八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

フーガの「ラブシャッフル1話レポ」②

テレビ静岡では、午後3時から
「鹿男あをによし」の再放送をやってたんですがー、
今日最終回になってしまいました。


ちぇっ。
せっかく小川先生とうさタンを両方楽しめてたのにー。
バンビとウサギのコラボがー!

そういえば昨日の静岡新聞の「こぼれ話」って芸能欄にピロシが出てました。
小さい顔写真と、ラブシャッフルの役に対する意気込みを少し語ってます。
色んな雑誌に既出のものと殆ど同じコメントだし小さい記事だけど、なんか嬉しかった。

先週金曜、1話放送開始の日は静岡新聞テレビ欄下半分くらい
(正確には三分の一)をドーンと使って、ラブシャ全員の写真
(公式HPにもあるレストランのテーブルでLポーズしてるやつ)
が載ってて、嬉しかった。

グッジョブ静岡新聞。

そうそう全然関係ないけど、先々週の3連休中に、浜松に行ってきたんですよ。
百貨店で「池田理代子永遠のベルサイユのバラ展
をやってましてね♪

私ベルばら大好きなんですよ

子供の頃とにかく「偉人の伝記」を読むのが好きで、
「世界の偉人大百科」みたいなやつの中に「マリー・アントワネット」がいて、
お姫様なのに悲劇的な人生で、何でこの人こうなったんだろうという興味から、
フランス革命とかマリー・アントワネットの本を読み漁ったんですよ。
今でも日本史より世界史の方が好きな私であります・・・

と、いう延長でベルばら。

会場には310点の原画展示、オリジナル劇画ムービー上映、プロダクション所蔵品が~。

展示会の目玉は、男装の麗人オスカル様が、
生涯でただ1度フェルゼンの為に着たドレス展示!


原作に忠実に再現してるんですよ!素晴らしかったわぁ~・・・

さらに、18世紀ロココスタイル宮廷衣装展示もしてましてー。

のだめヨーロッパSPで、千秋先輩がやったコスプレ衣装のようなやつです。

「ピロシに着せたいわぁ~・・・アンドレ・・・
と呟きながら、ガン見してました(笑)


で、「ベルばらグッズ販売コーナー」で以下の商品をお買い上げ~。

ポストカード3枚(私のチョイスです)

ベルばら

こちらは友達用に買ったアランとフェルゼンの入浴剤(オスカル様がない!)

ベルはら2

情熱的なアランは多汗の湯。キャッチコピーがいいですよー
「お前の全てを俺が見守ってやるぜ」
(笑)


上品なフェルゼンはタラソの湯。キャッチコピーは
「海より深い一途な愛であなたを包む」

ぐはー!どっちも好きだー!!(笑)
荒々しく包んで欲しいー!


で、自分用にオスカル様のキャンディアソートを購入。

ベルばら3

ジュテーム、オスカル・・・

おっと、失礼しました(笑)
「ラブシャッフル」1話レポの続きですー。

相変わらず長いエレベータシーン・・・

「どうして好きな気持ちは変わっていくのか」と愛瑠。
「愛なんて、男と女で存在するのかね?」と旺次郎。

じゃあ何?男と男なら愛が存在すると言いたいの?


旺「さかりがついて惹き合って、飽きて終了、ってなもんじゃねぇの?」

啓「俺はそうは思わないな!
  中にはずっと幸せそうな夫婦もいるし」


そんな3人の会話を聞いてた菊田先生、
「愛よりも相性の方が大事なんじゃないか」と
話しだします。


啓「愛よりも相性?」

菊「愛は移ろいやすい、それを留めておく為には二人の相性の良さが必要なんだ。
  よく言う価値観が同じとかいう、頭でっかちなことじゃなくてね」

先生の話を上目使いで
じーっと聞いてるうさタンがキュート。


旺「プラス、体の相性もね」←うさタンを見ながら

って何故うさタンに向かって言うの?


と、そんなやりとりをしていたら、様子がおかしかった愛瑠が座り込んでしまう。
「どうしたの?」「顔色悪いよ」と男3人心配しだします。

啓「もしかして、妊娠!?」

愛「バッカじゃないの!?

ええ、ちょっとうさタンゆるいです・・・

啓「心配してるんだろう
愛「面白がってるとしか思えない!」

旺「ま、かれこれ随分閉じ込められてるからな、
  密室で、初対面の男3人に囲まれて・・・


初対面つっても、
玉木宏、谷原章介、松田翔太ですよ?
これ以上の楽園がどこに!?


先生は「冷えたせいかな?」と自分のジャケットを脱いでかけようとしてます。
紳士的ですねぇ~。
と、そのときー

啓「わかった!おしっこしたいんだ!!

お前小2か!?(苦笑)

29歳男性の台詞と思えんのだが。
うさタン、さっきから台詞がイタイ!!

愛「セクハラで訴えるわよ!!

啓「いやいや、ちょっと。俺もそうだからさ・・・

あら!うさタンも危機的状況!?

愛「こう見えてもあたし女子!なのよ!

女子って言い方せんでも(苦笑)

先生は「女性は尿道が短いから、尿意を男性ほど我慢できない」と説明。
すげー露骨なこと言ってますが、医者ということで愛瑠から文句も言われません。
うさタンブーイング。

ここで旺次郎バックをガサガサしてー、
旺「そうだ愛瑠ちゃん、紙コップあるよ♪」

と、愛瑠に向かって♪デザインの紙コップを1つ差し出します。

愛「ここでしろっての?死んだ方がマシよ!!

旺「ジョークだよ」
愛「全然笑えなーい!」

笑えない人間がもう1人・・・

おしっこいきたくてたまらないうさタンです。

先生の隣で、壁にもたれて
お腹おさえて静かに耐えてます(笑)


先生の肩にもたれてしまえよ!

旺「歌でも歌うか?」←紙コップをマイクにみたてて。

啓「紙コップ貸して!
   俺もう限界だ!ここでするよ!」


マジでーーー!

玉木宏がそんなプレイをーーー!!

ってプレイ言うな!

愛「冗談でしょ?」

啓「みんなで背中向けてすればいい!
  音が聞こえないように、そう!歌を歌いながら!」


そういう問題か?(汗)

旺「連れションか、いいね付き合うぜ♪」

何故そんな簡単に?

愛「何言ってるのよ!頭おかしいんじゃないの!?」

うん、軽くおかしい。

旺「先生も!」←紙コップを突き出す
菊「僕は勘弁してくれないか!」
旺「いやいや」
菊「これでも人一倍羞恥心が強いんだ」

啓「協調・共感が大事でしたよね?菊リン!

と言いながら旺次郎の手から紙コップを奪い、先生の前に突き出すうさタン。

うさタンあだ名命名キターー!
しかも菊リーーン!!!


菊リンチョイスなんだね(笑)

菊「うさタン・・・・・」

菊リンと呼んでもらって、ツボに入った菊リン。
もう逆らえません・・・


啓「・・・・・(コクン!)」

力強く上目使いをしながら、
コクンとうなづくとこ子供みたいで可愛い


うさタンの熱視線とおねがい攻撃にやられ、ゆっくり紙コップを手にする菊リン。

旺「どうでもいいからさ。ほら、さっさとやっちまおう」
と、紙コップを愛瑠に手渡す旺次郎。

愛「嘘でしょー?あたしこんなことーー!!
啓「出産のときに恥ずかしいと言ってられないだろ!」
愛「あたし妊娠してないしー!

うさタンはさっさとコーナーに向かい、ズボンのチャックをガサガサ

啓「俺、自分慰めて歌う!
  ユーアーザ ダンシングクィ~ン♪」


何故ABBA!?

うさタンそういうタイプに思えんのだが(苦笑)

旺「いいねぇ~」

うさタンがやること全部ノルよね


結局皆で大合唱ですよ。
啓・旺・菊「Young and sweet only seventeen♪
       Dancing Queen♪
       ラララ~ラ~ララ~ララ~Oh yeah~♪」

って歌詞知らねぇのかよ!

男3人各々エレベータの角を使い、おしっこタイム突入~。
この画凄いんですけど(苦笑)

愛「みんなどうかしてるわよぉ~!!音はいいけど匂いはどうすんのよぉ~!」

つーか、
私は紙コップ1つじゃ足りません!


溢れませんか?(爆)

そんな検尿サイズの紙コップで。


愛「こんなぁ~!!」←紙コップガン見

啓・旺・菊「You can dance♪You can jive♪oh~♪
       ラーラララーラララァ~♪」


相変わらず歌詞知らないし(笑)

歌詞知ってる歌歌えばいいのにと思うのは私だけ?

愛「お母さん!ごめん!!

とうとう我慢の限界の愛瑠、紙コップ片手に座り込みます。

と、そのときエレベータの電気が復活!
一気に明るくなりました!


股間に紙コップあてた状態で、
上を見上げてるうさタンに萌え!(笑)


そして皆で窓ガラスにへばりつきます。

啓「動いた!」

エレベータが上昇~、皆も上昇~・・・・

オイオイ、うさタン前の処理は大丈夫なの?
と、ドキドキしながら股間をチェックしたのに、


何も出てないし!!!(怒)

出てたら放送できません。


ほっと安堵する4人・・・が、

愛「・・・・開いてる」

おしっこタイムの途中ですから、男3人チャック全開なのです。

目の前にいる菊リンではなく、
斜め前のうさタンの股間を見て
爆笑する旺次郎が怪しい(笑)


笑いながら自分のチャックを直す
うさタンに萌え~


で、何故か「かんぱーーい!」つって、
紙コップを4人でコーンてやって、上に投げております。

ちょっと待って、おしっこ全然してないの?

あんだけ歌ってたら結構出てるでしょーよー。

特にうさタン一番膀胱が大変そうだったからさぁ~。

まぁ、この後急いで自宅のトイレに駆け込んだと思われますがー。

というエレベータのシーンでした。

正直台詞回しや、突然ABBAを歌い出したときは引いた(笑)

え?そこ歌う?みたいな。

ABBAは私も好きですよ、ダンシング・クイーンも好きですがー、
同世代から言わせていただくと、この選曲には違和感を感じる(苦笑)

でも野島さんらしいっちゃーらしいね。
そういえば「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」でも主題歌ABBA使ってたものね。

おっと長くてすみません。ではさよーならー。

スポンサーサイト

C

omment

同感
小学校高学年の頃、ABBAが全盛期だった私ですが、ダンシングクイーンが出てきた時には、ドン引きです。オバQも29才の啓が思いつくはずがない・・・
有り得ない設定に、有り得ない台詞、先行きが心配です。果たして視聴者は付いて来てくれるのか?
うさタンがいくら可愛くても・・・・数字が出ませんよ。

M URL | 2009/01/19 23:51 [ 編集 ]


こんばんは!ラブシャッフル レポ 楽しく拝見させていただいています♪なんか、萌えポイントがだんだんとフーガさん化してきております(笑)
このエレベーターのシーンは玉木君が言っていた様に、舞台みたいでしたね。私は結構好きでした。

新聞にも色々と取り上げられているみたいで、読売新聞の日曜版でテレビ番組表の載っている新聞があるのですが、多分2月1日に玉木君が、表紙になると思います。質問を募集していましたから。もしよろしかったらチェックしてくださいませ。

yukiko URL | 2009/01/20 00:09 [ 編集 ]

いろいろとなつかし~
今年初コメントです。
いろいろ一人でテンパっていて出遅れました☆

ラブストーリー苦手なんでおそるおそる見てますが
なんかすごく楽しです~、これ。
たしかに、このドラマは
セリフとか掛け合いが、あまり現実味がなくて舞台風だし
ギャグネタとかダジャレが古い・痛い
というきらいはありますが…

どだい非現実的な美男美女を
職業と比べても豪華すぎるマンションの住人にして
バブリー風味で描いていくつもりなら
時代をずらして、非現実的な風情をさらにかもしているのかも?とも思いました。
だって一種の大人のエロファンタジーじゃないですか、これ。
(10時台でいいのかというのが最大の懸念ですが)
だから、このエレベーターでの掛け合いなんか、すごく好きです。
特に男三人のコンビネーションが!
うさたん・菊リン・O次郎の取り合わせが、なんかキュートで軽妙でいいです☆
谷ちゃんが怪し過ぎてなんともいえないし☆

ところで、ベルばら!
私も昔はまりました。原画展にも行きました!
そして、バイトで池田先生のお宅でアシスタントしたこともありました。
なんかすごく優雅なドレス着てキレイいんメイクしてかいてらっしゃるすごく珍しいタイプの漫画家さんでした。

そういやどっかで、ベルばら実写化するなら…というブログ読んでたら
フェルゼン=玉木宏 になってて
わかるような全然違うような、で一人でウケてました♪

とにかく、来週も楽しみです!

ケロ URL | 2009/01/20 00:24 [ 編集 ]


ベルばら!もちろん、私も大好きですう☆
漫画は昔買っていたのを忘れて、また同じものを
購入しちゃった経験あり、オスカルとアンドレって
正統な関係なのに、子供心にイケナイ雰囲気を
感じていたのを思い出しました(笑)
オスカルの男装のせいで!

と、ラブシャッフルは今週以降にまた期待して、
愛を持って観ていきたいと思います。
そしてフーガさんのレポも楽しみなんですけれど、
何が好きって、フーガさんの「さよーならー。」が
大好きなんですよね、私。

かなおかより URL | 2009/01/20 01:17 [ 編集 ]

妖子という漫画
ずーーーっと前に見たことある「妖子」という漫画、
これ池田理代子さんだったんですよね~
死刑囚の女がキメラと契りを交わして悪魔の子を産むっていう、
子供ながらに見てすげえ話だと思ったものです。
そんなことをちょっと思い出しました。
「妖子」と、作者が多分違いますが「ポーの一族」が、
今とっても読みたい漫画です。

さてさて、うさたんのリピが止まりません。
おしっこ連呼できるイケメンって玉木君ぐらいでしょうねえ。
歌に関しては、ああいう状況で出てくる歌にしては
ちと古すぎるので、多分、いつ流行ったとか、
今これがきてるとか、そういう流行りものの時間差年齢差は
一切無視していくんだな~と思いました。
リアルをあえてぶった切るというか、そんな感じ。
確かに中途半端にリアルに近づけるよりありえねーって
ぶっ飛んでた方がドラマがカッコいいです。

来週はロビーにお膳出してる映像流れてたし(これもありえない)
タラちゃんズも出てくるし、寒い台詞&ギャグの、
オンパレードだと思いますがとても楽しみです。

しらぽん URL | 2009/01/21 22:31 [ 編集 ]


>M様

どうもですー。
一番乗りコメントありがとうございます。

>ダンシングクイーンが出てきた時には、ドン引きです。オバQも29才の啓が思いつくはずがない・・・

ドン引きですか。私も引いたけど「ドン」はつかないかな(汗
私30ですけど、オバQはアニメで見て育ちましたから、
そこは違和感なかったです。

>果たして視聴者は付いて来てくれるのか?
うさタンがいくら可愛くても・・・・数字が出ませんよ。

まぁ、賛否両論ありますけど、2話からお話が動き始めるからこれからじゃないですかねー。

フーガ URL | 2009/01/21 23:15 [ 編集 ]


>yukiko様

どうもですー。

>なんか、萌えポイントがだんだんとフーガさん化してきております(笑)

そうなんですか(笑)それはいいんだか悪いんだか。

>このエレベーターのシーンは玉木君が言っていた様に、舞台みたいでしたね。私は結構好きでした。

本当に4人の舞台を見てるようでしたねぇ。
私も別に嫌いじゃないですよー。

>2月1日に玉木君が、表紙になると思います。質問を募集していましたから。もしよろしかったらチェックしてくださいませ。

そうなんですか。おおーありがとうございます。
忘れないようにしなくては。

フーガ URL | 2009/01/21 23:17 [ 編集 ]


オスカルさま~と子供のころを思いだしました。ものずごい人気で実写映画もあった記憶があります。美形とはこの方と、玉木さんにあうまでたれ目は好みではありませんでした。
 ラブシャーのエレベーターシーン初対面の人間がアクシデントによって近づいていく微妙~な距離感・接触が面白かったです。こうゆう時人間性がでますよね。
 古いギャグも歌も相手との距離を量りながら会話するための手段になのかな?楽しくて、古いからというのは逆に古いのかなと?思ってしまいました。金曜日が楽しみです。
 ・・・パソコンは小康状態をたもっております。

のりたま URL | 2009/01/21 23:22 [ 編集 ]


>ケロ様

どうもですー。お久しぶりです。

>バブリー風味で描いていくつもりなら
時代をずらして、非現実的な風情をさらにかもしているのかも?とも思いました。

はい、私も野島さんはわざとそうしてるのかなーと
思います。ついていけるかいけないか、は人それぞれだけど。

>だって一種の大人のエロファンタジーじゃないですか、これ。
(10時台でいいのかというのが最大の懸念ですが)

はい、本当にエロファンタジーですよね。
完全に「ザ・ドラマ」な世界。

>うさたん・菊リン・O次郎の取り合わせが、なんかキュートで軽妙でいいです☆

テンポいいですよね、この3人の掛け合い。

> そして、バイトで池田先生のお宅でアシスタントしたこともありました。

凄い!さすがはケロ様。凄い経歴をお持ちで!
池田先生と直接お仕事したことがあるって相当ですね。

>なんかすごく優雅なドレス着てキレイいんメイクしてかいてらっしゃるすごく珍しいタイプの漫画家さんでした。

テレビでしか拝見したことないですけど、いつも華やかで女優さんぽい方ですよね。

>フェルゼン=玉木宏 になってて
わかるような全然違うような、で一人でウケてました♪

あー・・・なるほどー。似合いそうですねえ。
私の中では、オスカル様=ピロシ。アンドレ=瑛太。
フェルゼン=谷原さんでした(笑)

フーガ URL | 2009/01/21 23:30 [ 編集 ]


>かなおかより様

どうもですー。

>ベルばら!もちろん、私も大好きですう☆

おお、ベルばらファンさすがに多いですねぇ。

>オスカルとアンドレって
正統な関係なのに、子供心にイケナイ雰囲気を
感じていたのを思い出しました(笑)

確かにオスカル様は「男」を装ってますからねぇ。
ビジュアル的には萌える設定。

>と、ラブシャッフルは今週以降にまた期待して、
愛を持って観ていきたいと思います。

はい、2話から本格的に物語が動きますからねー。
これから楽しみです。

>何が好きって、フーガさんの「さよーならー。」が
大好きなんですよね、私。

何故(笑)そうなんですか、じゃー今後ガンガン使います。

フーガ URL | 2009/01/21 23:32 [ 編集 ]


>しらぽん様

どうもですー。

>ずーーーっと前に見たことある「妖子」という漫画、
これ池田理代子さんだったんですよね~

そんな話があるのですかー、それは知らなかったです。
なんか凄いですね。

>「妖子」と、作者が多分違いますが「ポーの一族」が、
今とっても読みたい漫画です。

「ポーの一族」は名作ですよねぇ~。

>おしっこ連呼できるイケメンって玉木君ぐらいでしょうねえ。

私もリピが止まりません。
おしっこ連呼しても全然嫌悪感感じないのは
ピロシの特権ですね。

>今これがきてるとか、そういう流行りものの時間差年齢差は
一切無視していくんだな~と思いました。
リアルをあえてぶった切るというか、そんな感じ。

ですね。あえてそうしてるんだろうなーとは思います。
ABBAを歌い出したとこだけ違和感凄かったんですけどね(笑)ダイアモンドと天城超えはカラオケの定番だから別になんとも。

>タラちゃんズも出てくるし、寒い台詞&ギャグの、
オンパレードだと思いますがとても楽しみです。

私も凄く楽しみです。どう転んでいくか全然わからないので。

フーガ URL | 2009/01/21 23:36 [ 編集 ]


>のりたま様

どうもですー。

>実写映画もあった記憶があります。

これどっかのテレビで紹介されてて見たことあります。
なんか微妙だった気が(苦笑)

>エレベーターシーン初対面の人間がアクシデントによって近づいていく微妙~な距離感・接触が面白かったです。こうゆう時人間性がでますよね。

昨今ではありえない距離感でしたね。
完全に閉じ込められてる感が出てて面白かったです。

>古いギャグも歌も相手との距離を量りながら会話するための手段になのかな?楽しくて、古いからというのは逆に古いのかなと?思ってしまいました。

どうなんですかねー。人それぞれ感じ方違うので、古いと思う人もいれば、新鮮だと思う人もいるし。
私は引きつつも、楽しんでました。

フーガ URL | 2009/01/21 23:39 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク