八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

休日話&映画「彼らが本気で編むときは、」感想

あぁ、あっという間に三連休が終わってしまうー(´・ω・`)

今日3月20日は、私の祖母のお誕生日なのですよ。
父方の祖父母、母方の祖父は既に亡くなっているので、
唯一の私のおばあちゃん。
今日で96歳になりました。
おめでとう!素晴らしい!


ですが、祖母は先日体調を崩し入院中なので、
今日両親と3人でお見舞いに行きがてら、私が用意した誕生日プレゼントを
渡してきました。
病室には久しぶりに会う従妹もいて、祖母も思ってたより元気そうで一安心。

いつまでも元気でいて欲しいものですねぇ~(*´▽`*)

あ、私フジの月9
「突然ですが、明日結婚します」を
1話から最終回まで
全部観てたんですけどね(笑


個人的にflumpoolのボーカル山村くんの「顔」が好きなんですよ。
あーゆー顔が昔から好きで。
CHEMISTRYの堂珍くんとか、柏原くんとか、安藤政信とか、あの手の顔好き。


山村くんがお芝居初挑戦ってことでしたが、
ミュージシャンって演技の勘がいい人が多いのかな。
思ってたよりも最初からそこそこ上手にこなしてた印象でした。
もちろん表情が硬いとか、棒読みっぽいとかあったはあったけど。

特に西内まりやちゃん演じる「あすか」と、
山村さん演じる「名波竜(通称ナナリュー)」が恋愛関係になって
ちょいちょいイチャイチャするシーンがあるんですけど、
2人のシーンは毎回自然で良かった。

友人とくちゃんもこの月9観てて、2人で「ナナリュー好き」って
話をよくしてましたわ(笑)

ただ、原作の絵柄のイメージと違いすぎて
原作ファンはガッカリした実写化だったようでがすがねえ。
確かに絵を見ると違いすぎる。もっと長身だもん。

さて、私の昨日の話を★
★3月19日(日)

この日は朝から久しぶりにネイルサロンに行き、ねーさんと話をしながら
爪を綺麗にしてもらってー

そのまま私が時々一人で食べに行く、イエモンファンの吉井さん似店長の
ステーキ屋さんへGO。
ランチにおひとりさまステーキタイムですよ。もぐもぐ。
にく にく2
何故かイエローモンキー情報を連絡しあうということで、連絡先も交換する展開に(笑)
私そこまで情報持ってないのだが。

その後はちょいと用事があったので、とあるお店に移動。
そこの用事が意外と早くに終わったので、セノバでぷらぷらした後にー

事前に約束していた友人とくちゃんとパルコで合流。
パルコ地下に新しくできた「治一郎カフェ」でお茶です。

私は一度来たけど、とくちゃんは初めて。

2人で期間限定「桜バウム」にしました★
おちゃ3 おちゃ4
うーん、美味しい(^-^)幸せ

あ、先日とくちゃんがディズニーランドに行ってきたとかで、
お土産を貰いましたヽ(^o^)丿ありがたやー。
おちゃ5
ディズニーは商品が全部可愛いからいいっすよねえ。貰って嬉しい。
プリンセスシリーズのやつは「紅茶」らしい。飲むのもったいないな。

ここではお互いの近況報告から中居くんの熱愛騒動から(笑)
ドラマ話や仕事の愚痴まで色々ぶちまけておりましたわ。
あースッキリ。


その後また「おひとりさま」になった私は、パルコやらセノバやらを
行ったり来たり買い物して、

お気に入りのお店に移動~。
開店当初から女子会で何度か使い、お店の人にすっかり顔と名前を憶えて
もらっている「必然」っていうお店です(^-^)

バーで一人飲みチャレンジしたことはあるけど、こういう「創作料理」のお店での
一人飲みは初だわ。でもよく知ってるお店だし、最初ならここだろうって思ってて。
昨年一度ドアの前まで一人で来たことあったけど、店内から盛り上がる声を聞いて
怖気づいて帰ったことがありましたが、今日は違う(笑)

いざ!

時間も早かったせいか、店長さんと奥さん2人だけで、私しかお客がいなくて
めっちゃ貸切状態だったw、久しぶりなのに覚えててくれたし嬉しい。

で、おひとりさまな私は調子にのって
こんなに食べて飲んでしまいました!

のみ のみ2 のみ3 のみ4 のみ5 のみ6
久しぶりに来たけど、
やっぱ美味しいなぁ~。


野菜中心のメニューで、お肉が殆ど無いお店なんですよ。
それがまた罪悪感にならず、ちょうどいい。

そして一人用に、ハーフサイズの量で出してくれてありがたい。
美味しい料理にお酒に、お店の方とゆっくり話せて楽しい時間でございましたw
これヤバイな、ハマってしまう。
今年は定期的に通いたいなぁ~。

お腹いっぱいになった私は、東宝会館に移動~。
20時5分から上映の
映画「彼が本気で編むときは、」を観ました!
えいが えいが2

2月25日(土)から公開していた本作ですが、
ずーーーーっと観たかったのに全然時間が合わず、
もうすぐ上映終わっちゃうってことで、
レイトショーでなんとか観に来ました!


この時間に観るために、1人飲みをやってみたわけですー。いい時間潰せた。

映画「かもめ食堂」で有名な萩上直子監督のオリジナル脚本の最新作。

LGBTの女性リンコを生田斗真くんが演じて話題となっておりますがー

素晴らしかった!!
すっごいいい映画だった!!


そりゃ、第67回ベルリン国際映画祭で
日本映画初の
「テディ審査員特別賞」を受賞しますよ!


あらすじを簡単に説明しますとー

主人公はトモという11歳の小学生女子です。母子家庭に育つトモは、
母親からの育児放棄に合うたびに、母の弟である叔父のマキオ(桐谷くん)宅に行くのです。
が、今回はちょっと違う。マキオ宅には一人の女性が。
その人は心は女、体は男で生まれた「リンコ(斗真くん)」というトランスジェンダーの女性だった。
そこから不思議な3人の「擬似家族」のような共同生活が始まる、っていう話。


タイトルどーり、彼らが本気で編み物を編むシーンが
ちょいちょいあるのですが、
何を編んでるのか、どんな気持ちで編んでるのか、ってのは
作品を観てのお楽しみってことで。

これが凄く物語のキーになっているのでねー。

トモの母親になりたいと思うようになるリンコさん、
リンコさんに母親を感じていくトモ、
そんな2人と本当の家族になりたいと思い始めるマキオ、
この3人の描写があたたかくも切ないんすよーー!


とにかくリンコさんを演じた斗真くんが綺麗!!

元々綺麗な顔立ちなのは重々承知なのですが、
メイクした顔の美しさもさることながら、
しなやかな身のこなし、
しっとりとした色気が漂い
不思議に母性まで感じる柔和さ!!


すーばーらーしーかった!!

声もいつもより可愛らしい高いトーンにしてて、女性だったわー。

リンコさんは体は全部手術完了してます、っていう設定なんだけど、
実際斗真くんに女性ホルモンを打ってるわけじゃないから、

どうしても隠せない骨っぽさとか
意外とごつい手とか指とか、
「男」の部分がわかっちゃうところで、


皆が最初に「あ、この人男だ、女装してるんだ」っていう印象をもつ
そこから偏見する人も出てくる、っていう流れがリアルで。


このキャスティングは絶妙だなぁ、って思ってましたよ。

だって千葉雄大くんとか、菅田くんとかがやってたら
「リアル女子」になっちゃって、違和感ねーんだもの。
周りが男だって気づかない仕上がりになってしまうので、

斗真くんが演じることで、
何かしら「違和感」が残るところが良い。


それにしても、このリンコさんって言うキャラがとても魅力的でねぇ。
穏やかで優しくて家事も得意で、女性よりも母性本能に溢れた人で、
色んな辛いこと苦しいこと、たくさんの怒りや悲しみを乗り越えてきた
芯の強い人でね。

そりゃー桐谷くん演じるマキオも
「男」という壁を乗り越えて
愛してしまうよなーという説得力。


主役トモを演じた「柿原りんかちゃん」は、この映画のオーディションで出てきた
新人さんらしいんですが、

めっちゃ演技上手かった。
超自然。天才!!

特に泣く芝居が上手すぎて、何度貰い泣きしたことか。

ラストがねー、とても切ない感じなのですよ。
劇場みんな泣いてたよ。
私も泣いたよ(T_T)

それでもこの作品に流れる空気が
終始あたたかく優しく、
色々と考えさせられる良い作品でしたよ。


私はとても大好きです。


リンコを育ててきた田中美佐子さん演じる母の愛も偉大だったなあ。

LGBTをテーマにしながらも、
色んな形の「愛」を描いた
愛の物語でした。皆さん是非。


これDVD出たら欲しいなぁ・・・、パンフは売り切れてたわ。

余談ですが、斗真くんの女装を観ながら、

ピロシも一度くらい本気の女装
やってくれねーかな、と思った私でした。


ではでは。

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク