八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

フーガの「キャリア」10話感想①

昨日3月27日(月)から
ピロシの朝ドラデビュー作
「こころ」がNHKBSプレミアムで
再放送スタートしましたねぇ~。


昔ピロシファンになりたての頃に、このブログを通じて知り合った
お友達の方にダビングをしていただいたことがあったのですがー
全話ではなかったので(総集編だったのかな?)
こうやって、最初からフルタイムで観られるのは新鮮ですねえ。

さてさて、26日(日)は先日ブログに書いたように
ジルデコの浜松ライブに行ってまして忙しくー

(またブログに書きます)

昨日は午後から名古屋に出張してて、期末の打ち上げもあって
遅かったので、本屋さんとか全然行ってなくてですね。
コモンセンス雑誌チェックが出来てないんですよねー。
今日もバタバタしてて(汗)

明日こそ本屋巡りをしてきたいと思いますm(__)m

ではその間を埋めるように、気付いたらまだ終わってなかった
「キャリア」感想タイムにしたいと思います。


2016年12月11(日)放送
ドラマ「キャリア~掟破りの警察署長~」
第10話感想(殆どおこし状態)


南さんが撃たれた、続きからですねー。

長下部警視監が部屋にいるとー

外からは「遠山警視正!ここから先へは勝手に!」と止められる声がー

あの礼儀を重んじるピロ金署長が、
制止を振り切りズカズカ入ってくるとかよっぽどのことですよ!


ピロ金署長の目が怖い。
ギラついてます。


「遠山警視正!」と止められる腕を振り払うとことか萌える。

「席を外してくれないか」と長下部さんにも言われ、退室していく部下。

金「父が撃たれた直後、犯人を
  追ったの長下部さんだったんですよね?」


長「そうだ」

認めたーー!!!

金「犯人が当時の副総監の息子である
  桐島真司だとわかって
  警察は中里に罪を着せたんじゃ
  ないですか?」


長下部さん、否定せず!

やっぱり組織ぐるみの隠ぺい工作、それに加担していた長下部さん!

金「その桐島を追っていた南さんが
  何者かに撃たれました」


と辛そうに報告する署長に対し、ノーリアクションで
顔も向けない長下部さん。南さんとも仲良かったじゃんか(涙

長「警察組織の信頼を守ること、
  これがキャリアの使命だ・・・」


警察組織を守るためなら、南さんが撃たれるのも仕方ないってことですかー!

その言葉に、ピロ金署長の表情がどんどん泣きそうに

金「父のこと・・・いつも嬉しそうに
  話してくれたじゃないですか・・・」


ピロ金署長はまだ信じてるんですよ、
正義感の塊みたいな真っ直ぐな自分の父親を、バディとして
誇りに思っていてくれたであろう長下部さんの姿をー

金「長下部さん!!!」

全然こちらを見ようとしない長下部さんへの呼びかけが悲しいー。

「遠山警視正、真鍋副総監がお呼びです」
と、ピロ金署長が呼ばれていきます。


で、パーカー姿のまま幹部に呼ばれちゃうピロ金署長。
お偉いさん御三方から総攻撃です。
隠蔽工作など事実無根、桐島家のご子息は関係ナッシングーな感じで
責められてます。

「キャリア失格だ」って言われちゃってますよ。

ぐぬぬぬぬ・・・って顔してる署長。

この期に及んでまだ隠そうとしている上層部に
腸煮えくりかえってる感じ。それを必死に抑えてますね。

真「謹慎処分!そして
  北町署、署長の解任を申し渡す!」


なんだとおおおおお!!!??

さすがにその「署長解任」にはショックを隠し切れない署長です。

そして御馴染みのタイトルバックがどーん。
今回は涙の最終回なので「FINAL」のゴールド文字がどーんです。


金「いやー、署長解任されちゃいました」

と電話しながらリュック背負ってボストンバック持って歩いてる署長。

どこか旅に出るんか?
そのバッグの中には
おパンツ何枚入ってるんだろう。


電話の相手は半田副署長。びっくりんこしてます。
「どちらにいらっしゃるんですか?」と聞かれても、何故か場所は答えない署長。

金「北町署の署員の方々のこと、
  よろしくお願いします」


その言葉に何か嫌な予感を感じた副署長が「署長!もしもし!署長!」
と必死に呼びかけるも、無言で電話を切っちゃう署長。
この歩いてるとこ、1話にも出てこなかった?

そして署長の代わりに北町署にぞろぞろやってきたのは
キャリアグループ。

警視庁 方面本部長の秋嶋が北町署の署長代理らしい。
部下たちに最初に命令するのはこちら↓


「署長を解任された
 遠山金志郎の身柄の拘束だ!」


なんだと!?拘束!?(≧▽≦)

おっといけねぇ、違う意味で「拘束」妄想してしまった。

署長が解任!?って、ざわつく北町署の皆さん。そりゃそうだ。

あんな天使ちゃんを絵に描いたような署長。
どんな罪ですか?
ドーナツの穴をふさいじゃったから♫
とかですか?
それとも可愛らしさがけしからんからですか?


秋嶋いわく、25年前の事件を無実の桐島ご子息のせいにしようとし、
おかげで南さんまで巻き込まれ、全部アイツのせい!!ってことらしい。

秋「そして謹慎中にも関わらず遠山は!
  署長官舎から姿を消した!!」


え!?どこだったの!?
ピロ金署長が住んでたとこどこ!?


まだ桐島ご子息の捜査を一人で続けている可能性がある、という署長。

秋「遠山をここに連れてくるんだ!!」

秋嶋さん、ヒステリックすぎない?

あ、そうか、以前南さんちの愛娘誘拐事件の時に
北町署の署長以下、面々に恥をかかされまくったからか。
逆恨みしてるのか、嫌な奴だねぇ。

相「桐島です!!25年前に
  署長のお父さんを撃ったのも、
  係長を撃ったのも桐島真司です!」


一気に言い放つ実里ちゃん。ざわつく北町署の面々。
ここスッキリしたわー。ありがとう実里ちゃん。

そして飛んできた秋嶋から実里ちゃんをガードするように、立ちはだかってどこうと
しない刑事課のチームが頼もしい。

桐島の件は事実無根と全否定し、南さんを撃った奴も既に逮捕した、と言う秋嶋。

うっそーん。

「何者か」ってさっき言ってたじゃん!

柴田って、拳銃密売をしてマークされてた男らしい。うっそーん。

これ以上この件に首をつっこむと

秋「遠山の二の舞になるぞ?」

と脅しをかけてくる秋嶋。ゲスイ!

ぐぬぬぬ・・・・ってなる北町署の面々。
こう言われちゃうと、手も足も出せない切なさです。

その頃、署長は本当に一人で桐島を追っていたのですー。
ここから先は萌えタイムになるので、また今度ゆっくり書きますm(__)m

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク