八割腐妄想日記…。 フーガが愛をあつくぶつける日記帳です…。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール

トッカータ と フーガ

Author:トッカータ と フーガ
立ち上げ当時は 千秋先輩★萌~だったがいつの間にか
フーガさんの愛を形にする社交場に。。

いつでもどこでもフーガとトッカータは楽しく毎日妄想中★★
ピロシLOVEでTVっこフーガ

最近はレイアウト担当トッカータ(オバンギャ)

8割妄想型 ほっこり(笑)ブログです★ 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
くったりうさぎ きょうのひとこと
ユーザータグ

フリーエリア

「ダ・ヴィンチ番組」&「ギルティ8話」感想②

今日会社近所でガス漏れが発生して消防車とか出動して大騒ぎだったんですがー
それを母親に言ったら

「あんたの屁じゃないの?」

と言われたフーガです。はい、毎日焼き芋食べてますが何か?

昨夜BS朝日で放送された「ダ・ヴィンチの指紋」、
ピロシはナレーション&ナビゲーターとしての出演でしたが、
思いのほか、全体的にちょこちょこ出てきて大満足でした。
私は案内役は最初・真ん中・最後くらいの感じかと思ってたので。

ピロシが机に座ってる雰囲気は、
昔フジの深夜にやってた「カノッサの屈辱」を思い出しましたよ。
ピロシが仲谷昇に見えた(あれはバックが本棚でしたが)

それにしてもピロシはあーゆー、ちょっとクラシカルな
ツイードのスリーピースーツよく似合いますよねぇ~。

クロップドパンツみたいなのもオシャレ。ブーツいいねえ。

そして長髪をお団子ヘアにしてるのも、お髭なのもちょうどよく
19世紀のイギリス人風に見えて素敵でしたわー。

まるで「シャーロック・ホームズ」に出てきそうな感じ!
葉巻咥えながら「ワトソン君」とか言って欲しい。


番組は、19世紀のドイツ人画家が描いたとされていた「美しき姫君」が、
実はダ・ヴィンチの作品ではないかということを、
様々な角度から検証し、謎に迫っていくという内容でしたがー
面白かった!見応えありましたねぇ。
これ地上波でやりゃーいいのに、って凄い思った。


「左利きの人物が描いた証拠」として「ハッチング」の検証が出てきましたが、
私も趣味とはいえ絵を描くのが好きな女ですから、これはすぐにわかりましたよ。
すげー納得。

ダ・ヴィンチの作品に違いないということ、モデルとなった姫の正体は結果として
出てきたけど、まだまだ色々謎が残されていそうで気になる。
この作品以外にも謎が残された名画について、シリーズ化してやって欲しいなぁ。

ピロシのナレーションは心地いいし、引き込まれるので大好き。
要所要所で出てくる「ピロシ教授の1人謎解き教室」
みたいなのも素敵でしたわー。あー横顔アップが麗しい・・・


ピロシ教授の助手やりてぇ~。

あとこの作品中、2回も永谷園ピロシCMが流れたのが嬉しかった。
鴨南蛮そばのCM初めて遭遇したわ。あー可愛い。
しかも鮭茶漬けと連発でくるあたり素敵。


えーピロシとは全く関係ないですが、ダ・ヴィンチが絡んでくるということで、
私のオススメ漫画を1つ。

★さいとうちほ先生の「花冠のマドンナ」

花冠のマドンナ (1) (小学館文庫)花冠のマドンナ (1) (小学館文庫)
(2002/08)
さいとう ちほ

商品詳細を見る

中高生時代に好きだった作品ですー。さいとうちほ先生は絵柄が好きで、
彼女の「まんがアカデミア」という漫画の描き方のテキスト本を愛読しました(笑)
昔は漫画家を目指してたので、それを参考に漫画の描き方を勉強してましたねー。

16世紀のイタリア・ルネサンス期が舞台で、没落貴族の娘レオノーラがヒロインです。
生まれながらに銀髪・エメラルドの瞳を持ち、ずっと片耳に赤いピアスを
つけている不思議な美少女で、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたとされる
絵画「花冠のマドンナ」に描かれてる少女と瓜二つの容貌。

その「花冠のマドンナ」の絵画には、それを手にした者はイタリアを統一する
王になれるという伝説を持つ宝剣の在りかが隠されていた。
伝説を知ったレオノーラは髪を切り黒く染め、少年「レオ」として
ダ・ヴィンチに会う為、1人旅立つというとこから始まるのですがー

レオと恋に落ちる、ナポリ王国の王子ファルコが私は当時凄く好きでした(笑)
金髪ロン毛の優しい美形王子で最高です。是非ピロシで!

もう1人、レオを巡るファルコのライバルとして出てくるのが「チェーザレ・ボルジア」
こちらは有名な実在の人物ですが、ファルコが光ならチェーザレはダークヒーロー。
悪の華といえるキャラ。このチェーザレもエロかっこよくて好きだった。
是非ともピロシで(笑)

その他ダ・ヴィンチ含め、チェーザレの妹ルクレツィアとか、その他も当時の実在の人物が
漫画のキャラとして出てくるのが面白いです。これを読むとダ・ヴィンチを身近に感じる(笑)
現在は「文庫本」として出てるので、よかったらどーぞ。

さてさて、明日に備えて「ギルティ8話」の感想を
真島ポイント中心にいきたいと思いますー。
(多分途中まで(笑))


パソコンでアンの出産シーンを見ながら、真島と一緒に見守ったことを思いだす芽衣子。

それを一緒に観てたうちの母親が、
「この犬、いつ赤ちゃん産んだんだね?」とトンチンカンな事を言うので、
その説明をキレ気味にしときましたよ。
1話からちゃんと見せてるのに、すっかり忘れてるという・・・

怪しい無言電話の後、帰宅する芽衣子の背後にはボウガンを持つ男が。

そこへ真島カー到着。
「後ろに乗ってろ!お前は溝口に狙われてる!」

「乗ってろ」言われてぇー。

犯行予告を受け芽衣子のとこに駆けつけたのですね。

溝口を見つけピストル片手に走る真島が「刑事!」って感じで
実にカッコイイ!
ボウガンの矢を咄嗟にしゃがんでかわすとこもカッコイイ!


個人的には真島の肩口に矢が刺さって
「うぅっ!」となりつつもー
溝口を睨みながら矢を自分で引き抜く
(信長様のように)
とかいうのも観たかった(どんなドラマだ)


1発目が溝口の手をかすった模様。悶絶する溝口。
そこをすかさず上から蹴る真島!もう1発腹にもお見舞い!

ここの容赦無い憎しみこもった蹴り具合最高!

で、額に向けて拳銃をおろします。

「ごめんなさいごめんなさい」と態度を急変させる溝口の腕を
上からグリグリグリ~と靴で踏みつける真島。

ここ素敵!鬼畜真島大好き!
ああ踏まれたい!なじられたい!(ドM)


「黙れ・・・」←言い方エロイ

そこへ芽衣子が駆けつける。

「お前なんか人間じゃねぇ!」by真島

溝口を見る目が、怒りのあまりイっちゃっております。
MWの最初に誘拐殺人をするときのミッチーを思い出したよ。
あれに似てるけど、でも違うとこが凄いです。

こっちは完全に暴走してる人の目でした。
もう溝口しか視界に無い、憎い殺したいっていう。


そこへ「止めてください!」と真島の拳銃を持つ手を掴んで止める芽衣子。

真島「邪魔すんな!」

怒りで我を忘れてる真島にとっては
芽衣子でさえも邪魔者なのですねぇ。


まー、でもこの止め方は非常に危ない。
万が一うっかり真島がトリガー引いちゃったらどーすんだ。
それだけ芽衣子は我が身を省みずに真島を止めたかったのですね。

「だからって殺しちゃいけない!あなたは私と違うんだから!」

その言葉に一瞬止まる真島。
「私と違う」って切ない言葉だなー。

芽衣子は前科者だし、既に何人も死に追いやってる女、
でも真島はそうじゃない、光が当たる正義の道にいなきゃいけない人。

過去も今も未来も
二人が生きる道は違うわけですね。


その隙に溝口が芽衣子に向かって体当たり、バランスを崩し芽衣子を振り解いた真島。
溝口逃走、後ろから銃で狙うも芽衣子に邪魔されー
「どけっ!!」

そんな揉み合いの間にパトカーのサイレン音が!近所の人が通報したらしい。
ひとまず退散しペットサロンへー。

「何で止めたんだよ!」と激怒し、芽衣子を乱暴に窓枠に押し付ける真島。
置物がはずみで落ちてガッシャーン!

大事にしてた芽衣子にさえ、
思わずこんな風に乱暴にしてしまうのが、
真島の憤りや悔しさや怒りを感じて切ない。


「あいつをこの手で始末できたのに。三輪さんやコウタの為に
 やらなきゃいけなかったのに!何でやらせてくれなかったんだよ!」

「あいつを殺せば終わらせられたのに・・・なぁ!」


怒りをぶつけるように芽衣子に迫り揺さぶる真島。
真島に圧倒されつつも、気持ちがわかるから何も言えなかった芽衣子でしたが

「それは違う!絶対に終わらない・・・」

「悲しみも憎しみも終わらない!」


これは自分自身の経験談なのですね。

今まさに復讐の真っ只中に身をおいてる芽衣子が、
自分を苦しめた奴らを殺していっても、
こういう風に思っているっていうのは
実に説得力がありますねー。


「今よりもっと抱える苦しみが増えるだけなんです!」

「自分も周りを苦しめたことに気付くから!」


芽衣子の言葉は深いね。
でも、自分でここまでわかっていても
復讐は止められないわけで。
やればやるほど自分を削って壊していくという
究極に孤独で虚しい作業ですね。


決して気持ちがいいものではなく、ターゲットの残された家族や恋人の事を
想いながら、芽衣子は自分なりに懺悔をしてたんでしょうかね。

「ああいう奴こそ、命をもって償うべき」
この瞬間、悪モードの冷めた目になるのが印象的。

「だけど貴方は犯罪者になっちゃいけないんです」

芽衣子の気持ちもわかる。
でも私は真島の↓

「・・・・それでもっ・・・殺したかったっ・・・」

「殺したかったんだよ!!」


この気持ちに凄く共感しました。
そりゃそうだよ。絶対にこう思うよ。


真島の人生を思うなら「早まるな!人生捨てることになるぞ!」と
止めたいんだけど、でも溝口は殺させてやりたいと思ってしまう。
芽衣子を陥れた犯人達と溝口って基本的に違うし。あいつは快楽犯・愉快犯。
そんな奴に大事な人を嬲り殺されたらねぇ・・・

ただ真島は芽衣子が止める前に、溝口を咄嗟に撃ち殺すことも可能だったのに、
出来なかったのは、自分の中で葛藤があったんでしょうね。

殺意と理性の間で苦しむ真島、
きっと彼は誰も殺せない気がする。


ハァハァと背中を丸めて膝を持ちながら、涙を堪え呼吸を整える真島が切ない。
真島も芽衣子も似てますね。
泣いちゃえば楽になるのに、思いっきり泣けないという・・・


でもその分、張り裂けそうな胸の痛みや
苦しみや、嘆きが伝わってきました。
ぶつけようの無い怒りや湧き上がる殺意を
必死で抑えてるのが痛々しい・・・


真島のウルウル目には弱い・・・
私の消費税くらいしかない母性本能が疼くよ!!


その背中にそっと包むように寄り添う芽衣子、母性を感じます。

すると少し呼吸が落ち着いてくる真島、
っていうのがイイですね!愛ですね!
ここは凄くラブシーンだなーと思った。


発砲事件の現場に残されていた真島の車で閃き、ペットサロンへ来た万里様。
真島にひっついている芽衣子を凝視!

本庁へ一緒に戻そうとする万里様を、振り解いて出て行く真島。

芽衣子をビンタする万里様。
「二度と彼に近付かないで!貴方のせいで拓朗がどんどんおかしくなってくじゃない。
 これ以上彼を不幸にしないで!」


これを言われると芽衣子は何も言い返せないのですよね。
当たってないよーであたってるっていう。

しかし最近万里様、やたら「拓朗」呼びよね。前は「真島」だったのに。
「私と彼との絆」アピールしてくるあたり、
芽衣子を威嚇してるのがよくわかる。


真島を追いかけ問い詰める万里様。
「殺すつもりだった」と溝口への殺意を認める真島に対して、

「冷静になって!犯罪者の為に自分の人生棒に振る気?」

この、万里様にユサユサ揺さぶられてるなすがままの真島が
何か可愛かった、萌え。
ママと僕ちゃん、もしくは姉ちゃんと弟みたいに見える。


真島がどんなに溝口を殺す理由を言っても、
「それでも殺す理由にはならない」と諭す万里様。

「立派な刑事だな・・・」by真島

皮肉たっぷりな言い方ですが、少し悲しそうな目が印象的。
”俺の気持ちわかってくれないんだな”と言いたそうな感じ。

きっと自分と万里様の間には、
永遠にわかりあえない溝があるんだと
悟ったんでしょうか。どこか冷めてる。


芽衣子は真島が身体を張って守ってくれたことや、溝口との一連の事件等を
思い出しながら、ガラスの破片を掃除中。

「私が片付けなきゃ・・・」

と、破片を握り締めております・・・
まるで催眠術にでもかかったような、
芽衣子のスイッチオンした瞳が怖い。


真島部屋のアンが可愛い。
アンはオス真島が大好きなのでしょう。
そんなアンを上からジーッと見つめて、芽衣子を思いだす真島。
アン=芽衣子なんだね。
(お前アイツに似てるって言ってたしね)

芽衣子の言葉を思い出し、いつもとは違うソファに座ってる真島。

芽衣子のもとへ堂島から連絡がー。
はい、ここで切りますーではでは。
スポンサーサイト

C

omment

ダ・ヴィンチの指紋
ナレーションもナビもかなり満足な放送でしたね。
絵をなぞる指が映るところとか、長い睫毛が堪能できたり
内容もとっても面白くて見応えありました。
それから葉巻、いいですね!
あの風貌ならパイプくゆらすのも絵になりそうです。

みさき URL | 2010/12/07 00:14 [ 編集 ]


絵の姫君と横顔と玉木くんの横顔が同時に映る場面。カメラマンやスタッフが狙ったか分からないですが、全然負けてなくて美しかった。睫毛がキレイだし、鼻筋がキレイだし。ダビンチに描いて欲しい~。

icchan URL | 2010/12/07 00:25 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2010/12/07 08:01 [ 編集 ]

演技もナレも酔わせてくれます
ダヴィンチには予想の何倍も登場してくれて驚きました。NHKのナレより地声に近いのが好みです。彼の声で「美しい姫君」と呼ばれて違和感がない絵画もよかったです。……「も」よかったじゃなくて、あっちが番組の主役なんですが(笑)

>真島も芽衣子も似てますね。
>泣いちゃえば楽になるのに、思いっきり泣けないという・・・
するどい指摘ですね。私は必然性のない泣きのシーンて大嫌いなんですけど、この真島の涙はもしかしたら今までの作品で一番好きな涙かも知れません。なかなか弱い感情を丸出しにできない真島の、ギリギリの表現という感じ。「張り裂けそうな胸の痛み」がたまらん。ここの玉木&菅野のかけ合いはすばらしいです。でもこのままプラトニックで終わっちゃっちゃあ、真島のフェロモンがもったいないな~という邪念も消せない今日この頃でございます。


pipinera URL | 2010/12/07 08:51 [ 編集 ]

>みさき様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>絵をなぞる指が映るところとか、長い睫毛が堪能できたり
内容もとっても面白くて見応えありました。

はいー。指のアップとかたまらんかったですね。
睫毛と髭のもっさり具合と横顔萌えます。

>それから葉巻、いいですね!
あの風貌ならパイプくゆらすのも絵になりそうです

ご賛同ありがとうございます。葉巻絶対似合いそうですよねー。
パイプも絶対似合います。キセルも似合ってましたしね。

フーガ URL | 2010/12/07 23:24 [ 編集 ]

>icchan様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>絵の姫君と横顔と玉木くんの横顔が同時に映る場面。カメラマンやスタッフが狙ったか分からないですが、全然負けてなくて美しかった。睫毛がキレイだし、鼻筋がキレイだし。ダビンチに描いて欲しい~。

私も狙ったのかな?と思いましたが、名画の美しさといい勝負でしたね。
芸術的な美形だというのがよくわかりましたね。
ダ・ヴィンチが描いたピロシ、拝みたいものです。

フーガ URL | 2010/12/07 23:25 [ 編集 ]

>pipinera様
どうもですー。
コメントありがとうございます。

>NHKのナレより地声に近いのが好みです。彼の声で「美しい姫君」と呼ばれて違和感がない絵画もよかったです。

わかります。ピロシと「美しい姫君」っていう名画のタイトルもお似合いだし、
あの名画もこれまた雰囲気がぴったりというか、繊細な美しさがピロシが紹介するにふさわしい作品でしたねー。

>するどい指摘ですね。

鋭いですか?ありがとうございます。

>今までの作品で一番好きな涙かも知れません。なかなか弱い感情を丸出しにできない真島の、ギリギリの表現という感じ。

はいー。いいですよね、滅多に弱みを見せない真島の限界な感じが。
あの痛々しい感じがいいです。

>でもこのままプラトニックで終わっちゃっちゃあ、真島のフェロモンがもったいないな~という邪念も消せない今日この頃でございます。

わかりますー。私はもっとラブシーンがガンガン入ってくるドラマかと当初勘違いしてたので。
せっかくフェロモン満載なのに、お色気も欲しいですね。

フーガ URL | 2010/12/07 23:29 [ 編集 ]


ブログ内検索
RSSフィード
リンク