FC2ブログ



八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

ヒデキー&映画「ラブ×ドック」感想

またもや更新遅くてすみません。
夜書こうと思ってるんですけど、眠くなったり疲れちゃったりで滞る日々。

今日はびっくりしましたよ。
西城秀樹さんの訃報に!


もう「ヒデキ」って書いちゃうけども。

私くらいのアラフォー世代が、
ギリギリリアルタイムで「ヤングマン」聴いてた世代じゃないかしら。
ヒデキが凄いトップアイドルだと、ちゃんとリアルタイムで感じてた世代。
「ハウスバーモントカレーだよ~♪」のCMも覚えてる世代。


でも「ちびまる子ちゃん」のイメージも大きいですかね。

まるちゃんのお姉ちゃんが大のヒデキファンで、マンガの中で何度も登場してきたり、
アニメのエンディング「走れ正直者」は本当に流行ったなぁ。

ヒデキというと、
昨年2017年の夏、8月に静岡の駿府公園で行われた
復活した「フェスタしずおか」に
ヒデキが来て、ライブやったんですよね。
私はそれを結構前の方で観てました。


みんなで「ヤングマン」やりました。

ヒデキはちゃんと「Y・M・C・A」やってました。
静岡が本当に一つになった瞬間。


駆けつけた静岡のヒデキファンのマダム達が
「ヒデキ―――――!!!
ありがとーーー!!」
って泣き叫んでたり
回りでいっぱい号泣してまして
貰い泣きしそうになった思い出。


今日は、会場にいっぱいいた熱いヒデキファンのおばさま方が
どんな気持ちでいるんだろうと思うと胸が詰まりました。

またフェスタしずおかについて書かないとなー、書いてなかったな・・・

本当に残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

さて話題を変えて

先週11日(金)からピロシも出演している映画「ラブ×ドック」が公開スタートしましたね。
で、翌日12日(土)は舞台挨拶も無事行われたということで。


あ、すみません。
皆さんお気付きだと思いますが
私は土曜日の舞台挨拶どこも行ってません。
既に予定があったので、
最初から断念してました。


ただ、お友達のそらさんは1箇所行かれてたので、情報はちょっと入ってましたけども。

撮影OKタイムがあったみたいですね!
珍しい!!


ピロシが出る舞台挨拶で
こういうの殆ど無いじゃないっすか!?


くっそー、私が行けない時に限ってえええええーーー!!

「ZIP!」は観ましたよー。

まだ連ドラ撮影中だけあって、
ピロシのビジュアルが落ち着いてて良いですね。
リーマン仕様、秀明さん萌え。


土曜日、舞台挨拶は行けなかったんですが、
映画は観ました!

先週12日(土)、
静岡の映画館通りでは「カンヌウィーク」ってイベントやってて
人通り多かったんですよねー
らぶ らぶ2
それを横目に歩いてー

中部地区だと、ここしか上映館なかった。
「静岡東宝会館」
らぶ3 らぶ4
11時30分からの回を観ました。

パンフレット買った。
らぶ5

映画「ラブ×ドック」


放送作家で御馴染み、鈴木おさむ氏の初監督作品、であります。

鈴木おさむ氏は、「夢モリ」「スマスマ」「サタスマ」「おじゃMAP!」等々、
特番含め、SMAP番組全部担当した、と言っても過言ではない
長きにわたる「SMAPのブレーン」。
(SMAP曲の作詞も担当したことあり)

木村・中居と同い年、
SMAPを語るには外せない人で、昔からスマヲタには馴染み深い。

現在も中居くんの「金スマ」、「身になる図書館」、ゴロ―ちゃんの「ゴロウ・デラックス」担当、
木村くんのレギュラーラジオ番組も長年担当してくれてます。


そんなおさむ氏が初監督ということで。
(かつて「ラブ★コン」「ハンサムスーツ」等で映画脚本はやってましたけど)

メガホン取ったらどうなるんだろう?って感じでしたが
なかなか面白かったです。

全然知らない方のために、簡単なあらすじをご紹介。

吉田羊さん演じるヒロイン「飛鳥」の、36歳~41歳までの5年間と
その間に出逢って恋に落ちた3人の男とのエピソードを描いた作品であります。
恋愛体質でダメな恋愛にハマりがちな飛鳥が、「ラブドック」と呼ばれる恋愛クリニックに行って
「ダメな恋愛だとわかると細胞が教えてくれる」みたいな怪しげな薬を処方されるんですよ。

恋に落ちた3人の男は、吉田鋼太郎さん演じる有名パティシエ「淡井」、
ピロシ演じる整体師兼スポーツジムトレーナーの「野村」
野村周平くん演じる後輩パティシエ「星也」


年齢もタイプも大きく違う3人の男、
というのが見ていて飽きなかった。

1人ずつ回想スタイルでやるけど

ただ、1人目の鋼太郎さんは
「おっさんずラブ」に激ハマリ中なこともあり
「部長」にしか見えなかった!(爆)


「部長」はオトメンで、はるたん(田中圭)のためにお弁当作って来ちゃうキャラだから余計に。

ピンクの作業服着てケーキ作ってる姿とか
「部長!はるたんのためにスイーツ作り!
女子力高すぎるー!」
とか思ってしまうし(笑)


2人のいちゃいちゃシーンとか
「あー、これ、はるたんで観たかった」
とか思ってしまうし。


ダメでしたね!!

正直このまえ「ラプラスの魔女」観たときも
トヨエツとサトエリ並んでるのを見ると


「秋風羽織先生と、
岐阜サンバランドのねーちゃんだ」
って思ってしまった私。


ちょうど放送と公開時期がかぶると、影響されやすいであります。

問題は2人目のピロシですよ。
「NOMURA」もとい「野村」!


一言、エロい!!!!!

必要以上にタンクトップ姿な気がして
武井壮か、タケノコ王か
って感じで内心ウケてしまったが。


大スクリーンで流して
大丈夫なのでしょうかあれは!!


ピンポン玉を間に挟むのも意味不明だったけど!(笑)

Aスタで羊さんが「たっ、玉木さんっ!!」ってびっくりしたという
野獣のようなピロシのディープキス!!


ぎゃああああ(ヨダレ)

ですよ。

この映画、とにかくアップが多い気がする。
顔のアップが多い。


この「野村」の時とか
めっちゃカメラ目線のアップが多かった!

明らかに劇場に足を運んでる女を
殺しにかかってるパターン(爆)


ピロシの悩殺スマイルが
磨きがかかってて
ヤバことになってましたわ。


自分がイケメンなことも、そのおかげで女性会員が増えてることも
全部わかっていて、自分の良さを最大限にアピールしている野村は
なかなかの魔性キャラでした。

で、本当の野村、周平くんのところはほのぼのカワイイ感じでしたね。
水族館デートとか素敵でしたわ。


しかし15歳年下からアピールされるとか
羊さんじゃないと成立しないよね。
普通は滅多にないぞ。ミラクル。


私、飛鳥さんの年齢設定どんぴしゃ
アラフォー世代なんですけど、
彼女には共感できなかったんですよね。


私は美人でもないし、恋愛体質でもないし、好きになってはいけない男を好きになる
とかもないし、男からこんなにグイグイ迫られることもないし(笑
そして流されてー、とか、勢いでー、とかも性格的にありえないので。

飛鳥の「女」丸出しの部分は眩しくもあり、
私には異次元の存在でしたね。


だから飛鳥は好きになれなかったです。
「何やってんだよ、しっかりしろよ」と思ってしまって。

それよりも、大久保さんが演じた友達の「千種」、
こちらに共感!


千種に感情移入してしまった。

飛鳥のあれこれより
千種、幸せになれよー!!って思って観てた。


個人的には広末ちゃん演じる院長が経営する
恋愛クリニック「ラブドック」っている?って思ってしまいました。
身も蓋も無いけど(笑

なんか広末ちゃんと成田くんの使い方がもったいないなーと。

このクリニックの存在をカットして
飛鳥と3人の男性との恋愛遍歴を、もっと掘り下げて欲しかったな
って思いました。


クリニック抜きでもお話は成立したと思ったもので。

音楽は、加藤ミリヤちゃんの曲が全編にわたって流れていて、
それが映画全体をポップ&キュートな世界観にしてたのが印象的でした。
ミリヤちゃんファンの方も劇場へ是非。


好みになっちゃいますが、
テレビ的な演出や、「面白くしてみました」みたいな編集が要らないなー
って思ったし、ツッコミどころもあったんですが

水族館のシャチのシーンは純粋に面白かった。
あそこは笑った。

色々褒めてるのかディスってるのかわからない感想になってますが(笑
私は干からびたアラフォー女なので、
こういう感想になるのだと思います(笑

女友達数人とかで観ると意見が色々出て面白いのではないかと。

玉木宏ファンは一見の価値ありです。
とにかく大きなスクリーンで、
あの興奮を味わっていただきたい。
劇場へGO!です。

スポンサーサイト

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク