八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

フーガのおすすめBLと「ピロシのZepp東京最終日ライブ」レポ③

★急遽ジルデコニュース追記します★
明日2月9日、JFNネットワーク
『A.O.R』19:00~21:20
にジルデコが生出演します!


しかも生演奏するらしいですー♪

放送地域は

TOKYO FM
エフエム静岡
(以下同エフエム)青森、秋田、山形、福島、群馬
栃木、長野、石川、岐阜、三重、滋賀、兵庫、山陰
岡山、香川、徳島、高知、佐賀、長崎、鹿児島

全国22局ネットです。

やっと静岡で聞けるよ。ホクホク。家族で聞かねば。


昨夜「堂本兄弟」を観てたら、ゲストの秦基博さんとkinki剛が
SLAMDUNKマニアということで、カルトQとして5問クイズやってて、
私もスラダン大好きだったので、一緒にやってみた。

全問正解した(笑)やったー。

もうね、桜木花道人形を買うほど、子供をどかしてガチャポンやるほど
スラダンにはまった女子高生だったもんで(笑)

ではライブレポの前に、意外と私の「おすすめBLコミック紹介」コーナーが、
好評なので(笑)久しぶりに書いてみたいと思います。。


今回はBL好きじゃない方にも読んでいただきたいやつを!
エロも殆ど無いんで大丈夫!

日高ショーコさん作「憂鬱な朝」です!

マンガ

昨年1巻が出まして、現在も連載中。多分今年の春くらいに2巻が出るんじゃないかしら。

もうね、昨年新刊で出たとき即買って
読んだときからずーーっとずーーっと
ブログで紹介したかったんです!!
1年我慢した(笑)それくらいオススメ!


時代設定は明治です!華族社会が舞台でございます!
明治・大正・華族ものが大好きな私には涎もののお話です。

主人公は暁人(あきひと)という10歳の少年。

物語は少年暁人が、久世子爵家本邸に連れて来られるところから始まります。
当主であった父が亡くなり、病弱な母とともに鎌倉の別邸で育っていた暁人が
10歳にして爵位を継ぐことになったのです。

本邸には前当主の遺言に従い、家令として久世家の全権を握り、
采配を奮う若き美青年、桂木がいました。

桂木は暁人の教育係りとして、彼が成人するまで責任をもつのです。

10歳の子供相手にも優しさをみせず、冷たく、どこか突き放すような桂木。
淡々とその任務を全うするかのような態度に、暁人はいつしか
彼に認めて欲しい、そう思いながら成長します。

物語は暁人が10歳の少年から中学生、高校生と成長していく過程も描いていて、
その都度、桂木への気持ちや、関係性が微妙に変化していくんですよ。
その描き方がとても繊細で素晴らしいです。

そして成長した暁人がこちら、17歳。

マンガ2
真っ直ぐで知的な美少年に成長します。
桂木への想いは成長すればするほど、膨らみ、
いつしかそれが「恋」だと気付くのです。


はい、お待たせしました。
こちらが敏腕有能な家令、桂木。多分29歳。

マンガ3
桂木は久世の分家なので、「執事」とかとは違い、家柄も申し分ありません。

少年暁人の桂木の印象は
「背が高く、いつも背筋が綺麗に伸びていて、洋装が似合う人」

もう、ピロシしかいないだろー!

是非ピロシに演じて欲しい!年齢設定も素晴らしい!

桂木は社交界でも目を引くほどの美貌で、
その美貌を武器にして社交界を渡り歩くという裏の顔ももっています。
ご婦人の不倫相手、ときには男性である侯爵のお相手も・・・


それは全て「久世家」の爵位を上げる為、社交界で有利であるように。
自分の身体を使うことは、桂木にとっては何でもないことなんです。

どうですか!このキャラ設定!
男女共に誘惑できる美貌の持ち主は
玉木宏以外にいなーい!!(断言)

MWで観れなかったから、是非これを映画化で!(笑)

だってね、この桂木が着てる衣装全て絶対ピロシが似合う感じなんですよ!
久世家の表に立つときはオールバックの髪型だし、
オフのときは、白シャツにカーディガンとかなんですよ!たまらんです!

特にこの立ち姿!

マンガ4

もうピロシにしか見えない!!!
お願いします、
今すぐクランクインしてください(笑)


華族社会独特の複雑な人間関係、爵位、主従関係、身分の違い、そして愛憎・・・
ただ桂木に憧れてやまない暁人、
暁人に憎しみさえ抱く桂木の
切なくもスリリングな関係を
是非ともお楽しみください!!


あとは昨年もブログで紹介した「由利先生」シリーズ、第2弾
「由利先生と愛しき日々」 木下けい子作

マンガ5
こちらもほんとーーーにおすすめで、ピロシで妄想できますんで、是非是非(笑)


ではでは東京ライブレポの続きをー


MCタイム

何故か突然「投げキッスしてー」とお客さんから声があがり
びっくりして「えっ!?」と照れ笑いするピロシ。

玉「1回ためちゃうと、なかなか出来ないけどね」
と言いながらも、そのすぐ後に

ちゅっ

キタァアアアアアアアア!!!!!

私の記憶が確かならば、こんな感じだったと思われる。

東京二日目

くっそー!後ろ過ぎてピロシの投げチュー受け止められず!
ゴムゴムのーー!って言ってビョーンと飛んで
キャッチしたい気分でしたよ(@ルフィー)


当然ZeppTokyoはぎゃぁあああ!!ですよ。
後にも先にもそれ1回のみの伝説チュー。

「Seasons」がデビュー曲ということで、振り返る話をしつつー
最初の頃より今は自信がついたって話をしてました。

玉「沢山ライブをやりたいのに出来なくて
  悔しい部分もあるけど。
  これからもライブをしっかりやるつもりなんで、
  次回やるときも是非来てください」


みたいなことを言ってました。是非是非お願いします、あとはー

玉「最初デビューしたとき、
  どーせ俳優がCD出したんだろう、って
  思われてて、いまだにそういう目があります。
  凄く悔しいけど、やり続けることに意味があるから」

ってなことも言ってましたね。
私も当時そう思ってた1人なので(汗)すみません・・・

あとは「最初は音楽活動のスタンスを迷った」というような話もしてました。

玉「最初は詞も自分で書いてないし、
  演じて歌う方が楽な部分もありました」と。


玉「でも後々の事を考えるとコレでダメだと。
  自分らしさを出さなきゃだめだと思うようになって
  徐々に作詞をするようになったり」


ってなことも話してました。今では自分のカラーを出せる機会が増えたと。
そんなようなことも語ってましたよ。

あとはライブが楽しいって凄く語ってましたね。CDよりライブがやりたかったって。

で、映像の仕事と音楽の仕事の違いについて話してたときだと思うけど、

玉「映像の仕事は、撮影は現場で起こってるんですが」

みたいな言い方をして、「ん?青島?(@踊る)」って思ってたら
案の定指摘され

玉「事件は現場で起こってるんです!」

ってちょっと青島風に言い直すピロシ(笑)ノッたらしい。

ユーキャン刑事じゃないけど、刑事とか警察とか検察とか
ピロシはそっち系演じて欲しいわー。
弁護士より犯罪者を追いつめる方がいい。


確かね、他にも凄く語ってたんですけど・・・細かいことは忘れました。

ざっくり説明すると、映像の仕事は直接会わないスタッフさんもいるし、
視聴者とも会わないけど、ライブはスタッフもお客さんも全部
目に見える範囲だから、充実感とかがある。みたいなかんじでした。


あと何の流れだったか

玉「涙を誘うんじゃない!」
って言ってました。どーもお客さんが泣かせようとしたらしい。

そしてMC中ピロシがタンブラーを飲んでると必ず
「何飲んでるのー?」と声がかかります。

玉「毎回同じ人じゃないだろうな!?
  どこでも毎回”何飲んでるの?”って聴かれるけど」

って言ってました(笑)確かに言い方同じ?

玉「これは永谷園の味噌汁です!」

出た!永谷園ジョーク!(笑)
初日同様そう言った後に、またタンブラー飲んで

玉「あーおいしいなぁー」

全然心こもってない言い方(笑)


この間お客さんからは「具」が何か、ガンガン質問飛んでましたねー。

玉「ワカメが喉についたら乾燥しちゃうだろ!
  だからワカメなしの味噌汁です!」


ちなみにもう1つは「お吸い物」らしい。ウケる。どっちにしても塩分過多(笑)

玉「味噌汁とお吸い物ね!
  ちゃんと忘れないで帰ってください!」


ピロシ先生、
これは期末テストに出ますかー!?


このタンブラーのくだりは、お客さんが盛り上がって異常にうるさかった気が(汗)

9曲目「希望の海」
これも私はひたすら泣いてましたよ(どんだけ泣くんだ自分)
だってこの曲ピロシの曲ん中で、一番好きなんだもん。

10曲目「MY VORTAGE」

ピッグを投げて退場

そしてバンドセッションタイム。

で、衣装変えたピロシが入ってきましたが、
初日と同様タニ風衣装でしたね、多分・・・遠くて(汗)

そんでいつものとーりピロシがバンドメンバーを紹介して、ピロシも紹介して
11曲目「BASKET CASE」へ
これも凄く好きだったなー。ピロシのロックテイストがかっこよくて。

12曲目「Good day」の毎回恒例「イェイイェイ」タイム。
「俺の後についてこーい」ってことで、お馴染「イェーエェ~」からスタート。
これを6回くらいやったんじゃないかな?長かった気がする。

そんで「イェーエイ♪」やら「イェイイェイ」やら繰り返し
それぞれ何回かやったらー

玉「イェイイェイ↑イェイ↓」

ってちょっとイントネーション変えてきて、何を言うかと思えば

玉「NEC!」ですよ。

私は最初「ABC」に聞こえて「ABC!」って叫んじゃった(汗)

そして会場が「NEC!」コールになったと思ったら
玉「永谷園!

何?今日はお世話になってるスポンサーコールですか?(笑)
ZeppTokyo一丸となって企業名を叫んでるのは面白かったけど。

玉「永谷園!
客「永谷園!

玉「お吸い物!
客「お吸い物!

今度は商品名になりましたよ(笑)でも「お茶漬け」にはならず。

で、また「NEC」コールやら「イェイイェイイェイ!」やら連呼して、
バンドメンバーが「ヒロシヒロシヒロシヒロシ!」って言い出して
皆も「ヒロシ!」コールです。

玉「イェイイェイイェイイェイ!」
客「ヒロシヒロシヒロシヒロシ!

これをずーーっと繰り返してて
玉・客「ヒロシヒロシヒロシヒロシヒロシヒロシヒロシヒロシ!」

もう何回ヒロシ連呼したことやら(笑)
最後私疲れてヤケクソで叫んでたもん。
いつのまにか疲れて「ヒロシ」が
「ヘロスィー!」になってた。


そんでピロシはまた歌に戻っていくという・・・
最後にふさわしい盛り上がりでしたけどね、コールで腕痛かった(笑)
長くてすみません、続きはまたこんどー

スポンサーサイト

C

omment

ジルデコ
フーガさんオススメのジルデコ、
いい機会だから聴いてみようと思ったら
私の住んでる地域は放送がない!残念…。

投げキッス、「ちゅっv-238」ていう音が
すっごくナマナマしく響いて
私含め周りは腰砕けモードでした。
破壊力凄すぎです…。

CD出す時の悔しい想い、胸が締め付けられるようでした。
私はCDに手をだすようになるまで
結構時間がかかったほうなので
(ごめんね…でも今は歌も大好きだから)と心のなかで懺悔。
CDだすよりライブやりたかったっていうのも
強く伝わってきてちょっと涙目に。

ヒロシコール連呼、私も同じく途中からヤケクソでしたよ(苦笑)
熱気と連呼で酸欠状態になりかけましたし。
でも楽しかったです。

みさき URL | 2010/02/09 00:52 [ 編集 ]

>みさき様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>フーガさんオススメのジルデコ、
いい機会だから聴いてみようと思ったら
私の住んでる地域は放送がない!残念…。

おお、そうだったんですねー。残念ですー。
でもそ思ってもらえただけでも嬉しいです。
兄がやってるバンドなので(汗)応援お願いします。

>投げキッス、「ちゅっ」ていう音が
すっごくナマナマしく響いて
私含め周りは腰砕けモードでした。

確かにオンマイクだったので、拾われてましたよね。
チュ音(笑)

>私はCDに手をだすようになるまで
結構時間がかかったほうなので
(ごめんね…でも今は歌も大好きだから)と心のなかで懺悔。

そうだったんですねー。
確かに「歌は」って敬遠してるファンの方も多いですもんね。
今大好きなら大丈夫ですよ。

>CDだすよりライブやりたかったっていうのも
強く伝わってきてちょっと涙目に。

はい、凄く本心を聞いた気がしましたね。

>ヒロシコール連呼、私も同じく途中からヤケクソでしたよ(苦笑)
熱気と連呼で酸欠状態になりかけましたし。
でも楽しかったです。


やはりそうでしたかー。あれは疲れますよね。
なげーーって思いながら叫んでました(笑)
でも楽しかったですよねぇ。

フーガ URL | 2010/02/11 00:11 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク