短さの中に
これだけ濃厚な人間賛歌を
描き切った劇団ひとりに拍手です!


これは是非とも皆さん、ご覧いただきたい!

人生にうまくいかずに悩んでる人がいたら、本当におすすめですよ。
絶対何かヒントになると思います。

そしてご家族とうまくいっていない方にもぜひ。
自分が生きている意味が分からない方も是非。

どんな人間にも父親がいて、母親がいるのだと。そこにいたるまでドラマがあるのだと。
望まれて生まれてきたのだと。自分は決していらない人間なのではないのだと。


そう思える素晴らしい作品です。絶賛公開中なので映画館へゴー!

その後4月にオープンしたTSUTAYAのカフェに移動し
初めてお茶しました。ここずっと入ってみたかったのよね。
代官山のおしゃれなTSUTAYAみたいなのが、静岡の街中にも
できたんですよ。本屋・CDショップ・カフェが一緒になった素敵空間。

ショコララズベリー?とかのアイスラテを飲みながら読書しておりました。
カフェ
パンフも読んだりして満喫。

その後、会社の飲み会に参加すべく鷹匠に移動したのでしたー。
グループ会社の人が結婚して、その人の奥さんお披露目会に呼ばれたのです。
新婚さん、いいなぁ。
ご飯ご馳走になってしまった。美味しかった。ごちそうさまでしたー。

ではでは。

スポンサーサイト

C

omment

観る観る観るー
私もこれは絶対観ようと決めていたけど、フーガさんの感想だけでウルウルきてしまった(笑)
最近の涙腺の緩さには自分でも愕然とする程だけど、年々ヒドい、、、(;^_^A
早く観に行きたくてウズウズしてきましたよ。

ピロシの看板も写メらなくてはね〜(≧∇≦)

ニコ URL | 2014/06/07 12:01 [ 編集 ]

>ニコ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>私もこれは絶対観ようと決めていたけど、フーガさんの感想だけでウルウルきてしまった(笑)
最近の涙腺の緩さには自分でも愕然とする程だけど、年々ヒドい、、、(;^_^A
早く観に行きたくてウズウズしてきましたよ。

おお!嬉しいですねぇ。私の感想でウルウルきてもらえるなんて光栄ですよ。
涙腺いいじゃないっすか、ゆるゆるでいきましょう。
泣くとスッキリするんですよね。私もよく泣きます。

>ピロシの看板も写メらなくてはね〜(≧∇≦)

はい。静岡で看板があるんだから、そちらはもっと色々あるんじゃないっすかね。是非映画館へー。

フーガ URL | 2014/06/08 21:50 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク