八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

フーガの「秘境ふれあい紀行」10回目感想

夕方、近所から
「おかーさーん、うんちでたーー!うんちでたよー!」
と小さい男の声が聞こえてきて思わず笑ってしまったフーガです。

微笑ましいですなぁ。良かったねウンチ出て。

もう来週はRA★MGイベントなんですよね!
いやー早いなぁ。
来週はピロシに会えるのかぁ~。

なんか全然実感わかないわ。ヤバい忘れ物しないように用意しとかないと。

BS朝日の
「玉木宏の秘境ふれあい紀行~
 Postal Code Journery~」
第10回目の感想いきまーす。


★2月12日(木)放送

「筑波山~石岡・八郷」

あったかそうなカーキのダウンコート着て筑波山にやって来たピロシ。
岡本果樹園で「富有柿」をごちそうになります。

私、柿ってそんなに好きではないんだけど、これは美味しそうだわね。

神社の飾りを作ってる80歳のおばーちゃん。
かやぶき屋根の立派なご自宅が凄いわね。

続いて他の御宅へ移動。
「立派な家だなぁ~、広っ!」思わずピロシも声出ちゃう。

さっきのおばーちゃんちも凄かったが、このとんでもない門構えのお屋敷!
庭の広さ、池の大きさも半端ないわね。

「オアシス」と言ってたご主人、納得です。羨ましいわーこの造り。

「90歳」とドンピシャでご主人の年齢を当てたピロシも凄いが、
90歳でこんだけ元気なおじーちゃんも凄い。犬可愛い。

「駒村清明堂」にやって来たピロシ。線香ってこうやって出来るんですね。
こんな作業見ることないから新鮮でしたわ。ピロシもコツを掴むの大変そう。


昔ながらの水車、手作業の線香作り、すごいな・・・

「内田観光果樹園」に来たピロシ。

玉「なんだこれ!」
思わずピロシもびっくりした変なトラック発見。

玉「普段あるはずのものが色々ないんですけど」

ほんとだ(笑)

屋根もドアも取っ払ったトラックって面白いな。

「みかん狩り」に来ていた子供達、いや大人の皆さんの方が
ピロシが来た時の興奮具合が面白い。気持ちはわかる。


ほんと変わった赤白帽だな。
ピロシと子供達の交流はほっこりしますね。

「宮川早生温州みかん」を食すピロシ。美味しそう~。
個人的にはみかんの皮を剥くピロシに萌え。

「健康診断に行ってきた」という子供にウケてるピロシ。
身体測定のことかしら。

「ウルトラマン」のマネと言って赤白帽をウルトラマンの頭の部分に
見立てて子供にかぶせるピロシ。

あー昔男子がこんなんやってたわ(笑)

「おもしろそー、って全然面白そうじゃないじゃーか(笑)」
とツッコむピロシ。
やっぱり子供達とピロシの交流好き。


雲海を眺めるピロシの笑顔がいいわー。
そして景色も本当に水墨画のようで。
はい、秘境認定。

和弓の矢を手作業で作る小池さん宅の工房にお邪魔するピロシ。
竹を真っ直ぐにする作業、凄いな。まさに職人芸。
息子さんが6代目を継ぐってのが素晴らしいですねー。

続いて「ほうろく屋」という、八郷名物しし鍋の店にやって来たピロシ。
囲炉裏に手をかざす姿が可愛い。

しし鍋おいしそーー。食べたーい。
昔、父親が猪の肉を貰ってきて「しし鍋」自宅でやったことあるけど
子供の頃なので殆ど覚えてないんですよね(苦笑
美味しかった記憶はあるけども。美容にもいいなら、なお食べたい。

ケーブルカーで筑波山頂駅に向かうピロシ。
雨が残念、と思いつつ
雨のおかげで幻想的な景色になっているという。

「今あるものを大切に残そうとしている」と語るピロシ。
本当におっしゃるとーり、日本の古き良きものを残している土地でしたね。

それにしてもピロシのこのコート、あったかそーだな。
首回りのモフモフ感とか。


みかん畑のバックに雲海が広がるピロシのポストカード、素敵ですね。

というふれあい紀行の感想でしたー。
とにかくどこの御宅も
大きくて歴史的建物感が凄くて
それが一番印象的な回でございました。

どこぞの文化財になってもおかしくない住宅だったわねー。

ではでは。

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク