八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

映画シンゴジラ感想&「キャリア」7話感想③

では、細切れのようにぶち込んでいく私の9月日記編(笑)
★9月14日(水)

会社帰りに友人まーはんと合流し、セノバのナナズグリーンティーでご飯。
えいが

で、2人で観ましたよ、
映画「シン・ゴジラ」

えいが2

この前に「鵜飼」で一緒だった、会社の浜松の後輩さんが

「観ましたか!?シン・ゴジラ!!
面白いですよ!!
エヴァ好きだったら絶対好きです!」


って、私に熱くプレゼンしてきたんですよね(笑)

この後輩さんとは、「新世紀エヴァンゲリオン」好きっていう共通点がありまして、

で、エヴァの生みの親、庵野英明監督が
「シン・ゴジラ」総監督ということもありー、
確かに気になってたんですね。


それだけ言われたら観ようと思い、エヴァ好きなまーはんを誘ったんです。

で、観た。

観て良かった!
めっちゃ面白かった!!


そして凄く「庵野英明」ワールドだった。
庵野臭凄かった。
なんつっても脚本・総監督ですから。


エヴァみたいな音楽といい、エヴァみたいな「明朝体」テロップといい。
官僚たちが小難しい専門用語を早口で言いあうとことか。


ゴジラが「使徒」に見えたわよ(笑)

「内閣官房副長官役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊、
アメリカの大統領特使役の石原さとみほか300名を超えるキャストが豪華集結」
ってのも売りですが、

半端なくキャストが凄い。
本当にチョイ役で豪華な人が出てる。


あれ?今の小出恵介だったよね?あ、斉藤工だー!
みたいな。


これ、ピロシも出てたら面白かったのになぁ。

豪華キャスト集めてみたけど、作品は大したことない
って映画もわりとあるもんですがー
これは作品の力が素晴らしかったですね。

ゴジラのビジュアルもそうですし、
自衛隊全協力で撮影されたド迫力のシーンの数々とかもそうですし、


海で生まれたゴジラが陸に上がってきて大パニックになるわけですが、
絶対ありえないストーリーながらも、

「予測不可能な突発的危機的状況」に陥った時、
政府はどう対応するのかっていう
その描き方が妙にリアルで面白かった。


あーきっと日本政府はそうやって動くんだろうな、
委員会とか会議とかいっぱい作って、こんな感じなんだろうなーと思えた。
ちょっと皮肉というか、イジってる。

被害対象エリアの市民たちを素早く避難させたり、
自衛隊のヘリ移動とか、救援物資とか、その辺の描写は
3.11を彷彿とさせるものがあったし、

実際に起こるんじゃないかと
思わせられる作り方が上手いなと思いましたわ。


そしてラストは、ゾワッとしますよ。怖っ・・・
腐女子目線としては

竹野内豊×長谷川博己が熱かったわ。
高良健吾×長谷川博己もアリだわ。高良くんが長谷川さんに片思いしてる感じ。

(勝手な解釈)

対ゴジラの一番主なチームの一員になる、市川実日子ちゃんや高橋一生君の
ヲタ全開な変人っぷりも面白かったなー。

巷で話題だった「蒲田くん」、目は可愛いけど、ビジュはキモかったぞ。

では遅くなりましたが
11月20(日)放送
ドラマ「キャリア~掟破りの警察署長~」
第7話感想(殆どおこし状態)


半田副署長に教えられて刑事課に行くと、朋世さんが松本巡査に
取り調べを受けてましたー。あらら。

男子大学生暴行事件の被疑者男性の取り調べをしてる南さんですが、
こちらもどうも怪しい。

「物損事故」を起こしたとされる朋世さんのところに、南さんも合流。
事故車両の持ち主は石島夫人。


金「もしかして、身代わりを頼まれたんじゃ
  ないですか?石島さんに」


図星らしい。

金「貴方は夜の外食を控えてましたから」

あー、あのびっしり献立が書かれたカレンダー!なるほど。

金「もうやめませんか?それにこの”嫌がらせ”も
  自作自演ですよね?クレーム行為に加担
  したくなくて、あえてやったんじゃないですか?
  ”嫌がらせ”は貴方なりのSOSだったんじゃ
  ないですか?」


と嫌がらせ写真を広げて、朋世さんに質問するピロ金署長。
核心に触れてますねえ。

「ただの憂さ晴らしで、私がやりました、ごめんなさい」と謝罪する朋世さんですが、
本心じゃないっすねえー。


金「弱い人の行き場が何処にもない
  僕はこの町を、そんな冷たい町には
  したくないんです」


と優しく語り掛ける署長。この言葉に北町署の面々がピクッと反応してますね。

朋「そんなの、警察には無理です」

朋世さんは旦那の仕事、経済状況、田舎の両親等々、総合的に
身動きとれない状況なのだ。自分が我慢すればすべて上手くいくのだからほっとけと。

南さんはまだ昔の正義感強かった朋世さんを引きずっている。

朋「南さん、南さんだって
  昔とは違うでしょ?」


ええ、だいぶゴリゴリになりました。

朋「事故を起こしたのも、運転してたのも私です」

と身代わり姿勢を止めない朋世さん。これだけ泥をかぶったというのに
帰宅すると旦那は酒飲んで寝てるという。最悪だなこの男。
さらに無言電話までかかってくるという。

南さんが廊下を歩いてるとスイーツ土産を持った長下部さんとバッタリ。

長「金志郎もう帰っちまったみたいなんだ」

寂しい長下部さんはスイーツタイムに南さんを誘うのだった。
今日はモンブランの差し入れ―。

長「どうだい?あれから金志郎とは」

いいお付き合いをしておりますm(__)m

南「どんな事件でも首を突っ込みたがる
  警察が手出しする範疇を超えてます。
  ルールってもんが無いんですかねぇ、
  あの人には」


”あの人”呼ばわりに、何か萌える。

長「ルールはあるさ!あの男なりのルールが。
  ただ、組織の常識とは
  多少ズレてるだけだ」


南「多少どころか!こっちは
  たまったもんじゃないですよ!」


長「フフ(笑)私には”羨ましい”
  って聴こえるけどなぁ。
  金志郎ねぇ、お前さんの若い時と
  よーく似てるよぉ」


えっ!?
ピロ金署長もあと15年以上たつと
あんな髭面のゴリゴリビジュになるの!?


長「いや、桜井周平と似てる、と
  言うべきか」


そりゃ親子ですから・・・

昔桜井さんから言われたことを思い出して噛みしめる南さん。
その息子のピロ金さん、言っていることはほとんど同じ。


で、23年前の回想シーン。

張り込んでる28歳の南さん・・・

別人やないかいっ!!

黒谷さんはそのまま「朋世さん」なのに(笑)

南さん、23年で人相変わりすぎでは!(爆)

これ、カツラかぶって髙嶋にーちゃんが若いときを再現しても
良かったような気もー。

「人を助けるのが警察の仕事なんで」と爽やかに笑ってた
若かりしき南さん


署長室に打ち合わせでやってきた副署長ですが、席には身代わり北町くん。
まだコートはあるので出かけてない、と判明。

そのコート着たいー。
署長がいないうちにちょっと羽織りたいー。

(残り香をクンカクンカ嗅いでやる)


半「署長の一挙一動にドキドキするこの感じ
  あーあー、どうにかならないかなぁ~」


それ、恋です。どうにもなりません。

動じない精神力を養う為にヨガ教室に通うべきか悩み始める副署長。

半「半田順二56歳、苦悩の秋」

金「悩み多き秋ですね、半田さん♪」

いつの間にか署長席にいたピロ金署長。

「ちょっと前からです」ってニコッとしたときの
爽やかさと可愛らしさが神ってる!

(※流行語大賞使ってみた)

「NAPOLI」でお茶会してるクレームマダム集団。
石島夫人が朋世さんを脅迫してますねえ。
で、また朋世さんがウェイターさんに対して代表クレームしてます。やだやだ。

男子大学生の事件の方も、やっぱり身代わりっぽいわね。

取調室から出てきた南さんと、ピロ金さんがバッタリ会うシーン。

南さんに気づいて満面の笑みで会釈する署長。
可愛い。あー可愛い。


南「私服なのは彼女に会いに行くためですか?」

え!?やだ、何、嫉妬!?

金「正解です。朋世さんに身代わりになったこと
  考え直すよう、話してきます」


金「朋世さんにとって、今が変われるチャンス
  だと思うんですよね」


と言ってニッコリ微笑む署長ですが

ちょっ、近くね!?
そんなに近くにいた!?ねぇ!!


金「ご一緒にどうですか?南さん」

ピロ金さんからデートのお誘い
(デートじゃねーし)

南「優先すべきは犯人逮捕です!
  警察が人の人生に口をはさんでいって  
  その先に何があるんです?」


愛ですね。

で、フッと微笑んで、答えることもせずに去っていくピロ金署長。

至近距離で微笑んで
サッと立ち去るなんて、
この余韻!!


「署長・・・捕まえようとすると俺の腕の中からスルリと抜けていく」

という南さんの心の声が私には聞こえたぞ!!(腐)

一方、朋世さんちの自宅に対する悪質な嫌がらせがエスカレートしてます。
ゴミやら暴言FAXやら無言電話やらー。


そこにやって来たピロ金署長と実里ちゃん。

相「なんで!?嫌がらせは朋世さんの自作自演だったんじゃ(汗)」

「朋世さーん!」と呼びかけても留守らしい。

金「朋世さんが危険です」

実里ちゃんが南さんに電話するも、南さんは例の被疑者の取り調べ中。
やっぱりこの暴行事件の被疑者の男は、上司に言われて身代わりになったと。
「私みたいな弱い人間はただ我慢するしかないじゃないですか」と言われ、
署長が言っていた言葉を思い出す南さんでした。

ってところで切りますね。ではでは。


ドラマ「キャリア」の
オフィシャルHPはこちら!

http://www.fujitv.co.jp/career/index.html

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク