八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

ひよっこと路地裏遺産&雑誌感想

昨日は同居しているグループ会社に転任の方が来られた関係で
みんなで歓迎会やってました。食べたわー飲んだわー。

日曜は清水港でやってる
ロックフェス「マグロック2017」に行って
はっちゃけてきました!

これはちゃんと今度改めて。
って、言いながらガンガン日記がたまっていく。

あっという間に10月ですねぇ~怖いわー。

そして先週土曜日に、
私が半年間楽しんでいた朝ドラ
「ひよっこ」が終わってしまったあああ!


泣いたああああ!!
みね子ーーー!!!


蔵さまファンなので、蔵さまが出る朝ドラということで
1話から録画して観てましたけど、
初回からグッときて、3話目で泣いたっていう。

「向島電機」のロケ地が静岡県富士市ってこともあって、
親近感もあったし、戦前とか戦争直後とかを描いた話が続いてた中で
「高度成長期の日本」を描いた、ってのも新鮮で良かったですよねー。

そして岡田さんの脚本が秀逸!
伏線の回収の仕方はお見事だし、
出てくるキャラが皆あたたかくて
愛おしくて、大好きでしたわ。


出てくるキャラが皆優しくて、嫌な奴が一人もいないってのが最高。
新天地に行くことや、新しい人との出会いが
怖くなくなる世界ですね。
素敵だなぁ。


また、ヒロインみね子が
ふつーーの女子ってのも良かった。


特に才能があるわけでもないし、夢や野望があるわけでもないし、
何かを成し遂げたわけでもないけど、毎日一生懸命働いて
きちんと地に足をつけて生きてる女の子、ってところが良かった。


とってもいい子なので、視聴者としても感情移入しやすかった。
みね子ー幸せになれよー、
って思いながら観ていた。


個人的には
大好きな省吾さんと愛子さんが両想いになれるかどうかが一番気になってたけど、
最後はめでたくゴールインしたので本当に良かった。そこもスッキリ。

愛子さんがさ、結婚もせず一生懸命独身で頑張ってきてさ、
シェフに一目惚れしてさ、久しぶりに恋する気持ちにワクワクキュンキュンして
その片想いを大事にしながら毎日頑張ってるのも良くてさー

蔵さまに一目惚れして片想い
ってめっちゃ共感(笑)


一生独身かなと覚悟していたのに、運命の人はちゃんと待っててくれて
出会ってくれて、好きになってくれた、っていう大人の恋模様がまたグッときた。


省吾さんと愛子さんの夫婦でスピンオフ観たい。

あー、「ひよっこ」続編やらないかなぁ。
岡田さんは当初みね子達の10年間を描くつもりで作品を書いてたけど、
途中から4年間を描くことに変更した、って言ってたので、
残りの6年間をまた朝ドラでお願いしたいわ。

みね子とヒデの結婚式も観たいしさー。
乙女寮の皆の人生も気になるしさー。

そんな中

今日から新ドラマ「わろてんか」が始まりましたね。
ヒロインてんの子供時代が、「直虎」のおとわ役の子ってのは
ちょっともったいない気がしますが。どうせなら新しい子役発掘すればいいのに。

千葉きゅん兄様が優しくて良いですね
桃李くんと一生さんが楽しみだ。

しかし、「あさが来た」を思い出す・・・(時代といい、京都といい、衣装の感じといい)

日曜の「情熱大陸」はピアニストの清塚さんが出てたので
観たのですが―、


「のだめ」の吹き替えの件も紹介されてましたね。

「ラプソディ・イン・ブルー」を弾いてたり、
たまたま密着中にモスクワの楽団と
ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第二番第一楽章.」を弾く場面があったりして


おおお、千秋せんぱーーい
って気分になりましたわ。
あー久しぶりに連ドラ観直したい。

さてさて、
昨日から始まったといえば
BSジャパンの「路地裏遺産」!
ピロシがナレーターを務める
毎日放送されるミニ番組!


祝!ピロシレギュラー!

「路地裏遺産て何?」って思って観てたけど、

本当に路地裏遺産でしたね!(笑)

あんなところに樋口一葉が使っていた井戸とか。昨日は本郷三丁目でしたが。

「そういうことかー」って思った。なかなか面白いですね。
そしてピロシの声だけで構成されてるのが良い。
心地よい。


ピロシの声が遺産だぜ!
っていう。

今夜は「谷中銀座商店街」でしたね。谷中に行ったことがないわ。
谷中といえば猫、ってことで、遺産は猫がいる風景でございました。そういうのもありか。

さてさて、昨日発売された雑誌を今日チェックしてきました。
写真が良かったので、どちらも購入。

★「Pen」

ピロシは雑誌後ろの方にいますよ、これ何ページなんだろう。
見開きページで2ポーズあります。

「玉木宏が出会った進化する極上の名品ニット」っていうタイトルで
ユニクロのトータルコーデしてます。ユニクロ宣伝ページですねえ。


右ページはエクストラファインメリノクルーネックセーターとヴィンテージレギュラーフィットチノ
のアースカラーコーデなピロシ。

3000円台の衣装とは思えん
ピロシの恐るべき品格!


左ページはカーキ色のカシミヤVネックニットにブルーのストライプシャツに感動パンツ
というユニクロコーデ。

シャツにニットという組み合わせもあって
右よりはピシッとしてる感じ。
とてもユニクロとは思えません!
どこぞのセレクトショップの高いやつ、みたいな(語彙力ねぇ)

何故ピロシが身に着けると
全て上質なものに見えるのか!

やはり着てる人間が全てなのだと
思わせてくれる説得力が凄いです。


男性雑誌ということで、ピロシのポーズもどこか男臭いわ。
笑みもなく、クールなピロシが拝めます。

★「シアターガイド」

舞台「リチャード三世」の公演が控えている蔵さまのインタビューもあったので購入。
蔵さまページの次がピロシなのが嬉しい。

ピロシは京香ねーさまと
「危険な関係」インタビュー受けてます。

15~17Pにいます。

「ホンマでっか!?TV」に出た衣装と同じ、
同日に一気に2人一緒の宣伝やった、って感じね。


グリーンバックに背中合わせの2人のショットが素敵です。
自然な感じのピロシの表情も良い。

既出の雑誌は「稽古前」のピロシインタビューが主だったけど、

これに関しては「稽古中」の二人のインタビューなので、そこが新鮮ですねえ。
リチャード・トワイマンさんの独特なゲーム的な訓練とか、
色々語ってますよ。

初共演なピロシ&京香さまですが、
実は映画「ROCKERS」にナース役で出ていた京香さま。


そのことを知ってびっくりなピロシ。私もびっくり。そうかー!言われて思い出したわ。

元々ハリウッド映画版の「危険な関係」が大好きだった京香さま。
ヴァルモン子爵は誰が合うか想像してたそうなんですが、

稽古を始めてみて

「玉木さんしかいない!」って確信したそうな。

ここから京香さまのピロシ絶賛コメントが凄い(笑)

「お声と立ち姿が素敵なのはもちろん、
 品があって知性があって。
 ちょっと悪さをしても憎めない、
 彼の甘い言葉は罠かもしれないけれど、
 それを確かめに罠にかかってもいい!
 と、女性はみんな言うと思うの」


罠、かけて!!

いやー、京香さまがピロシを
お気に召してくださったようでありがたや。


ちなみに京香さまいわく

「稽古場にいる女子たちが、
 みんなそう言ってますよ(笑)」

だそうです。


稽古場、混ざりてぇーーー!!

稽古で、そんなに女子たちをメロメロにする
ヴァルモンピロシ子爵!!
私、来週大丈夫かしら!
直視できるかしら!!(ハァハァ)


それにしても、二人のインタビューを読んでいると、
私が思い描いていた「危険な関係」ではなさそう。

衣装もセットも現代的で、ちょっと日本的な要素を取り入れたいと
リチャードさん言ってるらしい。


え?私、18世紀のフランス貴族のピロシを
拝みたかったんですけど(笑)


どんな仕上がりになるのでしょうか。これまた予想がつかん。

17Pにも二人の写真があるのですが、
こちらの京香さま、可愛い。
ピロシもリラックスしたいい表情。


やっぱり稽古を通じて二人の距離が縮まってる感じが
ツーショットからもわかりますねえ。

という雑誌でした。ではでは。

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク