八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

色々あった新年ジルデコライブ

10年ぶりの「ナニワ金融道」復活!
緒形さんいないし、Pも違うのが残念ですが、
面白かったわー「新:ナニ金」


しかし何故に灰原さん(中居)は、
洋子にあそこまで肩入れするんだ!?

一目惚れと言えばそれまでだが(笑)

何だろう、今までも毎度ヒロインを必死で助ける灰原さんなので
これでいいんだけども、今回は蓮佛さん演じる「洋子」より

桜庭みなみちゃん演じる「雨宮さん」の方が
キャラがたってるし、過去もドラマチックだし
こっちに共感しちゃうよ。灰原さんに片思いだし。


灰原さん、雨宮さんを幸せにしてあげてー。想いに気づいてあげてー。

連ドラなら今後の展開が色々ありそうなのに、単発だからなー。
次はあるのか、いつやるのかさえわからないのが残念だわ。
しかし、亡き社長(拳さん)の存在感がまだちゃんとあって
皆が大事にしているのが良かったよ。拳さん、天国から観てくれただろうか。

さて今日は友人まーはんとパン教室やら厄除けやら色々やってきましたよ。
その話題は今度にするとしてー

今更ですが、
★1月3日(土)の話


色々あったので、ブログに書くのはどうしようかと思ったのですがー、
今迄も我が家のことを正直に書いてきたので「日記」として書いておきます。

この日は「ホテルセンチュリー静岡」の毎年恒例正月のジャズフェスティバルに
ジルデコが出るということで、私は昨年の秋からチケットを入手し、
しかも「かなりの良席」を用意し!気合入りまくりだったのですよ!

チケット
正月だし駅前だしってことで、今回は久しぶりに母親も「行く」と言ったので
さらに楽しみにしてたわけですよ。

午後3時からジャズフェス開演なので、
2時半にはホテルに到着するように家を出て、親子3人久しぶりに電車へ乗車。


1月3日の午後、天気もいい、電車の中は混んでて座れず。
父と私は同じ扉から乗車、母は別の扉から乗車しました。

私は扉の近くに立ってて、父は私の斜め後ろの方の席前につり革握って立ってました。

無事に2時過ぎに、静岡駅到着ー。
さて、降りるか~ってときに

「人が倒れたぞ!」
「頭打ったんじゃないか!?」


って声が後ろから聞こえたわけです。

え!?って振り返ると人垣が出来てます。

えっと・・そこらへん、うちの父親立ってませんでした?

何かイヤな予感がして近づくと、人垣の隙間から倒れてる人の足が見えました。

え!?
お父さんの靴とズボン!?


嘘だろ!?と思って人垣割って入ると

お父さん!!(驚愕)

なんと、うちの父親が青白い顔して
仰向けに倒れてるじゃないですか!


急いで近づいて、震える声で
「お!お父さん!」って呼びかけるもピクリとも動かず。


次の瞬間、私は電車の外に飛び出しました。
駅員さん呼ぼうと思ったわけです。


いつも使ってるホームだから「確かこの辺りにいつもいたよな」っていうとこに
「すみませーん!すみませーん!」て叫びながら行くも、いない。

車掌さんを探して後方に走ってました。
先頭行けばいいのに(苦笑)


もうね、まさに「気が動転」。

今思えば、教習所で習った「大丈夫ですかー!?」って呼びかけて
呼吸確認して、とかやるべきだったのに。

周りにいた乗客のおじさんやおばさん達に任せたんですよ。父親のことは。

それより私は「駅員さんに知らせなきゃ」
の方に意識がいったんですよ。


ちょうど電車が静岡駅到着したところだから、何も知らせないとこのまま
すぐ発車しちゃう!ってすっごい焦ってしまって。
「すみませーん!!電車とめてくださーい!!」って叫んじゃった(汗

それなのに焦りが空回りにして、母親に父親が倒れたことすら教えなかったし。

結局駅員さん見えなくて、急いで父の方に戻ったら
乗客のおじさん達に支えられて、電車の中から出されるとこでした。
母親も騒ぎに気づいて驚いてて、私の声が聞こえたのか駅員さんも集まってました。

電車はその後すぐ発車しました。ほとんど遅れはないと思います。
本当にお騒がせしました(汗)

父親は意識はほとんどない感じ。
支えられて起こされてるっていう。


中高年のご夫婦の方が親身になってくださって、助かりました。
ありがとうございました。

その方たちからバトンタッチして、私が父を抱きとめて支えます。

完全に力入ってない。私が抱いて支えてないと
そのまま崩れ落ちるだろうっていう。意識もない。

私の肩に顔埋めちゃってますもん。

とにかくすんごい低体温で。異常に冷たい。

駅員さん達が「ベンチに移動させられますか?」って聞いてきたんだけど、
ベンチが近くになくて「あそこまで無理です」って言って。
「担架か車いす持って来ましょうか?」って聞かれたから
「どっちでもいいからお願いします!」って。
すぐに持ってこられるのが車いすってことだったから「車いすお願いします」って。

「救急車呼びますか?」って聞くから
「救急車呼んでください!」って駅員さんにお願いしました。


もう、内心、この間もすっごい焦った。

すぐ車いすが来て、そこに座らせました。
まだ父の体が異常に冷たい。顔、真っ青。
生気が無い。


「痙攣がありますね」って駅員さんに言われ、余計に焦る私と母。

「こうやって、人って死ぬんだろうか」
「このままお父さん死ぬんだろうか」
って脳裏をかすめたよマジで。


だってね、72だよ、うちの父親。
そういう年齢の人が卒倒したら
心筋梗塞か、脳梗塞か!?
みたいに思っちゃうじゃん。


長年糖尿病でずっと通院してる、
っていうベースもあったので余計に。


しかも倒れた状況見てないし、どう倒れたのかもこの時点でわかってなかったから。

呼びかけると瞼がぴくってしたから、意識はうっすらあるのか。
しかし朦朧としててぐったりしてます。

救急車は駅の南口に着くからと、駅員さん達の誘導で、駅員さんが父の車いすを押して
私は寄り添いながら駅構内を走りました。

その頃には父の体温が少し戻って来ました。
温もり感じた!意識も戻って来た!?
とりあえず安心しました!


で、南口到着。救急車まだ来ず。
母親の姿が見えないので母親の携帯に電話したところ、連絡とれた。
「南口に来い」ってことを話しました。

そんな中、兄が走って来た!
え?何故ここに!!


うちの母親が兄に電話をかけたらしく、
会場から飛んできたのだそうな。


しかも、心配してメンバーまで一緒に来てくれた!
(歌姫さんではなくイケメンさんの方です)


すぐに救急車到着、父が担架で乗せられます。
私と母が一緒に乗り込みました。


書類とか私が全部書きました。母も興奮状態なので。

その頃には父はだいぶ意識が戻って来ていて
自分で症状を説明できてました。


幸い、「膝を曲げてください」「手を握ってください」等々の指示に
父がちゃんと応えられていたので、ここで本当にホッとしました。


麻痺が残るような、そういう類の大病ではないんだなとわかったので。


父のかかりつけ総合病院に行って欲しかったんだけど、そこの病院は
正月の救急当番ではないらしい。


その時、またびっくりしたこと判明。
私と母が「今もかかりつけ」と思ってた父が通院した総合病院は、今は通っておらず
別の個人クリニックが今のかかりつけらしい。

父が某クリニックの名前を言うから、「え!?お父さん違うでしょ?●●病院でしょ?」
って。私と母が慌てちゃいましたよ。頭やられたかと焦った(汗

某病院の父の担当医だった人が、昨年から個人クリニックに移っていて、
その関係で通院はそっちなんだとか。私と母全然知らなかった。

でもその受け入れ先の病院が決まるまでが
長く感じたわー。10分もかかってないのに。


その間も兄と、メンバーのにーさんが
心配そうに外で見守ってました。


兄からも電話きたりLINEきたり、連絡とってましたね。

あぁ、こんな形で新年一発目に会いたくなかったよ、tさん・・・
会えて嬉しいけど、切ない。


まぁ、父が大丈夫だとわかったので外にいるtさんに向かって
笑顔で会釈した私なのですが。
tさんも心配そうな顔をしながらも微笑んでくれました。きゅん・・・

で、兄たちに見送られながら救急車発車。病院へ搬送。
15分もかかってない。市内ですぐなので早かった。

私と母は手続きのため受付に。父は救急処置室へー。

ここでも母に代わって私が色々手続きしてました。母も一気に疲れたみたいで。

なんせ正月で救急外来限られてるので、人でごった返してました。
すんごかった。しかも年始にわざわざ来るくらいなので大変そうな皆さんが・・・
そういう方々を席に座らせて私はずっと部屋の端で立ってましたね。

で、どれくらいかな。1時間くらいかかって
ようやく私と母が呼ばれました。

父は点滴を打ちながらベッドに寝かされてます。
点滴のおかげか顔色も良くなって、受け答えもしっかりしてる。

先生いわく頭も心臓も全部調べたけど、異常なし!
だったそうな。
良かったああ!!


混んでる電車の中でずっと立っていたことにより、
脱水状態から来る「貧血」みたいな、
そういう失神って感じらしい。

老人や子供ではたまにあることなんだとか。

女性が倒れたら「貧血」って思うけど、じーさん卒倒したらビビるじゃないっすか。
まさかこの年代の男性でも貧血ってありえるのね。しかも脱水!?
父はちゃんと水分とってるイメージだったのでびっくり。冬だから気づかないのか。

ちなみに父は東静岡駅くらいから何か気持ち悪くなってきて、
冷や汗みたいなのが出てきて、あっという間に目の前が真っ暗になって、記憶が無い。
ということだとか。この間たぶん5分もない。


確かに症状を聞くと貧血みたいね。
倒れたときに頭も打ってなかったのも良かった。速攻で兄にLINE送ります。

「特に異常もないので点滴終わったらすぐ帰れますよ」
ってなことを女医さんから言われたんですが

父が横になりながら
「この後、ライブあるんですけど行ってもいいですか?」
って聞いてて、ウケた。


もちろんドクターストップです!

処置を受けながらも、それ聞いたらしい(笑)
どんだけライブ行きたかったんだろう。

「帰りの電車はやめた方がいい。(行で使った)自転車乗るのも今日はダメ。
 静岡からタクシー使った方がいい。今日はお風呂やめて」ってなことを注意されました。

あと「今回の検査で引っかからなかっただけで、数日後に症状が出るとか
じわじわ出血がある、とか、そういう可能性も無いとはいえないのでしばらく安静に」
って言われました。


父は大丈夫ってことがわかったので、
私だけライブに駆けつけることで決定。

3席分も空席にするわけにいかないので。

両親も「自分たちの分まで行ってきて」と言ってくれたので、あとは母に任せて
タクシー飛ばしてホテル直行ですよ!

で、16時25分くらいですかね。
会場到着。

ジャズ
「センチュリー ジャズフェスティバル2015」

5Fの大宴会場を使っての新年恒例イベント。もう15回目?らしい。
国内の実力ジャズバンドやアーティストを呼んでるとか。

ドリンク&フードチケットもあって、会場前のロビーではこんな感じで
軽食やドリンクバーがあります。

ジャズ2
会場レイアウトも確認。私はステージ向かって右手。
ジャズ3
これを見てたら、ジルデコファンの常連さん2人がいて新年ご挨拶。

中に入るとちょうどマネージャーさんがいたので、ご挨拶。

ライブ始まるので急いで席へ!
3席とったのに!2列目なのに!
くー!いい席なのに両親来れず!もったいない!


しかもこのバカでかい会場!
豪華なステージ!お客さんもいっぱい!
嬉しいー。


ちなみに私の席からはこんなんですよ。
(これはライブ終了後、次のバンドのセッティングのとき。撮影可のとき)
ジャズ4

16時30分過ぎかな?
ジルデコのライブステージ開演!


今回このイベントには初参加で、ジルデコ初めてのお客さんが殆どだろう
ということで、MCではメンバーが緊張してるのが見えましたね。

曲は10曲近くはやったのかな。
ジャズのカバーも入れつつ、代表曲、最新曲色々織り交ぜてやってました。


最新アルバムから「月光」っていう曲をやったんだけども。

それは突然大切な人を亡くした時の心情を歌ってるバラードなんですよ。
もう一度だけでも会いたい、っていう。


そんとき、涙がぶわって出た!

父が倒れたところからずっと気を張ってたのが
この曲で、一気に感情が爆発したというか。


「この歌の歌詞のようにならなくて良かった」っていうのが本音で。

あー良かった、お父さん生きてて良かった、大丈夫で良かった。
心配で怖かったよ。一時はどうしようかと思ったよ。
本当に本当に心細かったんだよー!


っていう気持ちが溢れ出て、
曲の最初から最後までずっと涙止まらず。


さらにこの「月光」、父が大好きな曲なので
父に聴かせたかったなぁと。
あんなに楽しみにしてたライブだったのになと。


私がずっと涙をハンカチでぬぐってたので、隣の知らないおじさんにチラチラ見られた。

ジルデコファンだらけのライブとは違うから、盛り上がりもちょっと違う。

前半はジルデコもお客さんも手探り、様子見な雰囲気がしたけど
後半はすっかりなじんで、盛り上がってました。
良かった良かった。


私の隣の席はワイン片手に観ていたジャズ好きなおじさまだったのですが、
最後は手拍子してくれてましたもん。

MCは地元ネタ等で盛り上がってましたよ。静岡出身いますから(笑)

私も両親の分まで盛り上げようと、楽しもうと
ジルデコタイムを満喫しました。


だいたい1時間くらいかな。17時30分頃に終わったと思う。

ライブ終了後、実は近くの席にいたジルデコファンの女性の方や、
遠方から来られたジルデコファンの女性の方と立ち話したりしたのですが、

母から電話が。
「今から病院出るから、一緒にご飯食べて帰らない?」と。


本当は次のバンドも観て、ここでご飯も食べちゃって
満喫して帰ろうと思ってたのですがー、両親と合流することにしました。

なのでジルデコしか、ライブ観ずに会場を後にすることに(汗
次のバンドの皆さん、ファンの皆さんすみません(汗

そんな中、兄を発見するや否や、兄が「ちょっとこっち来て」と柱の陰に私を誘導。
父の様子を心配して聞いてきたのでした。
私が送ったLINE全然時間の都合で見てなかったらしい。


でも「大丈夫らしい」っていう情報だけは本番前に伝達されたらしい。
それを知ってただけでも良かったよ。

詳しい状況を説明し、この後両親と合流して食事することを伝えたら
「後から行くから、店教えて」と。

その前に物販コーナーでサイン中の歌姫chihiRoちゃんの元へ。
行列に並んでアルバム購入。サインを貰いました。


すんごい心配してくれてて、父の話しかほとんどしてない(笑)
まぁ、でも笑って握手できる状況になって良かったよ。

その後速攻でホテル出て、駅のタクシーロータリー側へ移動。
ちょうど両親がタクシーから降りてくるところでした。


お父さん、立って歩いてるよ!良かったよー!
まぁ、まだ本調子ではないので危なっかしい部分はあったけど。

会計が激混みでこんなに待たされて、遅く帰ることになったとか。
(しかも待ったのに結局会計できなくて、後日来てくれになったとか)。
大変だったねー。

そのまま駅ビルパルシェのレストラン街へ~。
ちょっと待ってお寿司屋さんに入りました。脂っこいものよりさっぱりしてる方がと。
ジャズ5 ジャズ6 ジャズ7 ジャズ8
家族で寿司屋とか、回転寿司以来初だよ(笑)
美味しかったー。


ちなみに私達が注文して食べ始めて30分くらいたってからか、
兄がやって来まして。無事合流しました。

皆が心配してくれてて「早く行け」って感じだったらしい。

今だから笑って言えるけども、父の姿を見た母は
「これはご臨終になるかもしれない。
 親の死に目に合わせないと」と思って
速攻兄に電話をしたんだとか。


いつもは我が家に何かあっても「あいつには知らせるな」と言う両親なのですが、
(仕事に影響するので)

こればかりは伝えずにはいられなかったらしい。

幸い、会場がすぐ傍で、兄がそこにいたので
駆けつけられたわけだけども。


これ、遠方に兄が仕事でいた場合、無理なんだよねー。
そういう意味でも、この日あの時間にあそこで
倒れた父は運が良かったとしか。


1人で人目につかないところでぶっ倒れたら最悪だもの。

色々あったけど、久しぶりに家族4人揃って
外食できて、美味しいお寿司食べられて
楽しくて幸せでしたわー。


記念に写真撮ってもらった、店員さんに。兄もスマホ出して頼んでましたわ。

さらに兄はここぞとばかりに色々注文して美味しそうに食べてましたわ。

父は「心配かけて申し訳ない」「ライブ行けなくて申し訳ない」って感じだったけども。

「あーでこーで、この曲もやってあの曲もやって」と説明したら
行きたがってましたねー。ほんと残念。

そんなこんなで、色々あった数時間前が嘘のように
父もすっかり元気で寿司もペロリと食べて回復。


医者が止めたのに「大丈夫」つって、結局電車で帰宅することに。
「座ればいいんだから」と。


兄も一緒に電車乗車です。
父の様子を観察しながら、家族4人同じ電車って新鮮。
こんなの子供んとき以来じゃなかろうか。

無事に最寄り駅到着。兄は用事があるってことでそのまま乗車、
他の駅へー。帰って来たのはど深夜ですよ。


さらに医者が止めたのに、駅に停めてあった自転車に乗って帰る父。
「やめろ」って私達も言ってるのに「だいじょうぶだ」つって。

私も自転車で父の様子を見ながら走って、なんとか帰宅ー。

大変な日になったけど、こうして父が元気に
自宅に帰ってこれるとは!ありがたい!


その後1週間は、父の様子を母と観察しながら「できるだけ安静にしとけ」を
合言葉におとなしくさせときましたよ。


おかげさまで何事もなく
今日も元気でした。


今後もこういうことがないことを祈りつつ。長くなりましたが、以上でーす。

スポンサーサイト

C

omment

お大事に
ブログ読んでビックリしました。
お正月から大変でしたね。大事に至らずお元気になられて本当に良かったです。

お父様お一人のときでなくて良かったですよね。お家に一人でいらっしゃるときとかに倒れてしまうと、すぐに対応出来ないし状況も分からないから、ご家族が一緒のときでまだ良かったと思います。

冬でも脱水することがあるというのは、CMでも流れているけれど、本当にあるんですね。
油断してはいけないということですよね。
お父様には、今後もご無理をされませんようお大事になさって下さい。

そら URL | 2015/01/25 09:08 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2015/01/25 15:56 [ 編集 ]

びっくりしました
そんな大変な事があったなんて、全く知らずノーテンキなline送ってた気がする、、、
ごめんね~。
でも、ほんとにびっくりした。
いや、慌てるのが普通ですよ、冷静でなんていられません。
私も職業柄慣れてるとは言え、それが娘だったら、冷静に判断も対応も出来ないと思います。
本当に何ともなくて安心しました。
ライブには行けなかったけど、家族揃ってご飯食べたり、電車乗ったり、一見当たり前に見える風景が有り難いですね。
ほんとに良かったです。

ニコ URL | 2015/01/25 22:50 [ 編集 ]

>そら様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>ブログ読んでビックリしました。
お正月から大変でしたね。大事に至らずお元気になられて本当に良かったです。

ありがとうございます。
ほんと正月からびっくりしましたね。今は笑い話になって良かったです(笑

>お父様お一人のときでなくて良かったですよね。お家に一人でいらっしゃるときとかに倒れてしまうと、すぐに対応出来ないし状況も分からないから、ご家族が一緒のときでまだ良かったと思います。

本当にそう思います。電車の中といえど、駅に到着した時だったのですぐに駅員さんも対応してくださいましたし。ある意味良かったなと。家族4人一緒のときでしたし。

>冬でも脱水することがあるというのは、CMでも流れているけれど、本当にあるんですね。
油断してはいけないということですよね。

老人は若い人たちより水分量がただでさえ少なく、夏ほど汗をかく機会もないので脱水してることに気づかないんだそうです。

>お父様には、今後もご無理をされませんようお大事になさって下さい。

ありがとうございます。お気遣いいただいてすみません。

フーガ URL | 2015/01/25 23:08 [ 編集 ]

>ニコ様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>そんな大変な事があったなんて、全く知らずノーテンキなline送ってた気がする、、、 ごめんね~。
でも、ほんとにびっくりした。

いやいやLINEのことは気にせずー。私もすぐに返したかったんだけど、父親のことを言うと心配させちゃうしね。兄もそんなこと公表してないので、ずっと隠そうかと思ってたんですけど(苦笑

>いや、慌てるのが普通ですよ、冷静でなんていられません。
私も職業柄慣れてるとは言え、それが娘だったら、冷静に判断も対応も出来ないと思います。

ありがとうございます!後から凄く自分の行動を反省して「あーすればよかった、こうすればよかった」とばかりだったんですが、プロの方でも身内のことは別なのですね。

>本当に何ともなくて安心しました。
ライブには行けなかったけど、家族揃ってご飯食べたり、電車乗ったり、一見当たり前に見える風景が有り難いですね。
ほんとに良かったです。

ありがとうございます。そうですね、結果的には笑ってすむ話になって、家族4人久しぶりに外食できて、電車で帰って、なんか昔に戻ったような感じで嬉しかったです。今後も父の経過は気を付けます。

フーガ URL | 2015/01/25 23:18 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク